▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【京成杯オータムハンデ2022】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は京成杯オータムハンデの追い切り診断となります。

それでは早速ダーリントンホールから見ていきましょう。

ダーリントンホール【B】

近走は併せ馬で大きく突き放す動きだったり、終い11秒台前半を連発するなど、調教ではかなり動いていましたが、今回はそこまで動けていません。併せ馬も最後まで我慢させる形で、最後に一伸びさせた前走と比べると、勝負気配としては少し低いのかもしれません。ここは2走前のダービー卿チャレンジトロフィーと同じくらいかと思います。

この馬は右回りと左回りなら、左回りの方が得意である可能性が高いです。美浦では関東開催が東京なら左回り、中山なら右回りで調教することが殆どなのですが、この馬は左回りで調教した時は、最後に良い伸びを見せて、併せ馬を突き放す動きをしてくれます。それに対して右回りの時は、今回も含めて終始併せ馬と併せたままです。これは今回に限った話しではなく、近走はほぼこんな感じになっています。右回りでも左回りでも大崩れしていませんが、おそらくベストは左回りだと思います。

ファルコニア【S】

坂路で終い重点の調教ばかりをする高野厩舎ですが、今回もその例に漏れず、ラスト1ハロン付近まで手綱を抑えて、最後でどれだけ加速できるかという調教をしていました。そのため、終いにどれだけ加速したかというのが重要で、近走の中で唯一、馬券圏外となったアンドロメダステークスの時は終い失速ラップを踏んでいます。それ以外のレースではキッチリ終い最速でまとめていますから、高野厩舎の馬はキッチリ終い最速を出せているかどうかが一つの状態的な指標となります。

今回はシッカリと終い最速を出しており、重賞でも好走できる状態にあるでしょう。坂路でのラップの踏み方的に最も近いのは2走前のマイラーズカップで、この時と同じくらいの状態ではないかと思います。近走の好状態をキープしており、状態は非常に高いレベルで安定です。

ミスニューヨーク【A】

1週前にベレヌスにこそ併せ馬で遅れましたが、もう1頭の併せ馬は突き放しており、この馬らしい動きは出てきていました。一杯に追って、なんとか先着したヴィクトリアマイルなんかと比べると、今回の方が状態は良いでしょう。ターコイズステークス、中山牝馬ステークス、そして前走と悪くない走りをしていた時と遜色ない状態にはありそうです。

ただ、1週前にベレヌスにアッサリ突き放されたところを見ると、スピードという点では少し不安なところがある馬で、速い上がりや速いタイムが必要になった時に脆さを見せる可能性があります。ターコイズステークスと同じ中山1600でも秋競馬の、それも開幕週向きというタイプではありません。どちらかいうと冬の荒れた馬場などの方が合っているはずです。状態は良いと思いますが、適性という面では少し不安が残ります。

インテンスライト【B】

この馬も休み明けになりますが、最終追い切りでは併せ馬を大きく突き放すなど、良い動きが出来ていました。元々調教は良く動く馬ですが、今回もシッカリと動けています。ここに来てグッと良くなった感じまではないですが、前走ぐらいは走れそうな状態です。

クリノプレミアム【C】

この馬が好走していた時は、あまり強めにはやらず、終い重点の調教を中心としていましたが、今回は1週前に南W80秒を切る時計をマークしてきました。これがどう出るかといったところですが、個人的には調教本数も少なく、急仕上げ気味かなという印象です。この馬は使いつつになるかなと思います。

コムストックロード【B】

最終追い切りこそ軽めに流す程度でしたが、中間には豊富な併せ馬をこなし、その併せ馬では一度も遅れることはありませんでした。1週前まででシッカリ仕上がっているでしょう。能力は問題なく出せる状態です。

シャーレイポピー【B】

夏からコンスタントに使っていますが、1週前に一杯。最終追い切りも強めに追われて、ハードな調教をこなしています。この馬も大幅に良くなった感じはないものの、悪くなった感じもしません。平行線ではないかと思います。

シュリ【B】

前走は1週前追い切りでラスト2ハロン23.3秒。ラスト1ハロンも11.6秒でまとめるなど、調教で良く動くこの馬の中でも、かなり動いていましたが、今回はそこまで動かしていません。流石に前走以上までは厳しいかなという感じで、この馬も良くて平行線まででしょう。個人的には前走の方が良かったかなという感じさえします。

タガノディアマンテ【B】

京都記念で2着した時は坂路51.0秒をマークし、併せ馬に先着するなどしていましたが、前走はそこまで速い時計は出ていなかった上に、そもそも併せ馬すらしていませんでした。今回は京都記念ほど速い時計はなく、併せ馬もしていませんから、この馬も前走同様まででしょう。京都記念の時ほどの状態にはなさそうです。

ベレヌス【S】

1週前にミスニューヨークなどを突き放す動きを披露しました。前走もかなり動いていましたが、引き続き良く動けています。過去の好走も夏頃に固まっており、この時期が合うのでしょう。状態は、非常に高いレベルで安定だと思います。これだけ調教で動くスピードのある馬ですから、開幕週の馬場やマイルへの距離短縮は良いはずですし、連続好走があっても何ら不思議ないのではないかと思います。

ミッキーブリランテ【B】

良い結果が出ていた時は、坂路でも良い時計が出ていましたが、今回は坂路55秒台の上に、終いも13秒台となっています。間隔が詰まっているとはいえ、物足りない動きです。流石に全盛期は過ぎてしまったかなという感じで、ここは前走同様でどこまで勝負になるかでしょう。

ルークズネスト【C】

この馬が良かった頃は、前脚を大きく上げて、自分の胸に当たりそうなくらい掻き上げる、ダイナミック走りをしていましたが、近走はそれが出来ていません。前脚の上がり方が、だいぶこじんまりとしています。間隔が詰まっていて疲れているせいもあるかもしれないですが、シンザン記念の時などと比べると、迫力のない動きになっています。まだ不調の中にいるかなと思います。

ルフトシュトローム【B】

近走は全く結果が出ていませんが、調教の動き自体は決して悪くはありません。今回も併せ馬で遅れるようなことは一度もなく、終始併せ馬に優勢の手応えで動けていました。ここまで走らないのは、おそらく精神的なものだと思いますが、精神面さえなんとかなれば、いつ走ってもおかしくない状態ではあると思います。近走同様の仕上がりです。

レインボーフラッグ【A】

アゴを突き出すような走りで見栄えは悪いですが、タイム自体はシッカリと出ています。日曜にも坂路50秒台をマークするなど、間隔が詰まっている中でハードな調教をこなしています。結果こそ出ていませんが、前走や前々走と同じく状態は悪くなさそうです。正直、能力的に厳しいものがあるのかなとも思いますが、今のこの馬としては良い状態でしょう。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...