▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【高松宮記念2022】追い切り評価《調教S評価は3頭》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は高松宮記念の追い切り診断となります。

それでは早速レシステンシアから見ていきましょう。

レシステンシア【A】

去年は阪急からのローテで、間隔が詰まっていたにも関わらず、坂路50秒台を出すなど、かなり攻めた調教をしていましたが、今年は間隔が空いての出走にも関わらず、1週前に坂路50秒台を一本出しただけです。去年の今頃と比べると、少し落ちます。決して悪くはない状態ですが、去年ほど絶好という感じはしません。加齢の影響が多少なりともありそうです;

この馬の武器は坂路50秒台を出せる、圧倒的なスピードです。阪神ジュベナイルフィリーズ、阪急杯をレコード勝ち。セントウルステークスも非常に速い時計での決着で、この馬が勝つ時は、いつもレコードに近いタイムです。道悪だった去年のレースで2着と、道悪もこなしていますが、ベストは良馬場でのスピード勝負でしょう。週末の雨予報はマイナス材料かなと見ています。

グレナディアガーズ【A】

1週前に終い10.8秒の時計が出て、最終追い切りも楽々と終い最速。元々、調教はよく見せるタイプですが、今回は特に動いていた印象です。状態は同じのG1だったマイルチャンピオンシップより間違いなく上です。ただ、初の1200メートルに挑むにしては、終い重点の調教ばかりです。スプリント仕様に仕上げてきたとか、そういうことはありません。次の安田記念も見据えて、マイルに戻った時にも大丈夫なようにしています。ここがメイチという感じはしません。

この馬もレシステンシアと同じようなタイプです。調教では非常に動く馬で、並ならぬスピードを持っています。朝日杯をとんでもなく速い時計が勝ったように、高速馬場。レコードが出るような馬場状態がベストなのは間違いありません。この馬も道悪のタフな勝負になった時にどうかという不安はあるでしょう。

メイケイエール【S】

ここ最近は坂路だと終い重点。CWでも長めからの終い重点ばかりと、明らかに折り合いを意識した、メンタル重視の調教でしたが、今回は違います。坂路で速い時計を出したり、1週前も短めのCWで速い時計を出しています。折り合い、気性難を気にせず、しっかりと身体を作っています。気性的な問題さえ出さなければ、前走以上の走りに期待できる状態です。攻めた調教をしている点は高く評価できます。

これだけ攻めた調教をしていながら、問題の気性難、折り合いについても、調教を見る限りでは大丈夫ではないかと思います。前走から装着した馬具を、調教でもつけているのですが、これのおかげで制御が効いています。さらに、道悪だった小倉2歳ステークスの時は比較的、マシな折り合いだったことから分かるように、道悪だと折り合いもつきやすいはずです。よく言われる話しですが、道悪だと馬が脚元を気にする分、折り合いがつきやすいのです。馬具の効果と道悪で、優等生の競馬を、今回もできる可能性が高いです。

【3月最新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

エイティーンガール【C】

休み明けの前走を一度使いましたが、そこまで大きく変わった感じがありません。これまでCWのみで仕上げてきた馬でしたが、今回は3月20日にダートで調教したのも気がかりです。時計を見ても、京阪杯で勝った時のような状態にはなさそうです。

キルロード【B】

南W中心での調教を基本にしていた馬ですが、今回は間隔が詰まっているということもあり、坂路のみになりました。前走以上ということはなさそうで、ここは良くても前走同様まででしょう。間隔が詰まっているからと言って、調教場所を変えるのは、個人的にはどうかなと思います。

クリノガウディー【C】

以前は少ない調教ながら、速い時計を出して仕上げるような馬でしたが、今は時計は遅め、調教本数を多めという感じに変わっています。加齢の影響で以前のようなハード調教に耐えられなくなってきている印象です。加齢による衰えが少なからずありそうです。2020年に1着入線した時のような状態にはありません。

サリオス【S】

1週前に南W6ハロンの自己ベストを更新。終いも11.0秒フラットでまとめるなど、良い動きが出来ていました。ここ最近の中では一番良い状態ではないかと思います。初のスプリント戦へ向けて、スピード調教をしており、1200メートルへの準備はしています。調教で見せるスピードも中々のものがありますし、1200メートルが全く駄目ということはないはずです。個人的には久しぶりに国内での好走があっても不思議ないと思います。

