▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【小倉大賞典2022】追い切り評価《調教S評価は3頭》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は小倉大賞典の追い切り診断となります。

それでは早速、アリーヴォから見ていきましょう。

アリーヴォ【A】

1週前にCWで78.4秒、終い11.5秒の好時計をマーク。前走もCW78.1秒、終い11.1秒と、非常に良く動けていたため、大きな上積みまではありません。今回も良い動きですが、休み明けの前走が万全の仕上がりだっただけに、ここは好調キープまででしょう。

この馬の最大の武器は、追えば速い時計で調教ができて、抑えれば遅い時計でも問題なく調教ができる、操縦性の高さだと思います。CWでこれだけ速い時計が出るように、高いスピード能力を持っていながら、遅い時計で調教をした時に折り合いを欠くようなこともありません。これなら騎手の指示次第で、どんな競馬もできるでしょう。展開などに注文がつかない点は好材料です。

ヴァイスメテオール【S】

美浦の所属馬ですが、今回は栗東滞在での調教となりました。小倉への輸送距離を少しでも短くするために、工夫した調教している点が高評価できます。肝心の動きもCWで良い動きが出来ています。1週前には調教でよく動くダーリントンホールを相手に互角の動き。最終追い切りもスカイグルーヴを相手に優勢の手応えでした。調整過程や動きなどは、万全に近いものがあると思います。

この馬は一杯に追っても、そんな速い時計が出るタイプの馬ではなく、スピードよりもパワー・スタミナなどを武器にしているのは間違いありません。ここまで道悪での好走が目立ちますが、その実績通り、あまりスピードが問われないような条件の方がいいでしょう。今の小倉は、開催がだいぶ進んだこともあり、タフな馬場になってきていますしが、この馬には合っているのではないかと思います。

ダブルシャープ【C】

手前を変えた際に、外側に大きくヨレるようなシーンがありました。その後も鞍上が修正しながら、真っ直ぐ走らせていたような感じで、頼りない動きに見えました。あまりフラフラ走るような馬ではないだけに、これは少し気になります。今回は中1週での出走ですが、もしかしたら前走の反動も多少あるのかなと思います。万全の状態という感じには見えません。

ただ、坂路でヨレる動きを見せたように、坂のあるコースがイマイチ。坂のない平坦コースがベストの馬なのは間違いありません。小倉でばかり好走していますが、これは偶然ではないでしょう。2走前のディセンバーステークスでは、何の見せ場もなく大敗していますが、これを気にする必要はありません。平坦コースでこその馬です。

ここは状態的に少し不安が残りますが、それを得意なコースでどれだけカバーできるかだと思います。

【2/11更新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

アールスター【A】

1週前にアリーヴォと併せ馬をした時は置いていかれるような形になりましたが、この馬は勝った小倉記念の時も併せ馬で遅れていました。この馬の調教時計はしっかり出ていますし、決して悪くはない状態でしょう。アリーヴォと比べると少しスピードという点では心許ないですが、タフになってきた今の小倉なら問題ないはずです。

ヴェロックス【B】

中1週のため追い切りは1本のみとなりました。前走から大きく変わった感じはなく、状態は平行線といったところでしょう。状態は決して悪くないですが、今回の最終追い切りでは舌を出しながら走っており、レースでも最近は真面目に走ってないかなと思います。馬の気持ちさえ入ってくれればという感じです。

レッドフラヴィア【A】

この馬も手前を変えた時にヨレるシーンがありましたが、その後はすぐに修正して、真っ直ぐ走れていました。これなら問題ありません。この馬としては速い時計も出ており、悪くない状態になっていると思います。

ノルカソルカ【B】

前走は最終追い切りで終い11.3秒が出すなど、3勝クラス卒業へ向けて、かなり仕上げていた印象です。今回も悪くはない時計が出ていますが、前走ほどではありません。併せ馬にも遅れるシーンもあり、ここは良くて平行線までかなと思います。

スカーフェイス【C】

この馬は、最終追い切りと1週前追い切りの間を、5日に縮めた3走前から一気にパフォーマンスを上げました。短い間隔で強い負荷をかけるような追い切りが合っていたのでしょう。それが今回はオーソドックスな間隔での最終追い切り、1週前追い切りに戻っています。前走なんかは高い評価をしましたが、今回はどうかなと見ています。

カデナ【B】

この馬も前走で高い評価をしました。休み明けの前走からキッチリ仕上がっていたと見ているだけに、ここへの上積みは微妙です。ここは前走同様。個人的には前走より少し下の水準かなと見ています。

トップウィナー【D】

ここ最近はCW中心で調教をしていましたが、今回は坂路に変わっています。ここ最近で唯一、良い走りをしたプロキオンステークスの時がCW中心の調教だっただけに、坂路中心に代わるのはどうかなというところです。コンスタントに使っていることもあり、坂路に切り替えざるを得ない事情があったのかなと思います。

スーパーフェザー【B】

やや間隔は空きましたが、終い11秒台を連発するなど、悪くはない仕上がりに整っています。前走ぐらいの能力は問題なく出せそうです。ここは前走同様で、どこまで勝負になるかでしょう。

アイスバブル【A】

この馬はいつも併せ馬で遅れる馬ですが、今回はなんとか食らいついていました。坂路の時計も上々で、これは前走を一度使った効果がありそうです。叩き2走目の上積みに期待できます。ここは札幌記念やアルゼンチン共和国杯ぐらいで走って何着かだと思います。

ランブリングアレー【S】

速い段階から終い11秒台を連発。最終追い切りでは軽く流す感じでも終い11.5秒が出ました。休み明けからキッチリと仕上げています。仕上がりは万全と言ってもいいかもしれません。去年の秋も悪くない状態ながら結果が出なかったことということで、結果的に距離が長かったのかもしれません。1800への距離短縮も良いのではないかと思います。

サトノアーサー【A】

1週前に坂路49.2秒をマークし、自己ベストを更新しました。この時計が示すように、ここ最近の中では一番、状態が良いと思います。これだけ速い時計の出るスピードのある馬だけに、タフな馬場はどうかと思いますが、状態自体が良さそうです。

ジェネラーレウーノ【D】

1週前に悪くない時計が出ていますが、これは馬場の内側を通ってのものです。馬場の大外を回った前走の最終追い切りも、これくらいの時計が出ており、それと比べてると、馬場の内と外を回った分、今回の方が見劣ります。近走から特に変わった感じもなく、ここは本調子にはない中で、どんな競馬ができるかです。

ブラヴァス【S】

元々、そんなに調教では動かない馬ですが、今回は1週前のポリトラックで良い時計が出ました。鳴尾記念は本来の調子になかったり、前走の福島記念は直前にゲート練習をするなど、チグハグな感じが続いていましたが、今回はちゃんとしたものになっています。雰囲気としてはチャンレンジカップ2着した時と遜色ありません。ここ最近の中だと一番、調子は良いと思います。この馬の復活があるなら、このタイミングかなと思います。

【今なら5日間無料】調教10点は先週土日ともに単勝回収率100%オーバー。過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!
アギョウトレセン有料プランについて
...