【安田記念2024】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは、アギョウです!

今回は安田記念の追い切り診断となります。

それでは早速ソウルラッシュから見ていきましょう。

▼当ブログ実績▼

ソウルラッシュ

1週前のCWで終い10秒台をマーク。併せ馬を寄せ付けない動きが出来ていました。最終追い切りは坂路で流す程度でしたが、それでもゴールに向かって加速していく動きが出来ていますし、1週前の段階でキッチリ仕上がっているでしょう。

この馬は前走の1週前追い切り。そして最終追い切りでも終い10秒台を出すなど、元々調教ではよく動くタイプだけに、今回が特別良いというわけではありませんが、今回もシッカリ好調キープでしょう。

前走からの上積みまでは感じませんが、前走ぐらいは問題なく走れそうです。

追い切り評価「A

セリフォス

1週前にCWの自己ベスト更新。この時はラスト3ハロン35秒台。終い11.2秒という非常に速いラップを、楽な手応えでこなしていました。休み明けだった前走は物足りないと感じたのか、一杯に追われるシーンもありましたが、今回はそんなこともありません。叩き2走目の上積みは間違いないでしょう。

去年のこのレースの時は、調教の段階で折り合い難を見せるなど、精神的に怪しいところもありましたが、今年は全く折り合いの不安はなさそうで、スムーズな走りが出来ていたというのも高評価できるポイントです。

心身ともにかなり良い状態にありそうで、仕上がり面に関しては申し分ありません。

追い切り評価S

ナミュール

最終追い切りの坂路で終い11秒台。全体時計こそ遅めでしたが鋭い末脚を見せていました。中2週でも状態が悪いという感じはしません。

前走が出遅れたにしても負けすぎだったのが気がかりではありますが、調教だけで見ると今回も能力出せる状態にはありそうです。

追い切り評価「A

ウインカーネリアン

1週前に南W6ハロンの自己ベスト更新。この時は馬場の大外を回って、かなり前を走っていた馬との差をグングン詰めていく動きを見せるなど、時計以上に良いなと思わせるものでした。

今年で7歳になった馬ですが衰えるどころか、ココに来て良くなっている感じさえあります。自己ベスト更新が示すように、今回は近走の中でも一番走れそうな仕上がりです。

海外帰り初戦だった去年よりは断然走れそうな状態で、仕上がり面に関しては申し分ありません。

追い切り評価S

エアロロノア

1週前に坂路51.3秒。併せ馬を置き去りにするなど、時計通りの良い動きを見せていました。前走の最終追い切りでも坂路51.3秒を出すなど、元々調教ではよく動くタイプですが今回も相変わらず良い動きでした。

休み明けの前走も良かっただけに、ここに来ての上積みまではありませんが、今回もしっかり好調キープです。

追い切り評価「A

エルトンバローズ

この中間は帰国して間もないということもあって、直接東京競馬場に入って調整をしました。

1週前に東京ダートで強めに追いましたが終い11.8秒。去年の秋頃は坂路で楽々と終い11秒台。CWだと終い10秒台も出るほど、調教で動くタイプであることを考えれば、この中間の動きは少し物足りません。

去年の秋ほど、良い状態にない可能性は高いです。

追い切り評価「B

カテドラル

この馬で良い結果が出ていた頃は、CWで速い時計を出すなど、かなり負荷の高い調教をこなしていましたが、近走は坂路のみで仕上げる形。比較的負荷の軽いものに変わっています。

今回もその例外ではなく前走から大きく変わった様子はありません。良かった頃と比べると状態的には少し見劣る印象です。

追い切り評価「B

ガイアフォース

1週前の坂路で終い11秒台。併せ馬を置き去りにする動きが出来ていました。最終追い切りこそ若干軽めでしたが、1週前でシッカリ仕上がっているでしょう。

CWで負荷の高い調教をしていた前走や天皇賞秋の時より、上の状態ということはなさそうですが、今回も悪くない状態にはなっています。今年も去年ぐらいは走れてよさそうです。

追い切り評価「A

コレペティトール

最終追い切りの坂路で一杯に追って終い12秒台後半。なんとか失速せずに済んだという感じの動きでした。この馬は前走や前々走も坂路で終い13秒台になるなど、調教では動かない馬ですが今回も動けていません。

