▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【シルクロードステークス2022】追い切り解説!カレンモエ、メイケイエール、ビアンフェの状態はどうか?調教S評価は3頭!

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回はシルクロードステークスの追い切り診断となります。

それでは、早速カレンモエから見ていきましょう。

カレンモエ【S】

1週前に坂路50秒を切る好時計をマーク。最終追い切りは全体時計を抑えめですが、最後までゴールに向かって加速していく加速ラップが踏めています。状態は近走同様。非常に高いレベルで安定しています。やや間隔が空いての出走ですが、今回も問題なく能力は出せると思います。

この馬は堅実な走りはするものの、イマイチ勝ちきれていません。調教でも、そういうところを見せており、併せ馬をしてもギリギリ先着するか、併入までが精一杯です。あまり相手を抜こうとしないのです。今回も1週前、2週前に併せ馬をしましたが、どちらも併入までで、相手なりの走りをしていました。引き続き、相手なりに上位争いという可能性が高いです。

メイケイエール【A】

この馬といえば、気性難が代名詞みたいなものですが、今回の最終追い切りでも折り合いに難しいところを見せていました。引き続き、気性的に難しいところを見せながら、どんなレースができるかになる可能性が高いです。

ただ、状態自体は日曜に坂路51秒台を出すなど、決して悪くはない状態です。流石にG1だった前走ほどはないですが、勝ったチューリップ賞と同じくらいの水準にはあるでしょう。今回は前走よりは下。チューリップ賞と同じぐらいで、どこまで勝負になるかです。

ビアンフェ【S】

最終、1週前と一杯に追われ、ハードな調教をこなしてきました。2週前にも最後まで失速することなく走れていますし、仕上がりは高い水準にありそうです。今回はやや調教本数が少ないですが、函館スプリントステークスを勝った時も、調教本数は少なめ。この馬も気性的に問題がある馬ということで、少ない調教本数の中で、どれだけ中身の濃い調整が出来るかがポイントだと考えています。そういう意味では、今回は申し分ありません。

昨年の秋は使う予定だったセントウルステークスを使えなかったり、スプリンターズステークスでは中々ゲートに入らず、そこで消耗してしまうなど、順調な調整過程。レースではありませんでした。それと比べると、今回は予定通り、このレースを使えていますし、ゲート入りも目隠しをすることで難なく入るようになったとのことです。昨年の秋よりは走れる条件が整っているようにも見えます。

ノーリスクで今なら「最大52000円」がもらえる。競馬資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

エーポス【A】

最終追い切りで坂路終い11秒台をマーク。1週前にはCWで終い11秒台を出すなど、良い動きを見せていました。今回も前走のように中団で脚を溜める競馬をすれば、良い脚を使ってくれそうです。状態は良いと思います。

サヴァワールエメ【A】

最終、1週前ともに併せ馬で遅れていましたが、この馬は元々調教では動かない馬です。今回もこの馬の時計では走っており、この馬が動かなかったというよりは、併せ馬がよく動いていた印象です。この馬なりに悪くない状態でしょう。

シャインガーネット【A】

1週前に終い11.1秒という時計が出ました。間隔が空いての出走ですが、しっかり仕上がっているように見えます。この馬の能力は出せそうです。今回も近走同様。後ろで脚を溜める競馬に徹してくれれば、最後は良い脚で追い込んできてれると思います。

ショウナンバビアナ【D】

中1週のため、追い切りは1本のみとなりました。前走から大きく変わった感じもなく、前走以上は望むのは難しいように見えます。どちらかというと、前走より少し下のようにも見えますし、ここではどうかなというのが本音です。

ジャンダルム【A】

1週前に坂路50秒を切る時計が出ました。同じく休み明けだった北九州記念と同じような感じです。前走はG1なのに直前でゲート練習をするなど物足りない調教内容でしたが、今回はそんなこともありません。北九州記念やセントウルステークスぐらいは走ってくれると思います。

タイセイアベニール【B】

間隔が詰まっての出走になりますが、今回も一杯に追われていました。きついローテーションだからといって軽め調教にならなかったのは良いと思います。仕上がりは、ほぼ前走同様といったところで、前走ぐらい走って何着になるかだと思います。

ルッジェーロ【B】

中1週と間隔が詰まっているため、追い切りは1本のみ。その追い切りで併せ馬をこなし、この馬の時計もしっかり出してきました。流石に上積みまではなさそうですが、状態は前走同様。平行線だと思います。

ナランフレグ【C】

1週前にこの馬としては良い時計が出ましたが、これは馬場の内側を通ってのもので、あまり信用することはできません。併せ馬に連続で先着するなど、悪くない状態だと思いますが、だからと言って近走から大きく変わった感じもありません。仕上がりはマズマズぐらいだと思います。

ホープフルサイン【C】

間隔は詰まっていることもあり、遅い時計のものを2本だけとなりました。遅い時計ながらも最終追い切りで併せ馬をするなど、悪くはないと思いますが、前走から大きく変わった感じもありません。前走同様で、どこまでやれるかになりそうです。

マイスタイル【A】

最終追い切りで併せ馬に遅れてましたが、この魚まは併せ馬でも遅れるのも珍しくはない馬です。3週続けて一杯に追われるなど、意欲的な調教が施されており、状態は決して悪くないと思います。ただ、近走で一番いい走りだった関屋記念の時ほどではありません。

マイネルアルケミー【B】

中1週のため、追い切りは1本のみとなりました。本当に軽めの追い切りを1本のみで、流石に前走以上は難しそうです。ここは良くて前走同様という感じす。個人的にはどうかなと見ています。

ミッキーワイルド【B】

1週前に坂路51秒台が出ましたが、終い13.2秒と失速しています。近走から大きく変わった感じがありません。重賞でも勝ち負けできていた2019年の頃は、速い全体時計を出しても、もう少し粘れていただけに、ピークアウト気味なのかなと思います。近走同様でどこまでかです。

レインボーフラッグ【B】

マイルチャンピオンシップに出た時は、2週続けて一杯に追われ、良い時計が出ていましたが、今回は軽めを2本のみです。間隔が詰まっているので仕方ないところもありますが、もう少しやってほしかったのが本音です。ここは前走ぐらいの仕上がりかと思います。

レジェーロ【B】

最終追い切りで坂路51秒台が出ましたが、終い13.1秒と失速。ここ最近で唯一、馬券になったタンザナイトステークスの時は、坂路51秒台を出しながら、終い12.7秒でまとめていただけに、今回は少し物足りません。この馬も、あくまで前走同様といった感じですね。

レッドアンシェル【S】

1週前に坂路51秒台を出しながら、終い12.3秒。最終追い切りも終い最速ラップで駆け上がるなど、動きの良さが目立っていました。近走は終いに失速していたり、速い全体時計がなかったりと、イマイチな状態が続いていましたが、今回は違います。近走で唯一、いい競馬をした3走前に近い雰囲気を感じます。今のこの馬としては高いレベルの状態にありそうです。穴はこの馬の復活ではないかと見ています。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点の馬は単勝回収率115%!有料プランのご案内はこちら
アギョウトレセン有料プランについて
...