▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【神戸新聞杯2022】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は神戸新聞杯の追い切り診断となります。

それでは早速パラレルヴィジョンから見ていきましょう。

パラレルヴィジョン【B】

この馬は新馬戦の段階でアカイトリノムスメ、マジックキャッスルと互角の動き。前走も終い11秒台前半を楽にマークするなど、調教では非常に動く馬です。今回も併せ馬で遅れることは一度もなかったですし、終い11秒台前半を連発しています。今回も引き続き、調教では良く動けています。状態は近走同様といったところでしょう。

今週末は、また台風が接近するということで、道悪になることも想定されますが、この馬はあまり道悪は良くないタイプでしょう。調教で速い時計を連発できるように、この馬の武器はスピードです。その反面、道悪になってスタミナやパワーが必要になった時にどうかという不安が、どうしても付きまといます。

プラダリア【A】

春先はどちらかというと全体重視で、速い全体時計を出す調教をしていましたが、今回は次に菊花賞があるということもあってか折り合い重視。終い重点の調教となっています。1週前には終い11.1秒、最終追い切りはそこまで速い時計ではないものの、身体を大きく使った走りで、動き自体は良かったです。ダービーほどとは言わないですが、青葉賞と同じくらいの状態にあるのではないかと思います。

ただ、先程も少し言ったように、ここはあくまで前哨戦。次の菊花賞へ向けて叩き台という意味合いが強いでのはないかと思います。全体重視、終い重点に変わっているのもそうですが、調教本数もあまり多くはありません。道悪などタフな条件になった時は無理をしない可能性が高いです。

ヴェローナシチー【S】

調教本数こそ少ないですが1週前、2週前と併せ馬をこなしてきました。インプレスという馬に併せ馬で遅れていましたが、この馬には京都新聞杯の時も併せ馬で遅れていたので大きな問題にはならないでしょう。インプレスは調教だと非常に動く馬です。これまで基本的に単走でやることが多かっただけに、今回の併せ馬はハードな調教内容となっています。その甲斐もあり、最終追い切りは良い反応を見せていましたし、これは良い仕上がりだと思います。2走前の京都新聞杯と同じくらいの状態でしょう。

先程言ったように、この中間は併せ馬で遅れていますが、この馬は京成杯や京都新聞杯の時にも併せ馬で遅れています。おそらく状態が悪くて併せ馬に遅れているというより、なかなか前の馬を抜いてくれない性格なのでしょう。これまで2着、3着が多く、いまいち勝ち切れないレースが続いていますが、これは性格的なものが大きいと思います。

状態は重賞で勝ち負けしていた時と遜色なく大崩れはないと思いますが、勝ち切るまではどうでしょうか。

アイキャンドウイッ【A】

1週前に併せ馬を大きく突き放す動きが出来ていました。この時は終い11秒台前半の時計もマークしており、前走以上を伺わせる動きです。最終追い切りも楽々と終い最速で、坂路を駆け上がってくるなど、状態は良いのではないかと思います。このメンバーで能力的に足りる足りないは別にして、この馬としてはここ最近で一番のパフォーマンスは発揮してくれそうです。

アスクワイルドモア【C】

京都新聞杯を勝った時は最終、1週前、日曜と3回続けて終い11秒台前半をマークしていましたが、今回は一杯に追っても、終い11秒台中盤が精一杯という感じでした。最終追い切りも併せ馬に劣勢の手応えで、動きも目立ちません。間隔が空いた影響が少なからずありそうで、この馬は何度か使ってからになりそうです。

コントゥラット【B】

最終追い切りこそ坂路で流す程度でしたが、1週前のCWでは良い時計を出して、併せ馬にも先着していました。約1ヶ月前から乗り込んだおかげで、悪くない状態に仕上がっているでしょう。間隔が空いての出走ですが、いきなりから前走ぐらい走れていいと思います。

サトノヘリオス【C】

この中間は速い全体時計こそ出ているものの、いずれの調教でも終いは失速しています。エピファネイア産駒特有の気性難が出ているかなという感じで、今回の最終追い切りも折り合いに苦労している様子がありました。自分の能力を出し切るには厳しい精神状態かなと思います。

