▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【フィリーズレビュー2022】追い切り評価《調教S評価は1頭》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回はフィリーズレビューの追い切り診断となります。

それでは早速ナムラクレアから見ていきましょう。

ナムラクレア【B】

前走は最終追い切りで併せ馬を大きく突き放すような動きが出来ていましたが、今回はそもそも最終追い切りで併せ馬をしませんでした。1週前には距離延長に備えて、CWで長めに追い切りをするなど、明らかに桜花賞を見据えた調教になっています。時計自体はシッカリと出ており、悪い状態だとは思いませんが、ここがメイチという感じもしません。状態はマズマズぐらいだと思います。

この馬は元々坂路で速い時計の出る、スプリンター色の強い馬でしたが、年齢を重ねて、さらにスプリンター色が強くなっています。2歳の頃は抑えれば、まだ遅い時計でも調教が出来ていましたが、今は馬なりでも坂路51秒台。適性がよりスピード特化になってきています。1400メートルが駄目とは思わないですが、ベストはやっぱり1200メートルです。

マイシンフォニー【B】

割と間隔が詰まっての出走になるため終い重点。軽めの調教を少しやる感じになっています。前走は未勝利脱出を目指して好時計連発だっただけに、ここは良くても前走同様までかと思います。この馬も状態はマズマズでしょう。

この馬は今回、一気に距離短縮になりますが、相変わらず中距離的な調教ばかりをしています。CWの長めで終い重点というのは、短距離馬の調教ではありません。なぜ、ここを使ってきたのかイマイチ分からないのですが、基本的には中距離馬だと思います。1400メートルの速い流れにいきなり対応できるかは疑問が残るところです。

アネゴハダ【S】

間隔が詰まっての出走になるため、追い切りは2本のみですが、最終追い切りの動きは良かったです。道中は抑えるのに苦労するぐらいの手応えで、終いも最速で駆け上がっています。使い詰めですが、状態は落ちるどころか、使いつつ徐々に上がってきています。近走の中でも一番の状態でしょう。

この馬はナムラクレアほど坂路で動く馬ではなく、生粋のスプリンターという感じはしません。小倉2歳ステークスでは道中置かれて、最後の直線だけ脚を使ったというレースぶりを見ても、それは明らかです。かといって抑えるのに苦労する分、マイルだと気性的に少し長いという何とも歯がゆいところがあります。現状のベストは1400メートルと見て間違いありません。2走前はダートですし、ファンタジーステークスでは4コーナーで前にバテた馬がいて追い出しが遅れる不利がありました。レースになっていません。ナムラクレアに3戦3敗ですが、1400でなら逆転のチャンスは十分にありそうです。

【2/11更新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

アドヴァイス【A】

1週前に坂路の自己ベストを更新。終いまで失速することもありませんでした。最終追い切りも坂路で終い11秒台が出ており、これもこの馬としては速いものです。しっかり仕上がっている印象です。

ウィリン【A】

この中間は坂路52.0秒、終い12.0秒前後という調教を続けています。前走もよく動いてましたが、今回も良い動きでした。ここはしっかり好調キープでしょう。この馬の持っている能力は出せるはずです。あとは、このメンバーで能力的にどうかです。

キミワクイーン【A】

今回は中山牝馬ステークスに出るクールキャットと連日、併せ馬を行い、なんとか食らいついていく走りが出来ていました。クールキャットも調教ではよく動く馬だけに、今回の動きは評価できます。時計も終い11秒台が楽々と出ており、状態は高いレベルにありそうです。

コンクパール【A】

間隔が詰まっての出走ですが、調教の手を緩めず、最終、1週前と一杯に追ってきました。ハードな調教が積まれています。前走から大きなデキ落ちもなく、しっかり好調キープでしょう。ただ一杯に追われて、ようやく動いているようなところを見ると、本質的にはダート馬なのかなと思います。

サウンドクレア【C】

1週前のCWでは終い11秒台が楽々と出ていましたが、最終追い切りの坂路では終い13秒台に失速しています。新馬戦の時は坂路でも終い12秒台でまとめていただけに、状態は微妙かなと思います。坂路での失速具合を見ると、急坂コースもそんなに良くなさそうです。

サンライズアンセム【A】

この馬は新馬戦こそ大敗しましたが、終い11秒台が安定して出るようになった未勝利戦から安定して走るようになりました。今回も終い11秒台は楽々と出ており、近走同様。しっかり好調キープでしょう。この馬としては高いレベルにありそうです。

スリーパーダ【A】

久々の割に調教本数3本と少ないですが、流石はノーザンファームのクラブ馬。外厩でしっかりやってきたのでしょう。久々を感じさせない動きが出来ています。この間隔で、この本数でも問題なく仕上がっていそうです。前走は併せ馬で遅れていましたが、今回の最終、1週前追い切りではシッカリ先着出来ていましたし、巻き返しがあっても何らおかしくない状態です。

ゼロドラゴン【B】

新馬戦は最終追い切りが芝だったこともあってか、アッサリ大敗しましたが、坂路やCWなどを使うようになってからは未勝利、1勝クラスでも勝ち負けできています。今回の最終追い切りがCW。近走同様の状態にはありそうです。大きな上積みがあるようには見えないですが、一連の状態はキープしていると思います。

テイエムスパーダ【B】

久々だった前走も坂路50秒台をマークするなど、休み明けからキッチリ仕上がっていたと見ているだけに、叩き2走目となる今回への上積みは微妙です。ここは良くて前走同様までではないかと思います。この中間は、この馬としては目立つ時計がないですし、個人的には前走より少し下もあり得るかなと考えています。

ブッシュガーデン【C】

最終追い切りが計測不能のため、ここは中間の調整内容や1週前追い切りを中心に話していきます。1週前、日曜の追い切りは大敗した前走と、ほぼ同じような水準です。前走から大きく変わった感じがありません。前走の大敗理由はイマイチ分からないですが、前走同様でどこまでかになるでしょう。芝替わりについては問題ないタイプかなと見ています。

モチベーション【D】

久々になりますが、軽めの調教を4本のみとなりました。併せ馬にこそ先着していますが、時計も平凡なものばかりで、ここではどうかなと思います。久々の影響が少なからずあります。陣営としては、ここを一度使ってからと考えているのではないかと思います。

ラブリネスオーバー【B】

デビューから一度も併せ馬に遅れたことのなかったのですが、今回の最終追い切りは併せ馬に遅れていました。これまではすべての追い切りを、馬なりでこなしていましたが、今回は併せ馬に遅れないよう強めに追うシーンがあったくらいです。状態としてはあまり良くないのかもしれません。ここは良くて前走同様ぐらいではないかと思います。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...