【日経新春杯2022】追い切り解説!ステラヴェローチェ、ヨーホーレイクの状態はどうか?調教S評価は3頭!

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回は日経新春杯の追い切り診断となります。

それでは、さっそくステラヴェローチェから見ていきましょう。

ステラヴェローチェ【S】

中2週での出走になりますが、この中間は追い切り4本。最終追い切りは併せ馬に失敗したとのことですが、時計自体はシッカリと出しています。中2週だからと言って、調教の手を緩めるようなこともありませんでした。むしろ、今回の最終追い切りは、全体、終いともに前走以上。鋭い動きも出来ていました。しっかり好調キープと見て間違いないでしょう。

どんな競馬場、どんな展開になっても堅実に走っている馬ですが、短い距離の追い切りで目立つ動きをすることを考えると、ベストはおそらくスピード勝負の方でないかと思います。お父さんのバゴというより、ゴスホークケンを出した、お母さんのオーマイベイビーの牝系色が強く出ているような気がします。前走の有馬記念でも良い競馬はしましたが、距離短縮によって、よりスピードが活きる形になれば、前進が見込めるではないかと考えています。

このメンバーで能力的に少し抜けているかなというのは、誰の目にも明らかですし、よほど特殊な展開にならない限りは無難に上位争いしそうな気がします。

ヨーホーレイク【S】

1週前までの段階では、動きが重いかなという感じもありましたが、最終追い切りの動きは素軽く、最後の一追いで仕上がった印象を受けます。休み明けになりますが、これなら何の問題もなく能力は出してくれるでしょう。仕上がりは万全に近いと思います。

この馬は元々、そんなに調教では動かないタイプで、併せ馬に遅れるのも珍しくない馬でした。先程のステラヴェローチェとは逆で、この手のタイプはスピードよりもスタミナ。500キロを超える馬体重も考慮すると、この馬はディープ産駒でもパワー・スタミナが武器である可能性が高いです。スピード勝負になったダービーよりも、冬の中京などに多い、上がりの掛かる展開の方が走れるタイプでしょう。舞台的にベストです。

この馬も人気にはなると思いますが、適性や状態的に嫌う要素は、特に見当たりません。ここでは能力的にどうかだけでしょう。

クラヴェル【A】

やや間隔は空きましたが、坂路でしっかり乗り込み、最終追い切りはCWの併せ馬で仕上げてきました。前走と似ている調教過程、時計になっており、ここも前走ぐらいの走りは出来る状態に整ったと思います。

ただ、この馬が一番良かったと見ている、春から夏頃。上がり最速を連発していた時と比べると、少し物足りない印象を受けます。前走も状態が良かったから好走したというより、展開が向いたことが全てのレース内容に見えました。夏は牝馬という言葉がありますが、この馬はまさにそんな馬だと思います。今回もベストとは行かない中で、どんな競馬ができるかでしょう。

平場の厳選1レース予想を無料公開!簡単な会員登録で誰でも見れます!

404 NOT FOUND | アギョウトレセン

アフリカンゴールド【B】

前走はCW80秒付近の時を連発するなど、今になって振り返ってみれば、状態は良かったかなと思います。今回はCW82秒~83秒が精一杯という感じで、流石に前走以上はなさそうです。ここは2走前や3走前ぐらいで、どれくらいやれるかではないでしょうか。

エフェクトオン【D】

前走は連日、調教で終い11秒台を出すなど、個人的に状態は良かったと見ています。そこから比べると、今回は1週前の動きが少し物足りず、前走のような状態にはないのかなと思います。ここは良くて前走同様まででしょう。

ショウナンバルディ【B】

今回の最終追い切りで坂路51秒台の好時計が出ました。ここ最近、この馬が崩れた新潟記念やケフェウスステークスの時は、中間に速い時計を一本も出さずに凡走してしまった形で、掲示板以内を確保している時は速い時計をシッカリ出していました。今回も前走や4走前。5走前ぐらいの走りは出来る状態でしょう。

ダノンマジェスティ【C】

この中間は坂路51秒台を連発していますが、いずれも終い失速しています。前走なんかは失速しながらも、ラスト2ハロン24秒台で駆け上がってましたが、今回は25秒台。前走よりも失速具合が目立ちます。この馬は良くて前走同様まででしょう。

トップウィナー【B】

併せ馬で遅れましたが、この馬はいつもこんなものです。調教時計はシッカリ出ていますし、この馬なりに悪くない状態ではないかと思います。あとは、このメンバーで能力的に足りるかどうかです。

トラストケンシン【D】

この中間は単走オンリー。いつも軽め調教の馬ですが、いつも以上の軽め調教となりました。この馬が、これまで馬券になっている時は、いずれも中間で併せ馬を行っており、時計が遅いながらもシッカリ負荷が掛けられていました。前走や2走前と比べると、調教の負荷が少し足りないような気がします。

フライライクバード【S】

普段から調教で動く馬ではありますが、今回はいつも以上に動いていた印象です。1週前に併せたヨーホーレイク、ポタジェを突き放す動きが出来ており、最終追い切りも併せ馬に楽々先着。時計や動きは申し分ありません。状態面に関しては万全に近いものがあるでしょう。

プレシャスブルー【D】

この馬が一番、良い状態と思われる夏頃は、南W65秒を切る時計も出ていましたが、今回は比較的、馬場の内側を通ったのに、67秒台が精々といった感じでした。前走と比べても少し落ちるかなという印象で、ここは前走より少し下ぐらいで、どこまで勝負になるかでしょう。

マイネルウィルトス【B】

1週前にCW78.2秒。最終追い切りも坂路でマズマズの時計が出ました。状態は上々でしょう。ここは前走や前々走と同じくらいの状態だと思います。前走はスピード負けした印象ですから、上がりの掛かる展開なれば、巻き返しがあっていいはずです。

マイネルフラップ【B】

1週前にCWで好時計をマークしました。この馬なりに悪くない状態でしょう。ただ、ここ最近は調教で動いても大敗が続いており、このクラスでは能力的に厳しいかなという印象です。ここは能力面が鍵になるでしょう。

モズナガレボシ【C】

目立った時計は出ていませんが、この馬はいつもこんなもの。あまり調教では走らないタイプです。やや判断に難しいところはありますが、良くも悪くも近走同様といった感じです。この馬も調教で目立たない馬らしく、スタミナ勝負になればといった感じでしょう。

ヤシャマル【D】

3連勝していた時は、坂路と南Wを併用する調教内容でしたが、今回は坂路オンリー。この馬は坂路オンリーの調教では一度も勝ったことがありません。1週前追い切りも重馬場だったとはいえ、終い14.2秒は失速しすぎな感じもしますから、状態的には微妙なのかなと見ています。

ロードマイウェイ【A】

この馬は坂路中心だった調教を、CWオンリーに切り替えてきました。1月4日の追い切りは、全体80.6秒をマークしながら、終いも11.3秒。ここ最近の中では一番、動いていました。この馬の一変があるなら、ここのような気がします。穴ならこの馬でしょう。

今なら1500円もらえる「みんなの銀行」。僕も紹介料として1500円もらえるので、ぜひ登録してください!
【今なら1500円もらえる】みんなの銀行の口座開設手順。みんなの銀行は怪しいのか?【紹介コードあり】
...