2019年競馬予想記事

【桜花賞2019】過去データ・傾向

更新日:

今回は桜花賞過去データ分析となります。

今週末は阪神競馬場にて桜花賞が行われます。さぁついにクラシック戦線が幕を開けました。まずは乙女たちの一戦、桜花賞ということなのですが、昨年のアーモンドアイの快勝はまだ記憶に新しいですよね。そのアーモンドアイは一気にスターダムを駆け上がり、先日はドバイターフも勝って見せました。今年はアーモンドアイのような怪物牝馬は出てくるのでしょうか。現在4連勝中のダノンファンタジー、そのダノンファンタジーを唯一下したグランアレグリア。おそらくこの2強対決が目玉となるでしょう。なんか昨年のラッキーライラックとアーモンドアイを見ているような2強対決ですが、果たして今年はどちらが勝つのか。これまで堅実に駆けてきたダノンファンタジーか。それともまだ底を見せていないグランアレグリアか。はたまたそれら以外の馬なのか。今から非常に楽しみな一戦になりそうです!というわけで桜花賞過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



桜花賞 過去データ分析

今回は過去10年間のデータから人気・枠順・脚質の基本データに加えて、前走着順・前走レース・前走人気・前走馬体重・母父馬データを見ていくことで今回の桜花賞で高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

桜花賞 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 3- 2- 1- 4/ 10
2番人気 3- 4- 0- 3/ 10
3番人気 1- 2- 2- 5/ 10
4番人気 0- 1- 1- 8/ 10
5番人気 1- 0- 2- 7/ 10

1~3番人気で過去10年7勝。この時期の世代重賞らしく人気サイドでの決着が目立ちますね。ここまで前哨戦を一通り済ませてことで、大体の能力関係というのが割れていますから、荒れる余地もさほどないということでしょうね。ただ、この後のオークスとの兼ね合いのせいか、1番人気は2番人気よりも低い複勝率となっています。能力比較が重要な一戦にはなるのですが、その馬にとって本番はこの桜花賞なのか。それともオークスなのか。そこのところも見極めも重要になってくるのではないかと思います。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 1- 1-17/19
2枠 0- 0- 0-19/19
3枠 1- 1- 0-18/20
4枠 2- 2- 0-16/20
5枠 4- 0- 4-12/20
6枠 0- 2- 2-16/20
7枠 2- 2- 2-24/30
8枠 1- 2- 1-26/30

これは外枠の好走が目立つといっていいでしょう。阪神開催も後半。内側の馬場は荒れてきており、インは伸びない傾向にあります。馬番で見てみるとその傾向がより顕著に出ており、過去5年で馬番10~18番は4勝2着1回。対して馬番1~9番は1勝2着3回という感じですからね。少々のネタバレになってしまうのですが、この後にお話しする脚質データと合わせて、桜花賞は外差しのレースだということを覚えておきましょう。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 1- 0- 8/ 10
先行 2- 2- 1- 31/ 36
中団 2- 3- 6- 74/ 85
後方 5- 4- 3- 35/ 47

ネタバレされてしまった脚質データです。こちらも顕著な傾向が出ていますよね。後方からの馬が過去10年5勝というのは圧倒的です。競馬は基本的に前有利なのですが、それにも関わらず、この傾向。これがどれだけ顕著な傾向なのかはわかってもらえると思います。阪神芝1600メートルは外回りということもあり、最後の直線は長め。先程の枠順データでも話したように、この時期の阪神は馬場が荒れています。直線の長さなども相まって、とても逃げ先行馬が粘り込めるレースになりづらいです。

桜花賞 消去法データ

ここからは消去法データ。今回の桜花賞で過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走着順

前確定着順 着別度数
前走1着 4- 7- 3- 36/ 50
前走2着 3- 0- 2- 33/ 38
前走3着 2- 1- 2- 16/ 21
前走4着 1- 0- 0- 8/ 9
前走5着 0- 0- 1- 8/ 9
前走6~9着 0- 1- 2- 22/ 25
前走10着~ 0- 1- 0- 25/ 26

前走5着以下という馬(シェーングランツ、アウィルアウェイなど)は過去10年で勝ったことがありません。そもそも前走で5着以下になってしまうような馬は能力不足。前哨戦でもしっかり上位争いをしている必要があります。前走で5着以下になってしまうような馬は、ここでは大きな割引が必要でしょう。

前走レース

前走レース名 着別度数
チューリップ賞 7- 4- 6-24/41
エルフィンS 1- 1- 0- 3/ 5
フィリーズR 1- 0- 2-53/56
シンザン記念 1- 0- 0- 0/ 1
クイーンC 0- 2- 0-15/17
フラワーC 0- 1- 1-10/12

