【桜花賞2024】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは、アギョウです!

今回は桜花賞の追い切り診断となります。

それでは早速アスコリピチェーノから見ていきましょう。

▼当ブログ実績▼

アスコリピチェーノ

最終追い切りで一杯に追われる併せ馬を尻目に、こちらは余裕のある手応えで回ってくることが出来ていました。

ただ1週前追い切りではルージュエヴァイユに劣勢の手応え。ルージュエヴァイユが大阪杯で好走したように、向こうが良かったと言えばそれまでですが、個人的には互角程度の動きはして欲しかったところです。

前走はCW80秒を切る時計を出して併せ馬に楽々先着するなど、まさに絶好の仕上がりだったでしたが、それと比べると少し見劣ります。ここは前走より下。新潟2歳ステークスよりは上ぐらいの状態です。

追い切り評価「A

クイーンズウォーク

最終1週前ともに併せ馬で遅れていましたが、実際の動きを見るとあえて併せ馬の後ろで我慢させたという感じの調教になっており、どちらも手応え自体はこの馬の方が優勢のものでした。併せ馬に遅れたこと自体はそこまで気にしなくて大丈夫です。

ただあえて併せ馬で後ろで我慢させるなど、この中間の調整を見るとあくまで目標はオークスかなといった印象で、少し余裕のある仕上げになっています。

状態は悪くありませんが、ここでメイチという感じまではしません。前走と同じくらいの状態かなと思います。

追い切り評価「A

ステレンボッシュ

この馬は好走した前走も強めに追って終い12秒台になるなど、元々あまり調教では動かないタイプですが、この中間は一杯に追われるハヤヤッコを突き放す動きを見せ、最終追い切りも楽な手応えで終い11秒台と、この馬としては良い動きが出来ています。

久々で仕上がり微妙どころか、今回は休んでいる間の成長に期待できそうです。いきなりから前走以上があっても不思議ありません。この馬としては良い状態に仕上がっているでしょう。

追い切り評価「A

イフェイオン

前走は1週前追い切りで併せ馬を突き放す動きが出来ていましたが、今回は一杯に追ってなんとか先着したという感じになっていました。

調教本数も前走が中8週で6本。今回が中12週で5本と少なくなっているのも気がかりで、調教過程や1週前の動きなんかを見ると、ここは良くて前走同様。前走より下があっても不思議ない状態かなと思います。

追い切り評価「B

エトヴプレ

最終追い切りで強めに追いましたが併せ馬で遅れていました。この時は舌を出しながら走るなど、明らかに集中力を欠いている様子でした。

前走はしっかり併せ馬に先着。集中した走りが出来ていただけに、これはどうでしょうか。追い切りから高評価することはできません。

追い切り評価「B

キャットファイト

1週前に南W3ハロン36秒台。併せ馬にも先着する動きが出来ていました。最終追い切りは全体時計こそ遅めですが、ゴールに向かって加速していくラップは踏めていました。

間隔が詰まっての出走ですが、前走ぐらいは走れていいかなと思います。

追い切り評価「A

コラソンビート

前走は休み明けにも関わらず、速い時計は最終追い切り1本のみという明らかな叩き台仕上げでした。

それが今回は最終1週前ともにCW80秒を切る速い時計を連発。1週前なんかは皐月賞に出走するシンエンペラー相手に楽々先着する動きを見せるなど、前走とは調教の段階から違います。

まさにここへ向けて準備万端。万全の仕上がりと言っていいでしょう。

追い切り評価S

シカゴスティング

2歳の頃は坂路CWを併用して負荷の高い調教をしていましたが、3歳になってからは坂路でしか出来なくなっています。

今回の1週前追い切りを見ても、強めに追って3歳未勝利馬相手になんとか先着したという動きで、この馬としては少し物足りない印象を受けました。2歳の時ほど良い状態にはないかなと思います。

追い切り評価「B

ショウナンマヌエラ

この馬で良い結果だった新潟2歳ステークスの時は日曜日の坂路で併せ馬に先着していましたが、微妙な結果に終わった前走や前々走は併せ馬で併入までになっていました。

今回も前走と同じく併入までになっており、新潟2歳ステークスというより前走に近い状態です。

追い切り評価「B

スウィープフィート

1週前に一杯に追いましたが併せ馬で遅れていました。併せ馬で遅れるというのはデビュー以来、今回が初めてになります。

前走が終い11秒台を出して併せ馬を突き放すなど良い動きが出来ていただけに、これは少し気がかりです。

ここは良くて前走同様まで。個人的には前走より下があっても不思議ないと見ています。

追い切り評価「B

セキトバイースト

1週前のCWで不良馬場を物ともせず自己ベスト更新。間隔が詰まっているからと言って緩めるようなことはなく、キッチリ攻めた調教をしてきました。

前走からデキ落ちということはなさそうで、今回もしっかり好調キープでしょう。

追い切り評価「A

セシリエプラージュ

最終追い切りの坂路で自己ベスト更新。1週前も一杯に追われる併せ馬を尻目に、余裕を持った手応えで坂路を駆け上がってくることが出来ていました。

前走の最終追い切りは併せ馬で遅れていただけに、これは前走以上があっても不思議ありません。間隔が詰まってデキ落ちどころか前走より状態は良さそうで、ここへ向けての仕上がりとしては申し分ありません。

追い切り評価S

チェルヴィニア

美浦所属馬ですがこの中間は栗東で調整しました。これまで栗東で調整したことがないので過去との比較は出来ませんが、最終1週前ともに併せ馬にシッカリ先着するなど、悪くない動きになっていました。

この中間の調整を見ると、やや余裕のある仕上げで次のオークスもある程度の見据えた仕上げかなという感じもしますが、今回も前走ぐらいは走れてよさそうです。

追い切り評価「A

テウメッサ

この馬も美浦所属馬ですがこの中間は栗東で調整しました。これまでと時計などの比較は出来ませんが、これまで必ずやっていた併せ馬を、この中間はやっていません。

近走は使い詰めということもあって仕方ないですが、流石に前走以上ということはなさそうです。ここは良くて前走同様と見ています。

追い切り評価「B

ハワイアンティアレ

1週前に坂路の自己ベスト更新。最終追い切りではCWの自己ベスト更新しました。前走は15番人気からの激走でしたが、それもマグレでない充実ぶりを見せています。

今回もこの馬としてはかなり良い状態にありそうです。ここでは能力的に足りるかどうかだけになるでしょう。

追い切り評価「A

マスクオールウィン

前走は年末年始の調整が難しい時期でも1週前、日曜、最終追い切りと乗り込んで、かなり丁寧な仕上げとなっていましたが、今回は最終追い切りと1週前追い切りだけで仕上がる普通の形に戻っています。

動き自体はマズマズですが調整過程なんかを見ると、ここは良くて前走同様まで。前走以上を臨むのは難しいかなと思います。

追い切り評価「B

ライトバック

最終1週前ともに併せ馬を置き去りにする動きを見せていました。少し頭の高い走りで、完成度という意味では少し見劣る感じもありますが、この馬としては悪くない状態です。

能力的に足りるかどうかは別にして、今回も前走ぐらいは問題なく走れそうな状態です。しっかり好調キープでしょう。

追い切り評価「A

ワイドラトゥール

2走前の紅梅ステークスや新馬戦。この馬が勝っている時は坂路で終い11秒台。それに対して大敗している時はどちらも終い12秒台になっていました。

今回は最終追い切りこそCWですが、中間の坂路では終い12秒台が精々となっており、勝っている時より大敗している時の方に近い状態かなと思います。ここは前走と同じくらいまでになりそうです。

追い切り評価「B

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...