休み明けを一度使いましたが前走から大きく変わった様子はなく、良くも悪くも前走同様といった印象を受けます。

追い切り評価「B

ジオグリフ

中山記念の時は一杯に追って併せ馬で遅れたり、最終追い切りも併せ馬で劣勢の手応えになるなど、好走こそしたものの明らかに休み明けという感じがありました。

それが今回は最終1週前ともに良い手応えで回ってくることが出来ています。前走も調教で良い動きが出来ていただけに、ここに来てのの上積みまではありませんが、前走ぐらいは問題なく走れそうです。

追い切り評価「A

ステラヴェローチェ

1週前にCW6ハロン77.2秒の好時計をマーク。この時は終い12.0秒と最後はバテ気味になっていましたが、最終追い切りの坂路ではゴールに向かって綺麗に加速していくラップが踏めていますし、状態が悪いという感じはしません。

前走もCW3ハロン35.1秒という非常に速いラップを踏むなど、良い状態だったと見ているだけに、ここに来ての上積みまではありませんが、今回もシッカリ好調キープでしょう。

追い切り評価「A

ダノンスコーピオン

栗東所属馬ですがこの中間は美浦で調整しました。その甲斐あってか最終追い切りでは終い10.8秒という鋭い末脚を見せるなど、近走にはなかった動きが出来ています。だいぶ復調傾向と見ていいでしょう。

不振が続いている近走というよりは、調子が良かった3歳の頃の仕上がりに近いです。今回はこの馬本来の走りができそうな状態です。

追い切り評価「A

ドーブネ

最終追い切りで強めに追いましたが終い12秒台。この中間の動きは地味なものになっています。

前走がCW6ハロン80秒を切る時計を出しつつも終い11秒台でまとめることが出来ていただけに、今回の動きは少し物足りません。

前走より上の状態ということはなさそうで、ここは良くて前走同様まで。前走より少し下も考えておいた方がいいかもしれません。

追い切り評価「B

パラレルヴィジョン

最終追い切りで強めに追われる併せ馬たちを尻目に、余裕を持った手応えで先着。1週前の併せ馬でも楽々先着する動きが出来ていました。

前走も最終追い切りで南W3ハロン36秒台。速いラップを刻む動きが出来ていただけに、ココに来ての上積みまではありませんが、今回もしっかり好調キープでしょう。前走ぐらいは問題なく走れそうです。

追い切り評価「A

フィアスプライド

前走は1週前に終い10秒台。最終追い切りも終い11.1秒を出すなど、攻めた調教をしていましたが、今回は中2週ということで軽めの追い切りになっています。

前走がかなり良い状態だったと見ているだけに、流石に前走より上の状態ということはなさそうです。ここは良くて前走同様まで。前走より少し下もあるかもしれません。

追い切り評価「B

レッドモンレーヴ

この馬は元々あまり調教では動かないタイプですが、前走の最終追い切りは南Wで併せ馬に楽々先着。この馬としてはよく動いていました。

それが今回は坂路で軽く流す程度ばかりで、動きとしても地味なものに戻っています。去年が同じローテーションでも芝で速い時計を出して併せ馬に先着するなど、今回より攻めた調教が出来ていただけに、これはどうでしょうか。

前走より上の状態ということはなさそうで、去年と比べても今年は少し物足りない感じがします。

追い切り評価「B

ロマンチックウォリアー

海外馬で過去との比較ができないため調教評価ナシとなります。

最終追い切りは火曜日になりましたが、東京芝でラスト3ハロン34.3秒を楽々マークするなど、流石の脚力を見せていました。

状態的にどうかは分かりませんが、持っている能力自体は間違いないでしょう。

追い切り評価「×」

ヴォイッジバブル

海外馬で過去との比較ができないため調教評価ナシとなります。

木曜日に最終追い切りをするとのことですが、ロマンチックウォリアーが火曜日に追い切りをして終わりだったとの比較すると丁寧な仕上げをしています。

香港馬2頭なら、コチラの方が勝負気配は高そうです。

追い切り評価「×」

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...