サンセットクラウド【A】

調教本数こそ少ないですが、最終追い切りでは、ここに出走してくるミスターホワイトを相手に、楽々と併せ馬で先着していました。1週前も楽々と併せ馬に先着出来ており、日曜にも悪くない時計が出ていますから、これは状態が良いのでしょう。能力的に足りるかは分かりませんが、状態は上向きです。

ジャスティンパレス【B】

ホープフルステークスの時は終い10秒台をマークし、古馬オープン馬のイクスプロージョンを突き放すような絶好の動きが出来ていましたが、皐月賞やダービー。そして今回はそのような動きが出来ていません。今回は一杯に追って終い11.5秒までになっていました。ホープフルステークスのような絶好の状態にはなさそうで、今回は前走同様ぐらいまでかなと思います。

ジュンブロッサム【B】

1週前の併せ馬で、オールカマーに出走予定のフライライクバードに先着しており、もう1頭の併せ馬は置き去りにしていました。元々調教では動く馬ですが、今回も良い動きです。前走も終い11.0秒をマークするしていただけに、ここに来ての上積みまではないですが、決して悪くない状態でしょう。前走同様ぐらいでしょう。

ビーアストニッシド【S】

春先は調教でも折り合いを欠き、ついつい速い全体時計を出してしまうなど、精神的にはまだまだの印象がありましたが、今回は折り合いもついて、終いを伸ばす調教が出来ていました。最終、1週前と坂路で終い最速。日曜のCWでは終い11秒台前半をマークするなんていうのは、以前のこの馬では考えられないことです。状態が良いのはもちろんですが、精神的に成長したことが高く評価できます。今なら、この距離でも期待が持てるでしょう。

ボルドグフーシュ【S】

約1ヶ月前から入念に乗り込んだ甲斐もあってか、1週前のCWでは併せ馬を大きく突き放す動きが出来ていました。休む前は坂路だとギリギリ終い最速ということが多かったのですが、今回は最終追い切りなどを始めとして、余裕を持っての終い最速です。夏を休んでの成長にも期待できるでしょう。前哨戦としては、これ以上にないほどシッカリ仕上げてきたなという感じで、ここは、これまでで一番のパフォーマンスに期待できる状態だと思います。

ミスターホワイト【C】

前走の最終追い切りでは、併せ馬を突き放すような動きが出来ていましたが、今回は併せ馬についていくのが精一杯という感じでした。時計もそんなに早くないにも関わらず、余裕のない動きなのも気になるところで、これはやや間隔が空いた影響がありそうです。この馬は良化途上という感じで、何度か使ってからになりそうです。

メイショウラナキラ【B】

1週前にCW80秒を切る時計を楽々とマークしました。元々調教では良く動く馬ですが、今回も良く動けています。1勝クラスを勝った時ぐらいの能力は出せていいかなと思います。今回の最終追い切りは終い重点の形でやったにも関わらず、いまいち伸びきれていませんが、これは状態が悪いというより、この馬はゆっくり行ったからと言って、良い末脚が使えるわけではないということを示しているでしょう。今回も逃げてどれだけ粘り込めるかだと思います。

ヤマニンゼスト【B】

ここ最近は北海道での調整だったため、栗東での調整となった今回との比較は難しいのですが、未勝利戦を勝った時。最後に栗東で調整した時とは遜色ない状態かなと思います。主観的には前走や前々走から大きくデキ落ちした感じもないですし、ここは近走同様といったところだと見ています。

リカンカブール【B】

この馬はCWだと良い動きをしますが、坂路だとイマイチ動いてくれません。今回もCWでは終い11秒台前半が出ていましたが、最終追い切りの坂路では終い強めに追って、なんとか12.9秒という感じです。近走から特に変わったところはなく近走同様の状態でしょう。平坦の小倉で2勝、急坂のあるコースでは馬券圏外という成績になっていますが、坂路の動きを見ると急坂コースは苦手なのかなとも思います。

レヴァンジル【A】

最終追い切りで併せ馬に遅れていましたが、時計が出すぎないように手綱を抑えてのものでした。動き自体は良かったと思いますし、これは大きな問題にはならないでしょう。それよりも、この馬が人気以上に好走する時は、いつも日曜に追い切りをしています。初めて馬券圏外になった前走なんかは日曜の追い切りをしていませんでした。今回は日曜に追い切りをしており、人気以上の好走に期待できるパターンです。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...