▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【ローズステークス2022】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回はローズステークスの追い切り診断となります。

それでは早速アートハウスから見ていきましょう。

アートハウス【S】

この馬が勝っている忘れな草賞、新馬戦の時は最終、1週前ともにCWで追い切りをしていましたが、大敗したオークスやエリカ賞の時は最終追い切りが坂路、芝などを使って軽めのものになっていました。中内田厩舎らしく最終追い切りまでキッチリやっている時に好走する傾向にあります。

今回は最終、1週前ともにCWでの調教で、この馬が良かった時のパターンを踏んでいます。1週前には終い11秒フラットをマークしながら、併せ馬を大きく突き放す動きが出来ていましたし、仕上がりは申し分ないでしょう。休み明けの中内田厩舎らしく、いきなりから能力全開ではないかと思います。

サリエラ【B】

やや間隔が空いての出走になりましたが、調教本数が4本のみと少なくなっています。前走や新馬戦などは厩舎でもシッカリ乗り込んでいただけに、これは少し気がかりです。動き自体はマズマズだと思いますが、いきなり能力全開の仕上げではないでしょう。陣営としては、これぐらいの仕上げでも好勝負はできると見ていて、次の秋華賞も、ある程度見据えた仕上げだと思います。

この馬の調教を見ると、いつも反応が少し鈍いです。今回もエンジンを掛けるために、少しプッシュするシーンがあり、いかにも本格化手前という感じです。現状ではエンジンが掛かるのに少し時間が掛かりそうです。姉のサラキアと同じく、後ろから行って差し届かないというシーンも十分に考えられます。この馬は古馬になってからが本番という中で、どこまで勝負になるかです。

セントカメリア【A】

元々あまり調教では動かないタイプなのですが、最終追い切りでは坂路51.4秒をマークし、自己ベストを更新していました。1週前には終い重点の調教で、終い最速をマークするなど、高野厩舎らしい調教も出来ています。マイルから中距離に、距離を伸ばしてから勝ち負けを続けていますが、今回もそれらと遜色ない状態です。状態は高いレベルで安定です。

ただ、元々調教であまり動かないこと。中距離に伸ばしてから成績が一変したことから分かるように、この馬の武器はスピードよりもスタミナにあります。勝った未勝利、1勝クラスが重馬場。負けた前走は良馬場だったことからも、それは明らかです。開幕前半のキレイな馬場で、スピード勝負になりやすいのはマイナス材料になりそうです。状態は良いと思いますが適性面に少し不安が残ります。

エグランタイン【B】

最終、1週前と終い重点の併せ馬をして、日曜にも一杯に追って終い10.9秒をマークするなど、この中間はかなりハードにやっています。これがどう出るかといったところですが、2走前はこの調教パターンで負けています。その一方で最終、1週前だけシッカリやる、常識的な調教をした前走や3走前は勝っているだけに、あまり良い調教パターンとはいえません。動きは良いですが、ハードにやっているのはどうでしょうか。

パーソナルハイ【B】

ここに出走するラリュエルと併せ馬をしましたが、一杯に追ってなんとか食らいついたという動きでした。最終追い切りも桜花賞や、同じ休み明けだったフラワーカップと比べてと目立たない動きになっています。あくまで休み明け。前哨戦という感じの仕上げでしょう。フラワーカップより少し下ぐらいの状態だと思います。

ヒヅルジョウ【B】

前走は最終追い切りで併せ馬を大きく突き放す動きが出来ていました。それが今回は終始併せ馬と併せたままです。間隔が詰まっていることもあり、大幅な上積みまではどうでしょうか。状態は前走同様までだと思います。あまり調教で動かないタイプで、スタミナ型っぽいところもありますし、適性的にも少し疑問が残ります。

ブルトンクール【B】

元々あまり調教では速い時計を出せないタイプです。今回も目立った時計はありませんが、いつも通りという感じです。ここに来てグッと良くなった感じまではないですが、最終追い切りの併せ馬にも遅れていませんし、決して悪くない状態でしょう。前走同様です。

ベリーヴィーナス【B】

1週前にCW80秒を切る時計をマークし、併せ馬にも先着していました。最終追い切りも併せ馬に先着で、調教では良く動けています。元々調教で動く馬なので、大きく変わった感じまではないですが、未勝利戦を勝ったぐらいの状態にはありそうです。

マイシンフォニー【B】

この馬は気難しいところもある馬で、気性的にどうしてもないから1400メートルのフィリーズレビューを使ったこともあるほどです。今回の調教でも終始引っかかり気味になっており、気性の難しさを相変わらずです。精神的に成長してからが本番だと思いますが、前走ぐらいは走れて良い状態かなと思います。

ミナモトフェイス【A】

1週前に一杯に追われる併せ馬を尻目に、この馬は楽々と先着することが出来ていました。最終追い切り、日曜日の追い切りでも坂路で終い最速をマークしており、この馬なりに状態は良さそうです。ちょうどこの時期に本格化したキタサンブラックの産駒ということもあってか、月日を重ねるごとに調教の動きが良くなってきていますし、ここは近走でも一番の走りができていいいかもしれません。

メモリーレゾン【S】

やや間隔が空いての出走ですが、この中間はかなりの調教をこなしてきています。その甲斐もあって1週前に終い11秒フラットをマークし、併せ馬にも楽々と先着できていました。この馬も右肩上がりに調教の動きが良くなっており成長を感じさせる1頭です。ここは近走最大の状態でしょう。秋華賞への権利を取るためにシッカリ仕上げてきた感じもありますし、一発があっても何ら不思議ないと思います。

ラリュエル【B】

1週前にパーソナルハイが一杯に追われる中、この馬は馬なりで楽々と併せることが出来ていました。元々あのステイフーリッシュを置き去りにするなど、調教では良く動く馬ですが、今回も良く動けています。調教本数がやや少ないのが気がかりですが、今回はクイーンカップぐらいは走れる状態かと思います。

ルージュリナージュ【B】

全体時計を抑えめにして、終いだけを伸ばす調教をしています。この馬はいつも全体時計はこんなものですが、全体時計が遅いことは気にしなくて大丈夫でしょう。良くも悪くもいつも通りという感じで、近走同様の走りはできる状態でしょう。

ロマンシングブルー【A】

最終追い切りは併せ馬にこそ遅れたものの、坂路51.9秒をマークし、自己ベストを更新しました。1週前は併せ馬を大きく突き放す動きが出来ていましたし、最終追い切りはこの馬が駄目だったというより、併せ馬が動きすぎたのでしょう。1週前の動きや最終追い切りの時計は優秀ですし、前走から上積みがあってもおかしくありません。能力的に足りるかどうかは別にして、状態は上昇気配ではないかと思います。

ヴァンルーラー【B】

最終、1週前ともに坂路で目立たない時計になっていますが、この馬は坂路だといつもこんなものです。もう少し坂路で良い動きが出来るようになってからが本番だと思いますが、前走ぐらいの走りは問題なくできる状態です。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...