▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【阪神大賞典2022】追い切り評価《調教S評価は3頭》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は阪神大賞典の追い切り診断となります。

それでは早速ディープボンドから見ていきましょう。

ディープボンド【A】

1週前にCW78.5秒、終い11.6秒の好時計をマーク。併せ馬を大きく突き放すような動きが出来ており、いきなりから走れる状態に整っています。ただ、去年は一度、中山金杯を使ったにも関わらず、最終追い切りまでビッチリやる内容でしたが、今年の最終追い切りは終い重点になっています。去年はあくまでチャレンジャーとしてのメイチ仕上げでしたが、今年は次を見据えての余力残しです。去年ほど絶好の状態になさそうです。あくまで休み明けとしては良い仕上がりという感じまでに留まります。

この馬の最終追い切りを見ると、とても終い11.4秒も出ているようには見えない、あまりスピード感のない動きをしています。大飛びの走り方で脚の回転が遅いため、あまり速いようには見えないのです。これが、まさにステイヤーの証拠です。スピードが問われるようなレースになると足運びが遅い分、他の馬に遅れを取ってしまいますが、我慢比べのレースでは、一歩を大きく取るこの走り方のおかげで、最後まで脚が上がりにくいのです。この馬は、生粋のスタミナ馬と見て間違いありません。

マカオンドール【A】

この馬は1週前は終い重点でしたが、最終追い切りはテンから飛ばして、終いにどれだけ粘り込めるかという調教をしてきました。さらに、ここ最近は坂路中心とした調教ばかりでしたが、今回はCW長めにビッチリやる調教を数多く行っています。長距離仕様にシッカリと仕上げてきています。1週前、最終ともに時計上々でしたし、状態面に関しても良いのではないかと思います。

ただ、この馬は生粋のステイヤーという感じではありません。ディープボンドとは違って、1週前に終い11.5秒を出した時は、時計以上に良いなと思わせるような動きで、スピード感がありました。全体時計が速いので仕方ないですが、最終追い切りでは少しバテ気味になっていましたし、あまり長く脚を使えるという感じはしません。あくまで長距離もこなせる中距離馬のような気がします。本当の我慢比べでは少し分が悪いと思います。

ユーキャンスマイル【B】

去年はワールドプレミア、アドマイヤビルゴ、ルペルカーリアというメンバーを相手に併せ馬で先着していましたが、今年はヒートオンビートにあっさり併せ馬で遅れました。最終追い切りもポリトラックになるなど、去年のような状態にはないかなと思います。今のこの馬としてはマズマズぐらいかと思いますが、徐々に衰えてきているのは否めません。

この馬も生粋のステイヤーではなく、長距離もこなせる中距離馬という感じがします。1週前に速い全体時計を出した時は、脚が上がっていましたし、最終追い切りのポリトラックでは終い10.8秒が出ました。そこまで長く脚を使えるわけではなく、スピードもマズマズあります。生粋のステイヤーではありません。

【3月最新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

アイアンバローズ【S】

ここ最近は坂路調教ばかりでしたが、今回はCW長めが中心になっています。長距離戦仕様の仕上げです。CWで終い11秒台前半、坂路で終い12.5秒を切る時計が出ている時に好走傾向で、今回はそのどちらもクリアしてます。長距離戦仕様の仕上げと相まって、前走からの連続好走も十分にあり得ます。調教からは文句なしです。

アドマイヤアルバ【C】

1週前、最終と良い時計は出ていますが、4走前のアルゼンチン共和国杯や3走前のステイヤーズステークスと同じくらいの水準です。近走から大きく変わった感じはありません。ここも近走同様。前走ぐらいでどんな競馬ができるかだと思います。

キングオブドラゴン【A】

中1週での出走ですが、坂路の併せ馬をこなすなど、調教の手を緩めることなく調整できています。時計も前走より少し上ぐらいの水準で、前走以上があってもいいなと思うぐらいです。ここはシッカリ好調キープ。前走より少し上ぐらいまで期待できるかもしれません。

ゴースト【A】

1週前にCW80秒を切るような時計を出して、最終追い切りの坂路でも併せ馬に楽々先着の内容でした。しっかり好調キープという感じでしょう。前走こそ案外な結果に終わりましたが、2走前ぐらいは走れる状態だと思います。

サンアップルトン【D】

最終、1週前ともに一杯に追って、なんとか併せ馬に食らいついたという感じでした。アルゼンチン共和国杯で3着した時は、もっと調教で良い動きを見せていました。間隔が空いた影響がありそうです。あくまで休み明けという仕上げで、ここを一度使ってからではないかと思います。

シルヴァーソニック【S】

前走や前々走は併せ馬に遅れていましたが、今回は併せ馬で一度も遅れていませんでした。ボッケリーニなど、調教でよく動く馬を相手にも先着するなど、動きはかなり良かったです。調子は間違いなく上がってきています。前走や前々走以上の走りができる状態でしょう。

シロニイ【A】

前走は中間にやった、すべての併せ馬で遅れるなど、本来の状態にはないのかなという感じでしたが、今回は食らいついていくことが出来ていました。仕上がりとしては3走前の古都ステークスぐらいではないかと思います。この馬としては良さそうな状態です。

ダンビュライト【B】

2021年の京都記念で3着した時は、馬なりで終いまで大きくバテずに走ることが出来ていましたが、今回は強め、一杯に追って、なんとか粘り込んだという感じです。去年の今頃のような状態にはありません。ここは、あくまで近走同様ではないかと思います。

トーセンカンビーナ【B】

割と間隔が詰まっての出走になるせいか、今回は軽めの調教のみになっています。前走が併せ馬をこなして、終いも11秒台でまとめるなど、この馬としてはハードな調教だっただけに、ここはどうでしょうか。良くても前走同様までではないかと思います。前走以上はなさそうです。

マンオブスピリット【S】

やや間隔が空いての出走になりますが、今回はかなり入念に乗り込まれており、この中間はCW長めからの併せ馬を8本もやっています。その甲斐もあって、1週前、最終追い切りでは終い11.5秒前後の時計が出ており、しっかり仕上がっていると思います。調教過程に文句のつけようがありません。ディープボンドと同じく、時計ほど速く見せない動きをする馬で、長距離適性も高いのではないかと思います。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...