▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【根岸ステークス2022】過去データ分析。今年のレースに傾向ピッタリなのは?

過去データ

はい、皆さんこんにちは。アギョウです。

今回は、根岸ステークスが、どんな特徴のあるレースかを解説していきます。

それじゃあ早速、人気データを交えながら話しをしていきましょう。

過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点の馬は単勝回収率115%!有料プランのご案内はこちら
アギョウトレセン有料プランについて
...

人気データ

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 3- 0- 3/ 10 40.0% 70.0% 70.0%
2番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
4番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
5番人気 1- 0- 3- 6/ 10 10.0% 10.0% 40.0%

根岸ステークスは、堅めの決着が目立つレースです。

1~5番人気で過去10年9勝。唯一、5番人気以下から勝ったのも6番人気の馬ということで、勝っているのは人気サイドの馬です。荒れるとしても、せいぜい2,3着に一頭ぐらいのもので、基本的には能力、実績通りに決まりやすくなっています。

このレースに限ったことではないですが、JRAで行われるダート重賞自体が堅い決着になりやすい傾向にあります。芝の重賞と比べて、極端にレース数が少ないため、その時の能力上位の馬たちがキッチリ仕上げてきて、キッチリ結果を残す。最近は外厩の充実化で、休み明け直行が基本になっており、余計にこの傾向が強まっています。

ここは、素直にこれまでの実績を信頼して良いレースだと思います。

枠順データ

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 2- 3-14/19 0.0% 10.5% 26.3%
2枠 2- 1- 0-16/19 10.5% 15.8% 15.8%
3枠 2- 3- 1-14/20 10.0% 25.0% 30.0%
4枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
5枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%
6枠 2- 0- 1-17/20 10.0% 10.0% 15.0%
7枠 0- 1- 3-16/20 0.0% 5.0% 20.0%
8枠 2- 0- 0-17/19 10.5% 10.5% 10.5%

枠順は、そんなに気にする必要はなさそうです。

ダートといえば外枠有利なんてことも言われていますが、実際の成績を見ると、1枠から8枠まで満遍なく来ているかなという印象です。先程の人気データで言ったように、ここは能力通りに決まりやすい一戦ですから、強い馬はどの枠順に入っても強いということです。馬ごとの特性などは別にして、内枠だから駄目。外枠だから良いとか、そういうことはありません。

脚質データ

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
先行 1- 4- 2- 34/ 41 2.4% 12.2% 17.1%
中団 4- 4- 4- 47/ 59 6.8% 13.6% 20.3%
後方 5- 2- 4- 35/ 46 10.9% 15.2% 23.9%

根岸ステークスは、差し追い込み有利が顕著なレースです。

これは東京ダート1400特有とも言っていい傾向です。3コーナーから下り坂が続くため、序盤にペースが上がると、下り坂で減速することができず、ついついハイペースになってしまうのです。そして最後の直線には急坂。序盤に飛ばした逃げ先行馬が、みんな急坂で脚を止まってしまいます。そこを差し追い込みたちが、一気に飲み込む。これが毎年のように行われています。

今でも語り継がれているブロードアピール。驚異の末脚も、このレースでした。もちろんブロードアピールが凄かったのもありますが、あの末脚は東京ダート1400という舞台も手伝ってのものだったのは間違いありません。

根岸ステークスといえば、差し追い込みと言っても過言ではないほど、後ろからの馬が有利になっています。

基本データまとめ

簡単に、ここまで話した内容をまとめますと、根岸ステークスは、

・ダート戦らしく能力通りに決まりやすい
・枠順云々よりも実績を信頼すべき
・根岸ステークスといえば差し追い込み

この3点が、特徴として挙げられるでしょう。

ここからは、これらの特徴を踏まえて、具体的にどの馬が、今年の根岸ステークスにピッタリかというのを考えておこうと思います。

前走着順データ

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 1- 5- 0- 26/ 32 3.1% 18.8% 18.8%
前走2着 2- 3- 1- 20/ 26 7.7% 19.2% 23.1%
前走3着 3- 0- 4- 10/ 17 17.6% 17.6% 41.2%
前走4着 1- 1- 0- 11/ 13 7.7% 15.4% 15.4%
前走5着 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
前走6~9着 0- 0- 0- 20/ 20 0.0% 0.0% 0.0%
前走10着~ 0- 0- 1- 14/ 15 0.0% 0.0% 6.7%

