▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【オールカマー2022】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回はオールカマーの追い切り診断となります。

それでは早速デアリングタクトから見ていきましょう。

デアリングタクト【A】

1週前にCW78.6秒の好時計をマーク。この時はラスト2ハロンを11.8秒、11.8秒というラップで駆け抜け、最後まで失速することがありませんでした。春の2戦の時に、CW80秒を切る時計を出した時はラスト1ハロンで失速していたので、これは春の2戦より状態は良いのではないかと思います。

初の中山がどうかという人がいるかもしれませんが、坂路での動きを見ると、かなり力強い踏み込みで、坂路を駆け上がってくる馬ですし、中山の急坂を苦にするタイプではありません。もしこの馬に死角があるとすれば、長距離輸送でしょう。3歳の時と比べると、だいぶ前進気勢が出ており、エピファネイア産駒特有の気性的な難しさが出ています。

全盛期に戻ったとまでは言わないですが、復帰してからの中では一番良い状態です、

ソーヴァリアント【S】

この馬は久々になりますが、休み明けを全く感じさせない動きを見せていました。最終、1週前ともに相手にならないといった感じで、併せ馬をぶっちぎる動きでした。時計としても楽々と終い11秒台前半を出すなど、文句なしです。休み明けで仕上がり不足どころか、休む前より良い動きでした。これは休んでいる間の成長にも期待できます。状態としても申し分ありません。

この馬は関東馬なのですが、1週前には関西からわざわざ川田騎手が乗りに来ていました。今回、川田騎手への乗り替わりになりますが、1週前に間隔を確かめていますし、乗り替わりについては気にする必要はなさそうです。むしろリーディングを狙う川田騎手が、感触を確かめに来るほど期待をかけているという点は高評価できます。陣営からの評価も非常に高い1頭なのは明白です。

ヴェルトライゼンデ【S】

前走は水口騎手、荻野極騎手が騎乗して坂路50秒台をマーク。終いも最速でまとめる動きが出来ていましたが、今回もそれと同等の動きが出来ています。今回の1週前では調教で良く動くジャンダルムに引けを取らない動きが出来ていましたし、最終追い切りは体重の重い助手さんを乗せて坂路51.1秒。終いも11.7秒となっており、騎乗者の体重の違いを考えれば、前走以上とも言える水準です。前走に引き続き、今回も状態は良さそうです。

この馬が大きく崩れた皐月賞、菊花賞の2つだけですが、皐月賞の時はCW一杯に追って終い12.0秒。菊花賞の時は併せ馬で遅れるなど、調教の段階から本調子にはないかなという感じでした。それ以外、最終追い切りまで速い時計を出している時や、併せ馬で大きく先着している時は、一度も崩れていません。

今回も調教で良く動けていますし、大崩れない走りに期待できるのではないかと思います。

アドマイヤアルバ【B】

夏競馬から使い詰めということもあって、大きく変わった感じはありません。今回も3走前のメトロポリタンステークスの時と同じくらい調教では動いていますし、この馬なりの能力は出せる状態でしょう。近走ぐらい走って何着かだと思います。

ウインキートス【C】

久々に好走した前走は併せ馬で大きく先着。2着した去年のこのレースの時は、終い11.1秒をマークするなど、良い結果が出ている時は調教でも動けている馬です。それが今回は、特に目立った動きはなく、時計も終い11秒台後半までになっています。去年や前走のような状態にはないかなと思います。状態的にはどうでしょうか。

キングオブドラゴン【B】

元々調教では良く動く馬ですが、今回も良く動いていました。1週前にはCW78秒を切る時計を出し、最終追い切りも併せ馬を大きく突き放しています。この馬も休み明けですが、いきなりから自分の能力は出してくれるでしょう。

クリスタルブラック【C】

元々あまり調教で速い時計を出さないタイプでしたが、今回はいつも以上に遅い時計ばかりになっています。最終追い切りなんかは終い強めに追って、終い13秒台になるなど、休む前と比べたら物足りない動きです。この馬は何度か使ってからになりそうです。

クレッシェンドラヴ【C】

重賞で勝ち負けできていた頃は南Wで速い時計を出したり、併せ馬で大きく先着するなどしていましたが、この中間は速い時計があまりない上に、併せ馬の遅れも目立つようになってきてます。2走前に日経賞で4着した時と比べても物足りない動きですし、ここではどうでしょうか。

ジェラルディーナ【A】

間隔が詰まっての出走ですが、前走と同じくCWの長めから調教をこなしており、最終追い切りでは併せ馬もしています。併せ馬では外々を回りながら、優勢の手応えで進めていましたし、前走から引き続き状態は良いのではないかと思います。今回も重賞で勝ち負けできるぐらいの良い状態に整っているはずです。

テーオーロイヤル【B】

1週前に軽く仕掛けただけで併せ馬に追いつく動きを披露し、最終追い切りもこの馬としては速い時計が出ました。G1だった前走ほどとは言わないですが、ダイヤモンドステークスぐらいの状態にはありそうです。ステイヤーにしては調教でも良く動くタイプですし、中距離が全く駄目という感じもしません。

バビット【B】

この馬は約1ヶ月半前から乗り込みを開始した甲斐もあってか、最終追い切り、1週前追い切りは休む以前と遜色ない水準になっています。久々の競馬になりますが、ある程度は仕上がっていると思います。この馬に関しては、そもそも能力的にどうなのかなと見ていますが、前走ぐらいは走れていい状態だと思います。

フライライクバード【B】

この馬も間隔が空いての出走ですが、1週前は神戸新聞杯に出走するジュンブロッサムに食らいつく動きを披露し、もう1頭の併せ馬は置き去りにしていました。最終追い切りこそ軽めですが、1週前まででマズマズ仕上がっているのではないかと思います。ここに来てグッと良くなった感じはないですが、2走前のメトロポリタンステークスぐらいは走れていいでしょう。

ロバートソンキー【A】

この中間は、馬なりで併せ馬を大きく突き放していました。間隔が詰まっているため速い時計こそないですが、状態は良いのではないかと思います。同じ間隔で挑んだ2走前の天皇賞春の時比べると、今回の方が明らかに上です。神戸新聞杯や1勝クラスを勝った時ほどとは言わないですが、休み休み競馬を使っている近4走の中では、一番良い状態に仕上がったのではないかと思います。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...