▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【関屋記念2022】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は関屋記念の追い切り診断となります。

それでは早速イルーシヴパンサーから見ていきましょう。

イルーシヴパンサー【B】

1週前に強めの併せ馬をして、最終追い切りもマズマズ速い時計を出してきました。夏にしてはシッカリとやっています。ただ、動きは中々まっすぐ走ってくれない上に、エンジンが掛かるまで時間が掛かっていた印象です。相変わらず乗り難しそうな馬です。

前走との比較で、少しエンジンが遅くなっているかなという感じで、前走ほど絶好の仕上がりにはないかなと思います。調教をここまでシッカリやっているのも、少し仕上がり面に不安があるからのように見えます。状態は前走が絶好調だとすると、今回は普通ぐらいかなと思います。

ここは、多少の余裕残しという感じで、馬の能力だけでどこまで勝負に持ち込めるかだと思います。

ダノンザキッド【A】

1週前、2週前と坂路51秒台をマークし、最終追い切りは軽めに流す程度となりました。最終追い切りも遅い時計の中でリラックスした走りができており、心身ともに状態は高いレベルにありそうです。同じ前哨戦の中山記念と比べると間違いなく状態は良さそうで、G1だった前走と比較しても遜色ないでしょう。

この馬は、中山記念までは中距離も使うことを見越してか、CWで長めにやる調教が中心でしたが、前走から坂路のみに切り替えています。数々の短距離名馬を育てた安田厩舎らしい調教が出来ています。安田厩舎の得意な調教パターン、マイル路線一本に絞った仕上げに切り替えたということを考えても、ここは上積みが見込めそうです。

スカイグルーヴ【B】

2走前の京都牝馬ステークスの時なんかは一杯に追って、なんとか併せ馬に食らいつくような、あまり目立たない動きでした。それでいてレースに行けば、キッチリと走るのですから、調教ではあまり走らないタイプでした。

それが今回の調教では走る気満々という感じで、併せ馬も一番良い手応えで回ってきて、折り合いに苦労するほどの前進気勢を見せていました。

これが状態的に良いという見方も、もちろんあるとは思いますが、個人的にはあまり良くない兆候だと見ていて、この血統らしい気性難が出来たように見ています。今回は1400メートルからの距離延長ですから、さらに厳しいように感じました。

良くも悪くも馬が変わってきている印象で、これが吉と出るか凶と出るか次第になるでしょう。

【3月最新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

ウインカーネリアン【B】

前走は最終追い切りが終い11.1秒、1週前も終い11.4秒で、まさに絶好調という感じの動きでしたが、今回の最終追い切りでは終い11.8秒までになっています。調教の負荷も、前走と比べると少し軽いかなという感じ、前走以上まではなさそうです。ここは良くて前走同様までだと思います。

エアファンディタ【C】

この馬が良い結果の出ている時は、1週前に併せ馬をして先着するという共通点があります。近走では3走前の洛陽ステークス、5走前の元町ステークスなどが、これに該当していました。今回の1週前はそもそも併せ馬をしておらず単走になっています。これは2走前のマイラーズカップの時と同じで、あまり状態が良いとは思えません。

エンデュミオン【A】

この馬は元々あまり調教では動かないタイプですが、ここ最近はCWのラスト3ハロンで37秒を切る時計が増えてきています。今回も37秒を切る時計をマークしており、この馬なりの充実ぶりが伺えます。ここで能力的に足りるかは分かりませんが、状態自体は良さそうです。

ゴールデンシロップ【C】

この馬は元々調教では良く動く馬で、休む前は終い11秒台前半を連発していたほどです。今回は間隔が空いての出走ということもあり、終い11秒台後半までになっており、休み明けの影響が多少なりともあると思います。一度使ってからになりそうです。

ザダル【B】

前走は結果こそ出なかったものの、終い11.0秒をマークするなど、調教の動きはかなり良かったです。今回も1週前に併せ馬を大きく突き放す動きを披露するなど、調教の動きは引き続き良さそうで、前走同様の状態といったところでしょう。

シュリ【A】

1週前に坂路51.0秒。2週前に坂路50.8秒。最終追い切りは全体時計こそ控えめですが、終いに11秒台が出ており、この中間はかなり調教で動いています。元々調教では動く馬ですが、今回はいつも以上に動いている印象です。状態は良さそうで、近走との比較でも上の状態でしょう。あとは能力的にどうかです。

ディヴィーナ【S】

1週前にCW80秒を切る好時計をマークしました。条件戦時代は坂路で馬なりばかり。遅い時計ばかりでしたが、前走からCWで速い時計が出るようになっています。徐々に力をつけているのは一目瞭然で、状態としても上向きでしょう。やや間隔が空いての出走ですが、ここはいきなりからチャンスがあって良い好仕上がりです。

ピースワンバラディ【B】

南Wが自動計測になってから、初めての追い切りになるため、過去との時計比較などはできないのですが、主観的な動きを見た感じでは、ここに出走するザダルと互角程度の動きは出来ており、決して悪くない感じに仕上がっているかなと思います。能力自体は出せそうな仕上がりです。

リアアメリア【A】

この馬が大敗した府中牝馬ステークスの時は、CWで終い12.5秒程度になるなど、明らかにおかしい感じがありましたが、今回は最終、1週前ともに終い11秒台前半でまとめています。2走前のようなことはないはずで、前走同様の好状態です。能力的に足りるかは微妙ですが、この馬の持てる能力は出し切ってくれるはずです。

レッドライデン【C】

最終追い切りは遅い時計での調教でしたが、折り合いをつけるのに、かなり苦労している様子でした。体調どうこう以前に、気性的にかなり難しくなっている印象です。この状態で能力を出し切るのは難しいのではないかと思います。

ワールドバローズ【C】

最終、1週前ともに一杯に追われていました。一杯に追われたのに、併せ馬に劣勢の手応えで、動きがやや重い感じを受けます。調教本数も少なく、やや急仕上げ気味の印象です。個人的には一度使ってからではないかと見ています。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...