前走チューリップ賞・エルフィンステークス・フィリーズレビュー・シンザン記念で過去10年10勝。逆に前走クイーンカップ・フラワーカップ・アネモネステークス・500万条件という馬(クロノジェネシス、ビーチサンバなど)は過去10年で勝ったことがありません。やはりローテーションなどを考えると、先に名前を挙げた4レースというのがベスト。後述したレースというのは間隔が空きすぎているか、詰まりすぎているかのどちらかです。もし前者ならば狙いはオークスであることが多く、桜花賞を叩きとしていることが大半。後者は言わずもがなだと思います。ちなみに、前走朝日杯フューチュリティステークスという馬は前例がないので、ここで消すことはしません。

前走人気

前走人気 着別度数
前走1人気 1- 0- 2- 4/ 7
前走2人気 0- 0- 0- 9/ 9
前走3人気 0- 0- 0- 5/ 5
前走4人気 0- 0- 0- 1/ 1
前走5人気 0- 0- 0- 6/ 6

集計範囲:前走フィリーズレビュー

前走フィリーズレビューで1番人気以外だった馬(プールヴィル、ジュランビルなど)は過去10年で馬券になったことがありません。フィリーズレビューというのはその中途半端な距離から前哨戦としては嫌われる傾向にあり、メンバーレベルが微妙になることがほとんどです。そんな中で1番人気にならないような馬は、そもそも素質的に微妙です。ちなみに今年は1番人気だったアウィルアウェイが5着に敗れてしまっているため、前走着順データで引っかかってしまいます。つまり前走フィリーズレビュー組は全消しで大丈夫ということです。

前走馬体重

前走馬体重 着別度数
400~419kg 0- 1- 0- 7/ 8
420~439kg 0- 4- 1- 33/ 38
440~459kg 2- 0- 4- 49/ 55
460~479kg 6- 2- 4- 36/ 48
480~499kg 2- 3- 1- 20/ 26
500~519kg 0- 0- 0- 0/ 0

前走馬体重439キロ以下という馬(アクアミラビリス、ノーブルスコアなど)は過去10年で勝ったことがありません。阪神競馬場は特徴として挙げられるのが急坂。中山ほどの勾配ではありませんが、前走馬体重439キロ以下の小柄な馬たちにはつらい坂が、最後の直線で待っています。いくら能力の高い馬でも、その急坂で甘くなってしまい勝ち切ることができていません。ここではある程度の馬格を持った馬を重視するべきなのではないでしょうか。

母父馬

母父馬 着別度数
ニアークティック系 6- 3- 3-51/63
ロイヤルチャージャー系 3- 2- 3-35/43
その他のエクリプス系 1- 0- 1- 6/ 8
ネイティヴダンサー系 0- 4- 2-29/35
ナスルーラ系 0- 1- 1-24/26
トゥルビヨン系 0- 0- 0- 2/ 2
マンノウォー系 0- 0- 0- 1/ 1

母父馬がネイティブダンサー系・ナスルーラ系などの馬(ダノンファンタジー、グランアレグリアなど)は過去10年で勝ったことがありません。逆に勝利を独占している二アークティック系・ロイヤルチャージャー系というのは、それぞれ主にノーザンダンサー系・サンデー系です。これらに共通するのは中距離志向の強い血統だということ。桜花賞は馬場が荒れている中で行われるという話しはしましたが、それに伴って距離以上のスタミナというのが要求されます。底力のあるノーザンダンサー系やサンデー系の血が、ここではいいということでしょう。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

データ◎シゲルピンクダイヤ

今回の消去法データで残ったのは1頭。ここは文句なしでこの馬です。ダノンファンタジーやグランアレグリアなどの有力馬がどんどん消えていく中で残ったのはこの馬だけでした。実力的にどうなの?というところはありますが、僕は決して悪くない馬だと思います。チューリップ賞で上り最速。これは桜花賞の好走パターンの一つです。前走チューリップ賞で上り最速だった馬の成績は3‐2‐0‐2。馬券圏外になってしまった2頭はそれぞれミスパンテールとアンドリエッテなのですが、ミスパンテールの時は桜花賞当日が稍重ということで、上り3位以内が一頭も馬券に絡まないという末脚不発の年でした。アンドリエッテの時はチューリップ賞が重での開催。それに対して桜花賞は良での開催でしたから、本番に繋がらない一戦だったわけですね。チューリップ賞が良馬場開催→桜花賞も良馬場開催ならば、なんとチューリップ賞で上り最速だった馬は連対を外していません。シゲルピンクダイヤはダイワメジャー産駒ということで、陣営はここまでマイルにこだわって使ってきました。おそらくオークス度外視で桜花賞がメイチでしょう。どうせ人気もないでしょうし、ここは穴として面白い一頭ということで紹介させてもらいます。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・なし

血統傾向についても、こちらで記事にしましたのでぜひご覧ください!

アギョウ
最終的な予想は中央競馬プレミアムで公開します。ご興味がある方はぜひ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.