▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【金鯱賞2022】追い切り評価《調教S評価は1頭》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は金鯱賞の追い切り診断となります。

それでは早速ジャックドールから見ていきましょう。

ジャックドール【A】

最終追い切りでCW6ハロンの自己ベストを更新しながら、終いも11.3秒でまとめてきました。テン良し、終い良しの調教が出来ています。以前は、こんなに調教で動く馬ではなかったのですが、前走から非常に良い動きをするようになっています。ここに来て力をつけているのは間違いありません。本格化といった感じでしょう。ここも前走同様。高いパフォーマンスに期待できます。

この馬は坂路だと目立つ動きをしませんが、CWでは良い動きをします。坂のあるコースで粘りこむというよりは、坂のないコースでもう一脚を使えるような馬。パワー・スタミナよりもスピードを生かしたいタイプです。東京から中京に替わるのはマイナスだと思いますが、開幕週なのは不幸中の幸いでしょう。このレースへの適性はマズマズかと思います。

レイパパレ【A】

前々走のエリザベス女王杯の時は、最終追い切りで終い失速するなど、本来の状態にはないかなという感じでしたが、今回の最終追い切りでは終い最速になっています。1週前にも終い最速をマークしており、前走よりは上の状態です。今回は併せ馬をしていないため、あくまで大阪杯への叩き台だと思いますが、悪くはない状態に仕上がっています。

この馬は坂路で終い最速になるように、調教されている馬です。坂のある急坂コースで、もう一脚を使うという練習をしています。陣営が阪神、中山にこだわって使っていますが、その使い方通り、急坂コースの方が合っているのだと思います。初の中京は何の問題もありません。

サンレイポケット【S】

去年のこのレースは6着でしたが、その時とは調教で見せる動きが全く違います。去年は坂路で全体53秒台後半、終いは12秒台前半が精一杯という感じでしたが、今年は坂路52.7秒をマークしつつ、終いは11.9秒。1週前のCWで終い11.1秒をマークしています。今年で7歳の高齢馬ですが、ここに来て力をつけています。今の充実ぶりには目を引くものがあります。本格化と見て間違いありません。休み明けの前走と比べても動きは良いですし、ここは叩き2走目の上積みもありそうです。

本格化する前は、坂路の動きが心許なく、急坂コースだとどうかなというところもありましたが、今はそんなこともありません。充実している今は急坂だろうと平坦だろうと関係なしに力を発揮してくれると思います。馬場も高速馬場でもタフな馬場でも大丈夫そうな動きで、ここでの不安材料は展開的にどうかぐらいだと思います。

【2/11更新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

アカイイト【C】

今回は1週前に速い時計を出して、最終追い切りは終い重点はなりました。エリザベス女王杯や3勝クラスを勝った時は、最終追い切りで強い負荷をかけていましたが、今回はそうではありません。あくまで次のG1を見据えた叩き台仕上げで、どんな競馬ができるかだと思います。

アラタ【C】

前走や前々走は馬なりで終い11秒台が出ていましたが、今回は一杯に追って、なんとか終い11秒台という感じでした。ここは間隔が空いた影響がありそうで、あくまで休み明けという感じの仕上がりです。ここを一度使ってからではないかと思います。

ギベオン【A】

今回は坂路のみの調教になりましたが、坂路で見せる動きは良かったです。休み明けの前走を一度使っての上積みがありそうです。今回は叩き2走目の上積みに期待できます。CWでビシバシ調教をしていた去年と比べてると見劣りますが、今のこの馬としては良い状態です。

シフルマン【A】

久しぶりにCW終い11秒台をマークした前走で復調。今回も終い11秒台を連発しており、しっかり好調キープです。この馬はCWで終い11秒台を出していると好走傾向で、終い11秒台を出しながら連対を外したのは、明らかに距離が長かった菊花賞だけです。今回も、この馬の持てる能力は出し切ってくれると思います。あとは、このメンバーで能力的にどうかだけです。穴ならこの馬でしょう。

シャドウディーヴァ【C】

3走前の府中牝馬ステークスを勝った時は、1週前に坂路51秒台を出しながら、終い11秒台。併せ馬も大きく突き放す動きが出来ていましたが、今回は坂路52.0秒が精一杯。終い12.2秒に失速していました。3走前のような状態にはなさそうで、間隔が空いた影響がありそうです。あくまで休み明けという感じです。

ショウナンバルディ【B】

この馬は元々調教では動かない馬です。最終追い切りの時計が遅いのは、そんなに気にしなくても大丈夫ではないかと思います。1週前には、この馬としてはマズマズの時計も出ていますし、ここは可もなく不可もなくといった感じでしょう。

ステラリア【B】

前走の最終追い切りはテン良し、終い良しの調教でしたが、今回は全体時計を抑えめにして終いを伸ばす、終い重点の調教をしてきました。秋華賞に近い調教内容です。状態としてもエリザベス女王杯というよりは、秋華賞に近い感じでしょう。悪くはない状態ですが、特段良いという感じもしません。

ソフトフルート【B】

この中間は終い11秒台前半を連発。大きなデキ落ちもなく近走同様です。前走のような末脚に期待できる状態でしょう。この馬は近走から特に変わった感じはないですから、ここでは前走ぐらいで足りるかどうかになると思います。

ポタジェ【B】

毎日王冠で3着した時はマカヒキ、ヒートオンビートなんかと互角の動きが出来ていましたが、今回はアーティットという3歳馬に併せ馬で遅れています。時計自体はマズマズですが、動きは少し物足りないです。一番良かった頃と比べると7~8割程度ではないかと思います。

ランブリングアレー【C】

休み明けだった前走もハードに追われ、しっかり仕上がっていたと見ているだけに、叩き2走目となる今回への上積みは微妙です。間隔が詰まっているので仕方ないところもありますが、今回は馬なりオンリーでサラッと流す感じになっています。1週前に坂路51秒台が馬なりで出たこと。昨年の秋なんかを見ると、本質的にはマイラーなのかなとも思います。今回の距離延長は歓迎ではなさそうです。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...