▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【スプリングステークス2022】追い切り評価《調教S評価は1頭》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回はスプリングステークスの追い切り診断となります。

それでは早速アサヒから見ていきましょう。

アサヒ【C】

近走は必ず最終追い切りで併せ馬をしていましたが、今回は単走になっています。最終追い切りが単走というのは2着だった新馬戦以来のことになります。馬なり中心の調教内容で、前走から大きく変わった感じはありません。前走同様といったところでしょう。叩き2走目でも上積みは感じません。

この馬は、終いだけを伸ばす調教ばかりをしています。これまでのレースでも終いだけの競馬。速い上がりを使ってどれだけ追い込めるかというのを続けています。おそらくベストはスローからの瞬発力勝負。東京競馬場など、直線の長いコースで末脚を伸ばす形です。今回は中山競馬場ということで、小回り特有の長く脚を使う展開になった時にどうかという疑問が残ります。舞台的にも前走以上ということはなさそうです。

アライバル【B】

前走は単走のみの調教で本来の仕上がりにはないのかなという感じでしたが、今回は1週前、最終としっかり併せ馬をやっています。前走よりは良い状態だと思います。ただ、この馬が一番良いパフォーマンスを発揮した新潟2歳ステークスの時は、終い11.6秒の時計が出ていましたが、今回は一番速くて終い12.0秒になっています。今回は前走よりは上、新潟2歳ステークスよりは下の状態ではないかと思います。

この馬も、終い重点の調教が多い馬です。アサヒと同じでスローからの瞬発力勝負。33秒台の上がりが出るようなレースの方が得意なはずです。中山だった前走が案外な結果だったように、本質的には上がりの掛かる勝負になりやすい、中山は合っていないはずです。ここは持っている能力で、それをどこまでカバーできるかだと思います。

アルナシーム【A】

2歳の頃は、調教でも速い時計を出してビシバシやる馬でしたが、東スポ杯で暴走してからは、あまり速い調教時計は出せなくなっています。身体をしっかり作るというよりは、折り合い面。メンタル重視の調教になっています。今回も終いだけを伸ばす、折り合い重視の調教です。前走は軽め調教すぎて仕上がっていないかなという印象でしたが、叩き2走目になる今回は前走からの上積みを感じます。一度、使っての効果がありそうです。

ただ、依然としてメンタル面の課題はありそうです。今回も折り合い重視の調教で、速い時計を出していないのが、その証拠です。前走よりは良いと思いますが、朝日杯や東スポ杯の時と比べると、下の水準かなと思います。この馬の本格化はメンタル面が落ち着いて、強い調教ができるようになったからでしょう。ここは現状のこの馬でどこまでやれるかです。

【3月最新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

エンギダルマ【A】

最終、1週前とアサマノイタズラと互角の動きが出来ていました。時計も前走以上の水準です。前走からの上積みに期待できる状態だと思います。この馬はデビューから徐々に調教で動くようになってきており、使いつつ力をつけている印象もあります。このメンバーを相手に激走しても何らおかしくないと思います。

オウケンボルト【D】

最終追い切りで坂路51秒台が出ましたが、この馬は元々調教ではよく動く馬です。前走や前々走も今回と同じくらいの全体時計が出ていました。むしろ、前走や前々走より終いの時計は遅くなっています。ここに来ての上積みはあまりなさそうです。個人的には前走より下の状態ではないかと考えています。

グランドライン【B】

この馬は馬場の外側を通って、調教をすることが多かったのですが、今回は内側を通っての調教になっています。前走と同じくらいの時計が出ていますが、時計の価値としては前走の方が上です。割と間隔が空いての出走になるのに、馬なり中心になっているのも気になるところですし、ここは良くても前走同様までかなと思います。

サトノヘリオス【A】

前走は間隔が詰まっての出走だったため、本当に軽い調教でしたが、今回は速い時計を出して、良い動きが出来ていました。前走のようなことはないでしょう。ただ、併せ馬を熱心にしていたエリカ賞の時と比べると、今回は2週前に併せ馬を1本やっただけです。動きは良い動きは出来ていますが、併せ馬の少なさが少し気になるところです。

サノラキ【B】

時計や動きは、ほぼ前走同様といったところです。状態も前走同様ではないかと思います。ここは前走ぐらい走って何着かというレースになりそうです。ただ、調教であまり良い動きをするタイプでないところを見ると、芝よりもダートの方が合っているかなとは思います。

ソリタリオ【A】

前走は最終追い切りのCWで終い11.4秒。併せ馬にも大きく先着するなど、調教の動きは目立っていました。それが今回の最終追い切りは坂路になった上に、併せ馬もしていません。前走ほど絶好の状態にはなさそうです。ただ、坂路での動き自体は悪くないもので、この馬としては良い時計も出ています。前走ほどとはいかないにしても、良い状態に整っています。能力自体は問題なく発揮できる好状態でしょう。

ディオ【A】

ここ最近は併せ馬をしてきませんでしたが、この中間は1週前、2週前に併せ馬をやってきました。1週前には併せ馬を大きく突き放すような動きが出来ており、状態は良さそうです。終いの時計も前走以上のものが並んでおり、前走以上に期待できる状態でしょう。

トーセンヴァンノ【C】

1週前に一杯に追ったにも関わらず、併せ馬で大きく遅れていました。元々そんなに調教で動く馬ではないですが、あの遅れ方は気がかりです。ここまでコンスタントに使っている影響が少なからずあると思います。札幌で連続好走した時のような状態にはありません。

ドーブネ【A】

最終、1週前とCW80秒を切る、速い全体時計をマークしてきました。それでいて、終いまで大きく失速することはありませんでしたし、休み明けながら良い状態に仕上がっていると思います。ただ、CWで80秒を切るほどスピードのある馬ですから、距離延長に関してはあまり歓迎ではないと思います。

ビーアストニッシド【S】

1週前に坂路の自己ベストを大きく更新しました。終いまで大きく失速することもありませんでした。共同通信杯からのローテですが、ハードに追われている点は評価できます。ムチが入ってからの加速には目を見張るものがありますし、状態は非常に高いレベルで安定しています。折り合いの難しさを相変わらずですが、前走のように逃げる競馬ができれば、連続激走も十分にあるでしょう。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...