集計範囲:前走G1以外

前走G1以外で5着だった馬は、過去10年で勝っていません。

人気データのところで能力通り、実績通りに決まりやすいという話しをしましたが、それに伴って、前走でもある程度の走りを見せている必要があるでしょう。前走G1なら、相手が強かったで言い訳することもできますが、G2ぐらいで見せ場も作れていないようでは、能力的にどうかなという感じです。

前走人気データ

前走人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1人気 4- 3- 2- 18/ 27 14.8% 25.9% 33.3%
前走2人気 3- 2- 1- 17/ 23 13.0% 21.7% 26.1%
前走3人気 0- 0- 0- 12/ 12 0.0% 0.0% 0.0%
前走4人気 0- 0- 2- 16/ 18 0.0% 0.0% 11.1%
前走5人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%

集計範囲:前走G1以外

前走G1以外で3番人気以下だった馬は、過去10年で勝っていません。

これも先程と同じような話しで、前走がG1なら上位人気にならないのも仕方ないですが、同クラスでは1番人気、2番人気に支持されるぐらいの力を見せている必要がありそうです。前走G2以下の馬は名実ともに、クラス上位の馬でなければならないでしょう。

ここまでの能力的な2つデータをクリアして残ったのはクロパラントゥ、サクセスエナジー、ジャスパープリンス、スマッシングハーツ、スリーグランド、タガノビューティー、テイエムサウスダン、ヘリオス、モジアナフレイバーの9頭です。

前走初角データ

前走初角 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2番手以内 0- 0- 1- 20/ 21 0.0% 0.0% 4.8%
3番手以内 0- 1- 2- 27/ 30 0.0% 3.3% 10.0%
4番手以内 2- 5- 2- 41/ 50 4.0% 14.0% 18.0%

前走初角3番手以内の馬は、過去10年で勝っていません。

これも脚質データで言ったこと、そのままです。ここは差し追い込みが極端に有利になりやすいため、前走でも後ろからの競馬をしているような馬。今回も差し追い込みに回る可能性が高い馬の方が良いに決まっています。前走初角3番手以内。先行して粘り込むような競馬をしている馬はどうでしょうか。

先程、名前を挙げた9頭のうちクロパラントゥ、サクセスエナジー、ジャスパープリンス、ヘリオスは前走初角3番手以内。今回も前に行く可能性が高いでしょう。さて、これで残ったのはスマッシングハーツ、スリーグランド、タガノビューティー、テイエムサウスダン、モジアナフレイバーの5頭ですが、この中から強いて1頭にするならどの馬か。最後の鍵を握るのは前走馬体重のデータだと思います。

前走馬体重データ

前走馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
500キロ以上 2- 7- 5- 78/ 92 2.2% 9.8% 15.2%
499キロ以下 8- 3- 5- 49/ 65 12.3% 16.9% 24.6%

前走馬体重500キロ以上の馬は、499キロ以下の馬に比べて、明らかに好走率が落ちています。

鋭い末脚を使うことが重要なレースだというのは何度も話してきましたが、それに伴って、出来るだけ馬体重の軽い馬。素軽い身体の馬が有利なのではないかと思います。

これは芝に例えると分かりやすいです。鋭い末脚を武器にしていたディープインパクトは、そんなに馬体重が重い馬ではありませんでした。それに対して兄にあたるブラックタイドは馬体重が重く、レースぶりも鋭い末脚というより、スタミナ・パワーといったところを武器にしていました。同じ血統でも馬体重の違いで、まったく違う適性を示すのです。

それと同じようなことがダートでも言えるわけです。ダートといえば馬体重の重い馬たちによる我慢比べが主流ですが、このレースに限っては馬体重が軽めの馬たちの素軽さを重視するべきでしょう。

残っている5頭のうち、前走馬体重499キロ以下の馬はスリーグランドしかいません。

まとめ

というわけで、今年の根岸ステークスにピッタリの馬は、スリーグランドではないかと思います。

以前はあまり目立たない馬でしたが、ここ最近はオープンで常に勝ち負けしており、2走前の武蔵野ステークスでも13番人気ながら5着。内枠だったこともあり、最後の直線では進路を見つけるのに時間が掛かっているようなところもありました。もう少しスムーズな競馬なら、馬券圏内でも何らおかしくない内容です。すでに、これくらいのメンバーなら重賞でも通用するところを見せています。戦績を見てもらえば分かるように1600より1400を得意としているようなところもあります。2走前から距離短縮による上積みも見込めそうです。前走も3着でしたが、前残り展開をよく追い込んでの3着という感じで、展開さえ向けば、ここでもチャンスは十分にあるでしょう。

ノーリスクで今なら「最大52000円」がもらえる。競馬資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...