▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【弥生賞2022】追い切り評価《調教A評価は4頭》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は弥生賞の追い切り診断となります。

それでは早速、ドウデュースから見ていきましょう。

ドウデュース【A】

1週前にCW79.0秒、終い11.3秒の好時計が出ました。最終追い切りは流す程度のものでしたが、能力自体は問題なく出せそうな仕上がりです。露骨な前哨戦仕上げという感じはしません。前走ほどとはいかないですが、今回は前走とアイビーステークスの間ぐらいではないかと思います。

この馬は高い瞬発力があるというよりは、長く脚を使えるタイプの馬です。今回の1週前追い切りのように、速い全体時計を出しても、終い11秒台前半でまとめることのできる持続力があります。近走は阪神1600だったり、東京1800の直線の長いコースばかりですが、中山に変わっても問題ないでしょう。中距離についてはペース次第。極端な瞬発力勝負にならなければ大丈夫かと思います。

マテンロウレオ【A】

近2走はCWを中心とした調教でしたが、今回は間隔が詰まっているということもあり、坂路オンリーとなりました。1週前に坂路の自己ベストを更新するなど、悪くはない状態だと思いますが、前走以上ということはなさそうです。ここはシッカリ好調キープという感じでしょう。

この馬もタイプとしてはドウデュースに似ています。長く良い脚を使う馬です。前走の1週前追い切りなんかはCW78.6秒、終い11.6秒。ドウデュースと同じような時計を出していました。脚質も似ていると思いますし、来るならドウデュースと一緒に来る可能性が、非常に高いと思います。

ジャスティンロック【B】

前走は、坂路で終い12秒台後半が出るなど、この馬としてはよく動いていましたが、今回は最終、1週前ともに終い13秒台になっています。前走ほど絶好の状態という感じはしません。間隔が空いた影響が、少なからずありそうです。ここは新馬戦と同じくらいの仕上がりで、どこまで勝負になるかだと思います。

この馬は、馬なり中心の軽め調教ばかりをする馬です。レースでも、良馬場やスローペースの負荷の軽いレースの方が合っていると思います。前走は上がりこそ掛かっていますが、ペースを見ればスローですし、それ以前もスローペースばかりです。タフな勝負になった時に脆さを見せる可能性は非常に高いですから、ここもスローペースになればという感じだと思います。

【2/11更新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

アケルナルスター【D】

間隔が詰まっての出走ということもあり、近走から大きく変わった感じはありません。個人的にビシバシ調教をしていた前走の方が良かったかなという感じで、前走以上は難しいと思います。

アスクビクターモア【A】

これまでの最終追い切りは、馬なりでサラッと流す感じでしたが、今回は南Wで一杯に追ってきました。皐月賞の出走権利を狙って、しっかり仕上げてきている印象です。ここで能力的に足りるかどうかは分からないですが、仕上がりは良さそうです。

インダストリア【B】

これまでは必ず中間に併せ馬をしていましたが、今回は単走のみになっています。時計自体は悪くないですが、仕上がりは前走同様までといった感じです。この馬で一番状態が良かったと見ている、未勝利戦の時と比べると少し物足りません。

ボーンディスウェイ【C】

今回も良い動きを見せていましたが、この馬は元々調教では動く馬です。近走同様といったところだと思います。馬なりで抜群の動きだった葉牡丹賞の時と比べると、少し落ちるかなというところで、ここは前走とホープフルステークスの間ぐらいだと思います。

メイショウゲキリン【C】

使い詰めということもあって、近走から変わった感じがありません。時計、動きともに、前走と同じくらいの水準だと思います。一杯に追って、なんとか速い時計を出しているような馬で、この馬の武器はおそらくスピードよりもスタミナです。中京のタフな馬場から、開幕前半の中山に替わるのはどうでしょうか。

ラーグルフ【C】

前走はいずれの併せ馬でも先着していましたが、今回の1週前追い切りでは遅れていました。少し間隔が空いた影響が少なからずありそうで、前走ほどの仕上がりにはないと思います。今回は前走より少し下で、どんな競馬ができるかです。

リューベック【A】

2月16日にCWの自己ベストを更新しながら、終いも11.4秒でまとめる走りが出来ていました。早い段階から仕上がっています。早めに仕上がっていることもあり、最終、1週前と終い重点の軽め調教でしたが、ここでも終い11.3秒、11.2秒の時計が出ています。前走からの大幅な上積みまではないですが、状態は高いレベルで安定しているでしょう。

ロジハービン【B】

前走は南W中心で、いずれの併せ馬でも先着していましたが、今回の1週前追い切りは坂路で併せ馬にも遅れていました。坂路50.8秒という速い時計は出ていましたが、終い12.8秒で併せ馬遅れでは、高い評価をすることはできません。ここは良くて前走同様という感じでしょう。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...