▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【桜花賞2022】追い切り評価《調教イチオシは穴馬》

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は桜花賞の追い切り診断となります。

それでは早速ナミュールから見ていきましょう。

ナミュール【A】

前走のチューリップ賞から、しっかり仕上がっていると見ているだけに、ここに来ての上積みまでは微妙です。ここは前走同様。しっかり好調キープまでではないかと思います。

というのも、この馬を管理する高野厩舎は、終いにどれだけ加速したかが重要になります。前走のチューリップ賞では、ラスト2ハロンから1ハロンにかけて0.7秒も加速していました。阪神ジュベナイルフィリーズの時が0.8秒。赤松賞が0.5秒で、新馬戦は0.9秒という感じです。それが今回は0.3秒しかありません。1週前も速い全体時計だったとはいえ、終いに失速しています。先週のレイパパレなんかは、同じ高野厩舎でも、近走最大の加速幅を見せており、叩き2走目の上積みがあると思っていましたが、ナミュールはどうでしょうか。そんなに悪いとは思わないですが、前走以上は厳しいかなと思います。

サークルオブライフ【S】

前走の最終追い切りは、本当に流す程度という感じで、いかにもなトライアル仕上げでしたが、今回は違います。前走は終い12秒台前後でしたが、最終、1週前と終い11秒台前半を連発しています。前走を一度、使っての上積みは間違いありません。今回は叩き2走目の上積みに期待できるでしょう。

前走までのこの馬は併せ馬がいても、そんなに気にする様子がなく、気の抜けた走りをする、いわゆる調教で目立つ動きをしない馬でしたが、今回の最終追い切りでは、併せ馬を自ら抜こうとする前進気勢を見せていました。マイルでスピード負けしないように、馬をピリッとさせてきたなと思います。流石は桜花賞で複数勝利のある国枝厩舎という感じです。桜花賞へ向けて、万全の仕上げでしょう。

ウォーターナビレラ【S】

この馬も、前走の最終追い切りは本当に流す程度という感じでした。サークルオブライフほど露骨ではなかったですが、前走は次に余力を残すトライアル仕上げだったと思います。それが今回は最終追い切りまでビッチリやってきています。この馬も前走からの上積みは間違いありません。

さらに、この馬は去年からの成長著しいです。2歳の頃は坂路調教をすると、いつも終い失速気味になっていたり、併せ馬でアッサリ遅れるのも珍しくない馬でしたが、今年に入ってからは違います。馬がだいぶシッカリしてきた印象で、今回の最終追い切りでは坂路で終い最速。併せ馬でも楽々先着するようになっています。仕上がりはもちろん、成長という観点からも、期待が持てる1頭だと思います。

【3月最新】ノーリスクで今なら「最大102000円」がもらえる。資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

アネゴハダ【A】

最終追い切りで自己ベストを更新。ここを目標にキッチリ仕上げてきたと思います。ただ、これまでは少しでも距離が保つように、折り合い重視。終い重点でやってきたのに、今回になってスプリンターのような調教メニューになったのはどうかなと思います。

アルーリングウェイ【S】

1週前に坂路の自己ベストを更新。最終追い切りではCW終い6ハロンの自己ベストを更新しました。ここへ向けてメイチの仕上げなのは間違いありません。馬も陣営の仕上げに応えるかのように、併せ馬をほぼ馬なりで抜いて、最後に軽く追われると、駄目押しとばかりに置き去りにしています。いつも調教は良い馬ですが、今回は特に良かったと思います。状態の良さはもちろん、素質的にもこのメンバーで通用していいだけのものも秘めているそうな動きです。調教からは文句なしです。

カフジテトラゴン【B】

この馬のベストパフォーマンスと思われる2走前。1勝クラスで2着した時は、坂路52秒台を出しながら、終いも最速で駆け上がっていましたが、今回は坂路52秒台を出した時に失速しています。2走前のような状態にはないかなと思います。ここは良くも悪くも前走同様で、どこまで勝負になるかです。

クロスマジェスティ【C】

関東馬ですが、今回の最終追い切りは栗東で行いました。そのため、これまでとの比較は難しいのですが、この中間は併せ馬を1本もやっていません。栗東滞在での調整が難しいのかなと思います。G1に望むにあたっては、少し心許ない調教内容です。

