【プロキオンステークス2024】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは、アギョウです!

今回はプロキオンステークスの追い切り診断となります。

それでは早速ヤマニンウルスから見ていきましょう。

▼当ブログ実績▼

ヤマニンウルス

脚元に不安があるせいか、この中間は馬なり中心にジックリ乗り込む形になっており、最終1週前ともに遅めの全体時計となりました。

遅めの全体時計でもゴールに向かって加速していくラップは踏めていますし、状態が悪いという感じはしません。

坂路で終い11秒台が出ていた前走や前々走より上ということはなさそうですが、今回も能力を出せる状態にはなっています。

追い切り評価「A

スレイマン

駄目だった前走は一杯に追ったにも関わらず坂路で失速していました。それが今回は前走より速い全体時計でも最後まで失速せず、楽な手応えで坂路を駆け上がっています。

これは前走からの巻き返しがあっても不思議ありません。今回は駄目だった前走というよりは好走した2走前に近い状態でしょう。

追い切り評価「A

ハピ

前走は好走こそしたものの一杯に追って併せ馬で遅れたり、CWで終い12秒台になってしまうなど、競争中止明けの影響が多少なりともありそうだなという感じでした。

それが今回は1週前にシッカリ併せ馬に先着。最終追い切りも楽々と終い11秒台をマークするなど、前走より素軽い動きが出来ていました。これは状態が良さそうです。

重賞で好走した前走以上の状態である可能性は高く、ここは万全の仕上がりと言ってもいいかもしれません。

追い切り評価S

ウェルカムニュース

1週前に一杯に追いましたが併せ馬で遅れていました。最終追い切りも併せ馬に劣勢の手応えになるなど、この中間は地味な動きになっています。どちらも併せたのが3歳未勝利馬だったことを考えても、今回は状態的に微妙な印象を受けます。

追い切り評価「B

グロリアムンディ

最終1週前ともに坂路でゴールに向かって加速していくラップを踏むことが出来ていました。2週前追い切りはCWで終い11.6秒。この馬としては鋭い末脚を見せるなど、この馬なりの良い動きが出来ています。

近走の大敗理由はイマイチ分かりませんが、追い切りだけで見ると勝った平安ステークスぐらい走れても不思議ありません。

追い切り評価「A

ゲンパチルシファー

1週前に坂路で一杯に追いましたが終い13秒台。最終追い切りでも一杯に追って併せ馬で遅れてしまうなど、この中間も地味な動きになっていました。

このレースを勝った2年前は終い12秒台を連発するなど、この馬なりに良い動きが出来ていましたが、今年はそこまで動いていません。

重賞を勝った時の状態にはなさそうで、近走から大きく変わった様子はありません。

追い切り評価「B

デシエルト

中3週と間隔が詰まっての出走になるせいか、この中間は軽めの調教のみとなりました。前走がCWの自己ベスト更新するなど、かなり攻めた調教をしていただけに、前走より上ということはなさそうです。

好調だった3歳春頃は、中2週と間隔が詰まっての出走でも終い10秒台を出すなど、攻めた調教が出来ていたことを考えても、今回はどうでしょうか。

追い切り評価「B

バスラットレオン

最終追い切りでCW3ハロン36.5秒、終い11.0秒の鋭い末脚。中1週と間隔が詰まっての出走でも良い動きを見せていました。

前走は休み明けにも関わらず追い切り4本のみ。併せ馬に遅れていたことを考えると、今回は叩き2走目の上積みに期待できるでしょう。前走からの一変があっても不思議ありません。

追い切り評価「A

ブラックアーメット

1週前にCWの自己ベスト更新。前走も自己ベスト更新するなど良い動きでしたが、今回は前走で出した自己ベストを更に塗り替えています。

まさに勝った前走の勢いそのままといった印象で、今の充実ぶりが目立つ1頭です。今回もしっかり好調キープでしょう。

追い切り評価「A

ブルーサン

1週前にCW6ハロン79.4秒という速い時計を出しましたが、この時は終い14.1秒と大きく失速していました。

雲取賞を勝った時は坂路51秒台でも終い12秒台前半にまとめるなど、ここまで失速することはなかっただけに、今回は少し気がかりです。

前走より状態が良いということはなさそうで、ここは良くて前走同様まで。夏バテの可能性も頭に入れておいた方がいいかもしれません。

追い切り評価「B

マリオロード

中3週と間隔が詰まっての出走になるせいか、今回の最終追い切りは軽く流す程度となりました。中間の動きも地味なものになっており、ここに来て大きく変わった感じはしません。

ここは良くて前走同様といったところで、前走以上までは厳しいように感じます。

追い切り評価「B

メイショウダジン

中1週と間隔が詰まっての出走になるため、この中間は最終追い切りのみとなりました。動き時計ともに前走から大きく変わった様子はなく、良くも悪くも前走同様といったところです。

ここも近走ぐらい走ってどこまでやれるかになるでしょう。

追い切り評価「B

ラインオブソウル

この馬は元々あまり調教では動かないタイプで、好走した前走でさえ坂路で終い13秒台。重賞で掲示板を確保となったマーチステークスの時も終い13秒台という感じです。

それが今回は最終1週前ともに終い12秒台。この馬としては動いてます。この馬なりに状態は良さそうで、前走からしっかり好調キープでしょう。

追い切り評価「A

リプレーザ

最終追い切りで坂路51.6秒の好時計をマーク。この時は終いも12.1秒でまとめるなど全体良し、終い良しの内容でした。

この馬は元々速い全体時計を出す馬ですが、坂路51秒台だと終い12秒台後半。駄目な時は終い13秒と大きく失速するのですが、今回は終いまでシッカリした末脚を見せていました。これは良い状態になっているでしょう。

能力的にどうかという部分はありますが、この馬としてはかなり良い状態になっています。

追い切り評価S

レガーメペスカ

中3週と間隔が詰まっての出走になるせいか、この中間は軽めの調教のみとなりました。

2走前に勝った時は坂路でしっかり速い時計を出すなど、攻めた調教が出来ていましたが、全く駄目だった前走は今回と同じような軽め調教となっていました。

今回も勝った2走前というよりは前走に近い状態かなという印象で、ここも前走ぐらい走ってどこまでやれるかと考えた方がいいかもしれません。

追い切り評価「B

ヴァンヤール

この馬は坂路51秒台を安定して出せるようになった名古屋グランプリから、レースでも安定した走りが出来るようになりました。

今回もその例外ではなく最終追い切りで坂路51秒台をマーク。この馬らしい動きが出来ていました。これなら近走ぐらいは問題なく走れるでしょう。

ここに来ての上積みまではないですが、しっかり好調キープです。

追い切り評価「A

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...