▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【阪急杯2022】追い切り評価《調教S評価は3頭》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は阪急杯の追い切り診断となります。

それでは早速、グレイイングリーンから見ていきましょう。

グレイイングリーン【A】

1週前、最終と一杯に追われ、この馬としては速めの全体時計を出してきました。前走も3勝クラス卒業を目標に、かなりシッカリ仕上げていたため、そこまで大きな上積みはないですが、能力自体は問題なく出せる状態です。水準としては4走前に一番、近いかなと思います。

この馬は短距離馬としては、そこまで調教で動く馬ではありません。スピードよりもスタミナを武器にしているはずで、純粋なスプリンターという感じはしません。ここも速いスピードが必要なスピード勝負になるよりは、多少、時計が掛かってほしいタイプでしょう。いきなりオープンクラスのスピードについていけるが、ここでの鍵になりそうです。

クリノガウディー【B】

この馬が良かった頃は、折り合いが取れて、いつも終い最速ラップを踏んでいました。折り合いに難しい馬で、調教でも折り合いが取れて、終い最速がマークできているかどうかが大事な馬です。今回の1週前追い切りでは終い失速。この馬のあまり良くない時の感じです。最終追い切りも強めに追って、なんとか終い最速にしたという感じで、余裕で終い最速だったセントウルステークスで3着した時の状態にはないかなと思います。

福永騎手に乗り代わるということで、ある程度、人気になると思うのですが、福永騎手に変わっても、モタれ癖や折り合いの難しさは変わりません。今回の最終追い切りに福永騎手が乗りましたが、相変わらず右にヨレており、折り合いにも怪しいシーンがありました。福永騎手に変わったからといって、一変まではどうでしょうか。

タイセイビジョン【S】

元々、この馬はCWの短めばかりで調教する馬でしたが、長めに追い切りをするようになった2走前から復調。重賞で安定した走りをするようになりました。今回もCWの長めで追い切りをしています。最終追い切りでは、馬なりで終い11.6秒が出ており、状態面に関しては高いレベルで安定。個人的に前走よりも良いかなと思います。

この馬は折り合いに難しいところがある馬ですが、今回、騎乗する幸騎手は2走前から付きっきりで調教をつけてくれてます。その甲斐もあった課題だった折り合い面は手中入れており、幸騎手が乗れば折り合いに対する不安もそんなにないのかなと思います。幸騎手に手綱が戻るのは大きなプラス材料でしょう。

【2/11更新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

エイティーンガール【C】

やや間隔が空いての出走になりますが、今回は軽めの調教を4本のみという感じです。休み明けにしては、かなり調教が軽いなという印象で、ここは高松宮記念を見据えた叩き台仕上げでしょう。ここは持っている能力で、それをカバーできるかだと思います。

グルーヴィット【A】

最終、1週前ともに坂路51.1秒の好時計をマーク。今回は叩き2走目の形になりますが、前走以上の気配を伺わます。前走からの上積みがありそうです。併せ馬をしていないため、ある程度、次の高松宮記念を見据えた仕上げだと思いますが、能力は問題なく出せると思います。

サンライズオネスト【A】

1週前に坂路48.2秒という破格の時計が出ました。折り合いを欠いて暴走したから、これだけ速い時計が出たとのことですが、暴走してたとしても、これだけ速い時計が出るのは素晴らしいです。ただ、暴走のせいで、最終追い切りが軽めになるなど、調整過程がチグハグになっているのは少し気がかりです。馬の調子自体は良いと思いますが、全く不安材料がないといえば嘘になります。

ザイツィンガー【C】

中1週のため、追い切りは軽めのものを1本のみとなりました。流石に前走以上は厳しそうで、ここは良くて前走同様までになるでしょう。個人的には前走も最終追い切りで終い11.1秒を出すなど、しっかり仕上がっていて状態は良かったと見ているだけに、前走より少し下の状態かなと思います。

ダイアトニック【S】

この馬が不調に陥っていたから、坂路でもCWでも終い11秒台が出ていなかったのですが、久しぶりに終い11秒台を出した前走で復調の兆しを見せました。今回も1週前に終い11.1秒をマークし、最終追い切りでは久々に坂路で終い11秒台。前走以上の気配です。良かった頃の状態に、かなり戻ってきています。ここは復活に期待できるのではないかと思います。

トゥラヴェスーラ【B】

久々のレースになりますが、かなり入念に乗り込んで、1週前には坂路51.1秒が出ました。流石にバッチリ仕上がっている感じはしませんが、マズマズぐらいはあるかと思います。ここは5走前、2020年の京阪杯ぐらいの状態ではないかと思います。少し余裕のある状態で、どこまで勝負になるかです。

ミッキーブリランテ【A】

去年は10番人気2着で穴を開けた時なんかは、この馬としては速い全体時計を出しながら、ゴールに向かっていく加速ラップが踏めていましたが、今年は加速ラップが踏めてません。去年ほど絶好の状態にないのは間違いありません。ただ、この馬としては速めの全体時計が出ており、悪くはない状態です。絶好調とまではいかず、好調ぐらいでどんな競馬ができるかです。

モントライゼ【A】

この馬も、かなり間隔が空いての出走になりますが、こちらは流石、ノーザンファームクラブ馬という感じで、久々を感じさせない動きが出来ています。1月26日にCWの自己ベストを更新するなど、早い段階から仕上がっていました。いきなりから持っている能力は出せる状態です。あとは、このメンバーで能力的にどうかでしょう。

リレーションシップ【S】

1週前にCW80秒を切る時計を出しながら、終いも11秒台でまとめる、テン良し、終い良しの調教が出来ています。2月9日はソダシと互角の併せ馬を披露しており、状態は高いレベルにありそうです。ここ最近の中だと一番、良い状態だと思います。このメンバーで能力的に足りるかどうかは分からないですが、今出せるすべて能力を発揮できると思います。穴ならこの馬でしょう。

リンゴアメ【C】

前走は結果こそ出ていませんが、調教では割と良い動きが出来ていました。それと比べてると、今回の動きは少し物足りず、前走以上ということはなさそうです。やや間隔が空いた影響があるかなと思います。調教で動いていても、全く結果が出ていないということで、能力的にオープンクラスだと厳しいのかなという感じもします。

ヴィジュネル【B】

1週前にCWの自己ベストタイの時計を出しながら、終いも11.6秒でまとめていました。悪くはない仕上がりです。前走も終い11秒台前半が出ていたため、ここに来ての大幅な上積みまではありません。前走の大敗理由がイマイチ分からないですが、状態は前走同様といった感じです。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...