サブライムアンセム【A】

前走は最終、1週前と負荷をかける一般的な調教内容でしたが、今回は1週前、日曜、最終追い切りと負荷をかけてきました。ここを目標にキッチリ仕上げてきています。前走以上とは言わないですが、しっかり好調キープでしょう。

スターズアンアース【A】

最終追い切りで終い11.2秒をマークしました。今回はいずれの併せ馬でも楽々先着しており、状態は良いと思います。前走の好状態をしっかりキープしています。最終追い切りには栗東から美浦まで、川田騎手が騎乗しにくるなど、陣営の勝負気配の高さも感じます。

ナムラクレア【B】

阪神ジュベナイルフィーズの時は、最終追い切りまで併せ馬をしていましたが、今回は1週前にやっただけになりました。前走から大きく変わった感じはありません。スピードのある馬で、時計や動きが良いのはいつものことです。ここは前走ぐらい走って何着かだと思います。

パーソナルハイ【S】

この馬は強めに追わないと、坂路で失速気味になる馬でしたが、今回は馬なりで終いまで失速しませんでした。休み明けだった前走を一度使っての上積みがありそうです。坂路の動きを見る限り、ここに来ての成長力にも期待できそうですし、これまでで一番のパフォーマンスを発揮してくれるのではないかと思います。

ピンハイ【B】

前走や前々走は併せ馬に先着していましたが、今回は併入までになりました。時計も、前走は終い11秒台が出ていましたが、今回は12秒台になっています。ここは良くて前走同様ぐらいでしょう。G1に望むにあたっては少し心許ない感じがします。

フォラブリューテ【B】

折り合いに難しい気性難の馬ということもあって、今回も折り合い重視。馬なりで終い重点の調教ばかりになっています。良くも悪くも近走同様といった感じです。折り合いの心配をせず、強い調教をできるようになったからが本番だと思いますが、今のこの馬の能力は出せそうです。

プレサージュリフト【B】

この馬は、体質的には弱いところがあるということで、速い時計は出さず、調教本数も少なめになっています。軽め調教しか出来ていません。動き自体は決して悪くありませんが、G1に望むには少し心許ないです。前走や新馬戦と比較しても、そんなに変わった感じはなく、ここは近走同様でどこまで勝負になるかです。

ベルクレスタ【S】

前走や前々走は最終追い切りで併せ馬をしていませんでしたが、今回は併せ馬をしています。この馬が最終追い切りまで併せ馬をしたのは、アルミテスステークスと未勝利戦を勝った時。高いパフォーマンスを発揮した時です。今回はこれだけでなく、火曜日や日曜日にも坂路で時計を出しています。調教メニューとしては、かなりハードなものになっており、目一杯仕上げてきたなと思います。この馬の持てる能力は最大限、発揮できるはずです。

ライラック【C】

前走や新馬戦など、この馬が強い競馬をした時は併せ馬で一度も遅れることはありませんでしたが、今回は2週前追い切り。最終追い切りでも併せ馬に遅れていました。前走というよりは京都2歳ステークスの時に近い状態のはずです。個人的にはどうかなと見ています。

ラズベリームース【B】

前走は最終、1週前、2週前と併せ馬を大きく突き放す動きが出来ていおり、時計も終い11秒台を連発していました。それが今回は前走ほど併せ馬を突き放せておらず、時計も12秒台までになっています。輸送や間隔を考慮して、少し軽めの内容にしたと思うのですが、これはどうでしょうか。ここは良くて前走同様までだと思います。

ラブリユアアイズ【B】

今回はぶっつけ本番での出走になりますが、その割には軽めの調教になっているなという印象です。前走なんかは初の関西遠征で、間隔が詰まっての出走だったのに関わらず、割りと速い全体時計を出していましたが、今回は終い重点ばかりになっています。馬体重の管理が難しい馬ということで、そこら辺で四苦八苦していそうです。状態は万全とまではいかないのではないかと見ています。

まとめ

というわけで、2022年桜花賞の調教イチオシはアルーリングウェイにしたいと思います。1週前に坂路、最終追い切りでCWの自己ベストを更新しました。速い全体時計を出しながら、終いもキッチリ最速でまとめており、状態は良さはもちろん、非凡な素質も伺わせます。個人的には、この馬こそ遅れてきた大器ではないかと見ています。

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...