サンライズオネスト【A】

最終、1週前と坂路50秒台をマーク。この時は終いまで大きく失速することなく走れていました。前走は坂路50秒を切る時計も出ていただけに、ここに来ての上積みまではないですが、しっかり好調キープでしょう。前走ぐらいは走れる状態だと思います。

シャインガーネット【B】

前走は終い11.1秒の時計が出るなど、前哨戦から悪くない仕上がりだっうただけに、ここへ来ての上積みは微妙です。ここはしっかり好調キープです。今回も南Wでの終い重点が基本で、レースも終いにかける競馬になりそうです。前走同様の状態。競馬で何着になるかだと思います。

ジャンダルム【A】

シルクロードステークスの時は一杯に追っても、そんなに速い時計は出ておらず、良化途上の感じが否めませんでしたが、今回はそんなことはありません。馬なりでマズマズの時計が出ました。間隔が詰まっているため、軽め調整ですが、これなら前走ぐらいは走れる状態だと思います。

ダイアトニック【A】

前走はかなり調教で動いており、まさに絶好の状態でした。その分、ここに来ての上積みはありません。ここは好調キープまです。今のこの馬としては良い状態ですが、前走ほど絶好ではないでしょう。この馬も前走同様でどこまでやれるかです。

ダイメイフジ【C】

中2週のため追い切りは1本のみです。以前、馬券になった時は坂路52秒台が出ていましたが、今回は一杯に追っても坂路53秒台。良かった頃の状態にはありません。悪い意味で前走から変わった感じがありません。今年で8歳ということもあり、全盛期は過ぎてしまったかなと思います。

トゥラヴェスーラ【C】

今回は長期休養明け2戦目になりますが、前走から変わった感じがありません。今になって振り返ってみると、前走は休み明けながら、かなり乗り込んでの出走で、長期休養明けでも仕上がっていたのかなと思います。去年4着した時はもっと鋭い動きも出来ていました。今回は前走同様。去年よりは下で、どんな競馬ができるかです。

ナランフレグ【C】

シルクロードステークス、オーシャンステークスと、コンスタントに使ってきてることもあり、ここに来ての上積みは微妙です。むしろ今回は前走より時計も遅く、いつもやっている1週前の併せ馬もやっていないところを見ると、前走より下ということさえありそうです。G1に望むにあたっては心許ないです。ここは良くて前走同様だと思います。

ファストフォース【B】

良い時は坂路51秒台、終いも最速で駆け上がってくるような馬ですが、今回は全く速い時計を出しておらず、最終追い切りでは終いも失速しています。本来の状態にない可能性が高いです。前走からの巻き返しはどうでしょうか。ここは良くも悪くも前走同様までです。

ライトオンキュー【A】

久々の競馬だった前走はこの馬としては目立たない動きでしたが、今回は1週前に坂路50秒を切りながら、終いも12秒台前半。この馬の良かった頃の動きが戻っています。前走を一度使った効果が絶大です。前走以上は間違いありません。去年のこのレースや一昨年のシルクロードステークスと何ら遜色ない状態です。ここで一気の巻き返しは十分に考えられます。

レイハリア【B】

前走は坂路中心で大敗したためか、今回は南W中心に切り替えてきました。南W中心は初めてですが、北海道の時はウッドコース中心で好走できたので、今回も大きな問題にはならないかと思います。この馬も終い重点ばかりで調教をする馬なので、そんなに速いペースを追走するよりは、遅めのペースで脚を溜める競馬の方が合っています。あまりペースが速くならなければという感じです。状態は前走同様ぐらいでしょう。

ロータスランド【S】

1週前に終い11.1秒の好時計をマーク。この時は一杯に追われるワイドファラオを相手にせず、大きく突き放すような動きが出来ていました。前走でも高い評価をしましたが、今回はそれ以上を伺わせる気配です。休み明けを一度使っての上積みがあってもおかしくありません。これだけ調教で動く馬ですから、距離を徐々に詰めていって、よりスピードを活かせる条件になるのもプラスのはずです。ここでの一発があっても何らおかしくないと思います。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...