▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【中山記念2022】追い切り評価《調教S評価は3頭》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は中山記念の追い切り診断となります。

それでは早速、ダノンザキッドから見ていきましょう。

ダノンザキッド【A】

1週前にCW終い11.0秒の時計が出ました。やや間隔が空いての出走ですが、しっかり仕上がっていると思います。2走前の富士ステークスの時は、1週前が全体時計を速くする調教内容で、仕上がり切っていないのかなという印象もありましたが、今回はそんなこともありません。終い重点。いつも通りの調教内容が出来ています。能力自体は問題なく出せるでしょう。

ただ、この馬は終い重点ばかりの調教をしており、レースでも終いの脚を活かす形がベストでしょう。直線が短いコースよりは直線の長いコース。中山よりは東京というタイプの馬だと思います。中山で実績はありますが、ベストの舞台でない可能性は非常に高いです。最後の短い直線でどれだけ追い込めるかでしょう。

アドマイヤハダル【S】

1週前がCW79.9秒、終いも11.5秒でまとめる好内容でした。最終追い切りも終い11.9秒で、この馬としては鋭い脚を使っています。状態は良いと見て間違いありません。個人的には前走や前々走より動きが目立っており、復帰してからは一番良い状態でしょう。近走最大の走りに期待できます。状態は申し分ありません。

この馬はダノンザキッドとは対照的で、長く脚を使う練習をしています。今回の1週前なんかはまさにそうで、速い全体時計を出しながら、終いも水準以上でまとめています。この馬は直前の長いコースよりも短いコース。東京より中山というタイプだと思います。前走が東京ということで、今回は舞台代わりによる上積みも見込めるでしょう。

カラテ【B】

中2週のため追い切り2本のみとなりました。間隔が詰まっての出走になるため、時計としてもそんなに速いものではなく、終いの動きも前走以上という感じはしません。ここは良くて平行線でどこまで勝負になるかでしょう。この馬を管理する高橋調教師が、今週で引退するため、ちょっと無理に出ているのかなという感じもします。

この馬は、坂路の短い距離を中心に調教をしています。さらに、良い時は坂路51秒という速い時計も出るようなスピードのある馬です。今回は1600メートルから1800メートルへの距離延長になりますが、歓迎ではありません。仕上がり面を考えても、ここは能力だけでどこまで通用するかになると思います。

【2/11更新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

ウインイクシード【C】

去年は高い評価をつけて3着に頑張ってくれましたが、その時と比べると物足りません。去年の今頃はそんなに強く追わなくても、併せ馬が出来ていましたが、今回の1週前追い切りは一杯に追って、なんとか追い抜いたという感じで、2週前なんかは併せ馬に遅れています。本当に良くなった時の状態にはありません。今のこの馬でどんな競馬ができるかだと思います。

ガロアクリーク【C】

この馬が良かった3歳の頃は、ほぼ馬なりで併せ馬を突き離す動きが出来ていましたが、その時ほど目立った動きが出来ていません。良かった頃の状態にはないと思います。前走よりは良いと思いますが、本来の調子にない中で、どこまで勝負になるかでしょう。

コントラチェック【A】

この馬も、今週で引退する藤沢調教師の管理馬ですが、こちらは無理に出走してきたというよりは、ここを目標にキッチリと仕上げてきています。京成杯オータムハンデやオーシャンステークスで勝ち負けした時と遜色ない状態に仕上がっていると思います。状態云々よりも自分の競馬ができるかが重要な馬のため、他の逃げ馬との兼ね合いが問題にはなりますが、状態自体は高いレベルにありそうです。

ゴーフォサミット【A】

去勢されてから約半年間、じっくりと調整されてきました。その甲斐もあって、最終追い切りでは終い11.8秒。良いフットワークの動きも見せています。大飛びの馬のため、本質的に広いコース向き。東京などが合っているタイプだと思いますが、仕上がり自体は問題ありません。

ソッサスブレイ【C】

今回は馬なり中心で、軽め調教となっています。2走前に3着だったディセンバーステークスの時は一杯に追って、この馬にしては速い坂路52秒台も出ていましたが、今回はそういうこともありません。2走前から徐々に調教で動くなってきており、デキ落ちかなという印象です。ここは持っている能力だけで、どこまで勝負になるかです。

トーラスジェミニ【D】

最終追い切りで一杯に追ったにも関わらず、併せ馬で遅れています。この馬が出てくる度に言ってますが、この馬は軽め調教であればあるほど、仕上がっていることの裏返しで、一杯に追っている時は仕上がっていないからハードに追っていることがほとんどです。今回は一杯に追った上に、併せ馬に遅れ。状態的に微妙でしょう。

パンサラッサ【S】

元々、この馬は脚元に不安を抱えていた馬で、今まではそれを庇いながらレースを使っていましたが、昨年の夏を休んでいる間に、脚元の不安が解消しました。昨年の春までは速い全体時計を出しても、終いに失速してばかりでしたが、今回は最終追い切りのラスト2ハロンが23.9秒。1週前が24.0秒フラット。終いまで我慢して走れています。去年のこのレースは7着でしたが、その時とは馬が違います。これまでは急坂で苦戦するようなレースもありましたが、坂路でこれだけ粘り込めている今なら話しは違うはずです。本格化。充実期と見て間違いありません。

ヒュミドール【A】

この馬が大崩れした2走前の京都大賞典の時は、併せ馬で遅れていましたが、今回は併せ馬で一度も遅れていません。終い11秒台前半を連発しており、状態は高いレベルにありそうです。絶好調とまでは行かないですが、前走ぐらいの走りはできる状態でしょう。

マルターズディオサ【B】

間隔が詰まっているせいか、今回は坂路オンリーの調教となりました。そんなに状態が悪いという感じはしませんが、坂路だけの調教になっているのはどうかかなと思います。前走以上ということはなさそうです。ここは前走同様でどこまでかでしょう。

ルフトシュトローム【B】

この馬は調教で動いていても、最近は結果が出ていません。今回も終い11秒台を連発するなど、決して悪いようには見えませんが、近走から変わった感じもしません。ここまで大敗続きの理由はイマイチ分からないですが、状態は近走同様でしょう。

レッドサイオン【A】

今回は叩き2走目で、前走からの上積みを感じます。前走は坂路で併せ馬に遅れるなど、良化途中の感じもありましたが、今回は南Wで併せ馬としっかり併入できています。時計も上々で、この馬としては良い状態にあると思います。前走より少し上のパフォーマンスに期待できるでしょう。

ワールドウインズ【S】

前走は割と間隔が空いての出走だったにも関わらず、終いだけを伸ばすような調教でしたが、今回は速い全体時計を出して、しっかり負荷をかけています。これは叩き2走目の上積みがあっていいと思います。ここで能力的に足りるかが鍵になりますが、穴ならこの馬かなと思います。

ワールドリバイバル【C】

この馬がラジオNIKKEI賞で2着した時や、逃げ先行馬には厳しい条件が揃っていたスプリンステークスをよく粘った時は、併せ馬に大きく先着するような動きが出来ていましたが、今回はそもそも併せ馬をしていません。陣営としては一度使ってからと考えている可能性が高いです。あくまで休み明けという感じがします。ここは少し余裕のある仕上げで、どんな競馬ができるかです。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...