▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【桜花賞2022】自信の本命!過去データ、追い切りなどを総合した最終結論!

最終結論

皆さんこんにちは。アギョウです。

◎アルーリングウェイ
・坂路、CWで自己ベスト更新
・高速馬場=デビュー1400以下◎
・スピード勝負に強い藤岡厩舎

ここからは詳細な推奨理由を解説させてもらいます。

【3月最新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる!資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

①坂路、CWで自己ベスト更新

この馬は1週前に坂路、最終追い切りでCWの自己ベストを更新しました。元々、調教でよく動く馬ではありますが、今回は特に良かったです。

というのも、これまでの最終追い切りは一貫して、一杯に追ってから併せ馬を突き放すような動きでしたが、今回は軽く仕掛けただけで、併せ馬を置き去りにしていました。

1週前の坂路でも仕掛けられると、即座に手前を変えて、伸びていくような動きが出来ていました。

時計や動きは申し分なく、状態は間違いなく良いと思います。

②高速馬場=デビュー1400以下◎

勝ちタイムが1分34秒より速い桜花賞では、デビュー1400メートル以下だった馬たちが激走傾向にあります。上の表は勝ち馬のタイムが1分33秒9以下だった年に6番人気以下から馬券になった馬たちです。

今年の桜花賞は、雨の心配が一切なく、パンパンの良馬場で行われるということで、速いタイムでの決着。高速馬場での勝負が予想されます。

土曜に行われた3歳の阪神芝1200で1分8秒3というタイムが出ており、これは超高速馬場だった去年の1分8秒4を上回っています。同舞台の阪神牝馬ステークスも1分32秒8の勝ちタイム。去年と同じくらい時計の速い馬場状態です。

今年の桜花賞も1分33秒台は間違いなく出るはずで、ペース次第では1分32秒台。1分31秒台に突入する可能性すらあります。高速馬場で間違いありません。

そんな高速馬場になった時に有利になるのがスピードのある馬。陣営がデビュー戦を1400メートル以下したくなるような馬です。去年のファインルージュや2016年のアットザシーサイドを始めとして、マイルより短い距離を使っていた馬が5頭。マイル以上のデビューだった馬が3頭という割合で、高速決着の桜花賞で激走していますが、出走馬の比率を考えれば、マイルより短い距離でデビューした馬の激走率は、かなり高いです。

今年、デビュー戦で1400メートル以下を使った馬。陣営からスピードが武器だと思われているような馬はカフジテトラゴン、アルーリングウェイ、ピンハイ、ウォーターナビレラ、ラブリイユアアイズ、ラズベリームース。この6頭しかいません。高速決着なら、この中から激走する馬が出てくるのではないかと思います。

③スピード勝負に強い藤岡厩舎

調教師 着別度数 勝率 連対率 複勝率
(美)国枝栄 2- 1- 0- 4/ 7 28.6% 42.9% 42.9%
(栗)松田博資 2- 0- 1- 3/ 6 33.3% 33.3% 50.0%
(美)藤沢和雄 2- 0- 0- 3/ 5 40.0% 40.0% 40.0%
(栗)藤岡健一 1- 1- 1- 4/ 7 14.3% 28.6% 42.9%
(栗)須貝尚介 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%

また、高速決着の桜花賞。阪神マイルでは藤岡厩舎の好走率が高くなっています。上の表は勝ち馬のタイムが1分33秒9以下だった年に調教師別の成績です。

高速決着の桜花賞で最も馬券絡みしているのが国枝厩舎、藤岡厩舎、すでに引退している松博厩舎の3回です。それに続いて今年引退した藤沢先生、須貝先生となります。

国枝厩舎は、流石牝馬の国枝という感じで、高速馬場や道悪を問わず、どの場面でも高い好走数を誇っています。その一方で高速馬場。時計の速い決着になった時に激走傾向にあるのが藤岡厩舎です。

藤岡厩舎の看板馬ジャックドールもそうですが、藤岡厩舎の馬は時計の速い決着に強い傾向にあります。おそらく速い時計を出しまくるスピード調教が、高速決着に強い馬を育て上げるのではないかと思います。

調教師 着別度数 勝率 連対率 複勝率
(美)藤沢和雄 4- 0- 2- 2/ 8 50.0% 50.0% 75.0%
(美)国枝栄 2- 3- 1- 2/ 8 25.0% 62.5% 75.0%
(栗)安達昭夫 1- 1- 2- 2/ 6 16.7% 33.3% 66.7%
(栗)松田博資 2- 1- 0- 3/ 6 33.3% 50.0% 50.0%
(美)手塚貴久 1- 2- 1- 4/ 8 12.5% 37.5% 50.0%
(栗)大久保龍 2- 1- 2- 6/11 18.2% 27.3% 45.5%
(栗)藤岡健一 1- 2- 2- 6/11 9.1% 27.3% 45.5%

参考までに桜花賞だけでなく、阪神芝1600の牝馬で勝ちタイムが1分33秒9以下だった時の成績上位の厩舎も見ておくと、やはり国枝厩舎。藤岡厩舎の名前があります。

国枝厩舎はサークルオブライフ。藤岡厩舎はアールリングウェイ。この2頭は時計の速い決着になっても問題ない育成が施されているでしょう。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...

まとめ

これまで目立つ末脚を使ったわけでなく、そこまで着差をつけるレースをしていないため、地味な存在ですが、調教の動きを見る限り、持っている素質は非凡ですし、高速馬場を味方に激走してくれるのではないかと思います。

桜花賞、自信の本命はアルーリングウェイです!

対抗以下の印、買い目については「月額3980円」もしくは「有料500円」での提供になります。

過去8ヶ月で6度の月間回収率100%超えです!ご協力いただける方がいれば、ぜひ宜しくお願いします。

▼対抗以下の印や買い目は、こちらです▼