【七夕賞2024】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは、アギョウです!

今回は七夕賞の追い切り診断となります。

それでは早速レッドラディエンスから見ていきましょう。

▼当ブログ実績▼

レッドラディエンス

1週前にCWの自己ベスト更新。この時は3ハロン36.1秒、終い11.1秒と最後まで速いラップを刻むことが出来ており、併せ馬にもシッカリ先着していました。1週前の動きは文句なしの内容です。

最終追い切りこそ坂路で軽く流す程度でしたが、1週前の段階でキッチリ仕上がっているでしょう。自己ベスト更新が示すように、今回はこれまでの中で一番走れそうな仕上がりです。

追い切り評価S

キングズパレス

最終1週前ともに併せ馬で先着。余裕を持った手応えでシッカリ先着する動きが出来ていました。時計としても終い11秒台前半を連発する形になるなど、この中間もよく動いていると言っていいでしょう。

流石に前走からの上積みまではなさそうですが、今回もしっかり好調キープ。近走ぐらいは問題なく走れそうです。

追い切り評価「A

リフレーミング

1週前に坂路50秒台。日曜日には坂路で終い11秒台を出すなど、この中間は坂路で良い動きを連発しています。元々調教では動くタイプですが、今回も相変わらずといった感じです。

ここ最近はいつも坂路で良い動きを見せているため、ここに来ての上積みまではありませんが、今回もしっかり好調キープでしょう。近走ぐらいは問題なく走れそうな仕上がりです。

追い切り評価「A

アラタ

1週前に南W3ハロン36秒台。この時は併せ馬にもシッカリ先着するなど、時計通りの良い動きだったかなと見ています。

この馬が3ハロン36秒台を出したのは前走、勝った巴賞、去年の金鯱賞など上位争いしている時に集中しており、逆に全く駄目だった前々走や3走前は調教の段階から動けていませんでした。

今回は前走や巴賞のような動きが出来ていますし、この馬としては良い状態になっているでしょう。

追い切り評価「A

カレンルシェルブル

1週前に一杯に追って併せ馬で遅れていました。前走はあのダノンデサイルに先着する動きが出来ていただけに、これはどうでしょうか。

前走より上の状態ということはなさそうで、ここは良くて前走同様まで。個人的には前走より下の可能性もあると見ています。

追い切り評価「B

グレンガリー

1週前に一杯に追って終い12秒台。地味な動きになっていました。ポリトラックで追い切りをするのは、いつものことで気にしなくても大丈夫ですが、今回の動きは少し物足りない感じがします。

叩き2走目の形になりますが、大きな上積みはありません。むしろ前走の方が良かったかなという感じさえします。ここは良くて前走同様といったところです。

追い切り評価「B

セイウンプラチナ

最終追い切りで南Wの自己ベスト更新。強めに追われる併せ馬を尻目に、余裕を持った手応えで回ってくることが出来ていました。内側を回ったとはいえ今回の動きは良かったかなと見ています。

やや間隔は空きましたが、勝った前走の勢いそのままといった印象で、今回もシッカリ好調キープでしょう。

追い切り評価「A

ダンテスヴュー

1週前にこれまでの中で2番目に速いタイムをマーク。2週前追い切りでは、ここで人気になりそうなレッドラディエンスと互角の動きを見せていました。最終追い切りこそポリトラックで軽く流す程度でしたが、1週前の段階でキッチリ仕上がっているでしょう。

冒頭でこれまでの中で2番目に速いタイムという話しをしましたが、1番速いタイムをマークしたのが、重賞で好走となったきさらぎ賞。今回はきさらぎ賞の時に迫るようなタイムが出ています。

レッドラディエンスと互角だった動きを見ても、今回はかなり良い状態にありそうです。ここへ向けて万全の仕上がりでしょう。

追い切り評価S

ダンディズム

好走続きだった去年の秋頃は、最終追い切りで併せ馬をして、最後は突き放す動きが出来ていましたが、近走は併せ馬をしても併入まで。先着してもギリギリという感じばかりになっていました。

そして今回はそもそも併せ馬すらやっておらず、これはどうでしょうか。去年の秋頃の状態にはないかなといった印象で、ここは前走同様までになりそうです。

追い切り評価「B

ノースザワールド

1週前の併せ馬で劣勢の手応え。格下の馬を相手に強めに追ってなんとか食らいつくという感じになっていました。

近走大敗が続いていますが、やはり状態的にも微妙な印象を受けます。ここも近走同様までといった感じでしょう。

追い切り評価「B

ノッキングポイント

1週前に楽な手応えで併せ馬に先着。最終追い切りの3頭併せの真ん中で、余裕のある手応えを見せていました。この中間は馬なり中心の軽め調教ばかりですが、仕上がり面に関しては問題ありません。

近走は強め、一杯に追って速い時計を出す調教がメインでしたが、今回は馬なり中心のじっくり乗り込む形に変わっています。この馬が一変するならこのタイミングかなと見ています。

追い切り評価「A

バビット

最終1週前ともに地味な動きになっていました。元々そこまで調教でよく見せるタイプではありませんが、近走から大きく変わった様子もなく、これはどうでしょうか。

3走前の京都記念も状態が良くて好走したというよりは、展開がハマったのが全てだと思いますし、今回も前走ぐらい走ってどこまでやれるかと考えておいた方がいいかもしれません。

追い切り評価「B

フェーングロッテン

調子が良かった去年の春頃までは坂路で終い11秒台。CW3ハロン36秒台など、調教の段階から良い動きをしていましたが、不振続きの近走は調教の段階から動けていません。

今回もその例外ではなく坂路で終い11秒台、CW3ハロン36秒台も出ていません。これまで一度もやっていなかったプール調教を多用しているところを見ても、本調子にない可能性は高いです。

追い切り評価「B

ボーンディスウェイ

最終1週前ともに終い11秒台前半。鋭い末脚を見せていました。この馬は基本的に終い11秒台後半。駄目な時は終い12秒台になることもある馬だけに、今回の末脚は目立っています。

やや間隔は空きましたが、今回もしっかり好調キープ。前走ぐらいは問題なく走れそうです。

追い切り評価「A

レッドランメルト

1週前に楽々と併せ馬で先着。最終追い切りもハヤヤッコ相手に楽々先着するなど、この中間は素軽い動きが出来ていました。乗り替わりとなる吉田豊騎手も乗りにくるなど、丁寧な調整が施されています。

近走不振が続いていますが、状態面だけで見れば5着だった去年と同じくらい。前走からの一変があっても不思議ない感じがします。

追い切り評価「A

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...