【弥生賞2024】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは、アギョウです!

今回は弥生賞の追い切り診断となります。

それでは早速シンエンペラーから見ていきましょう。

▼当ブログ実績▼

シンエンペラー

G1だった前走は最終1週前ともにCWで併せ馬。速めの時計を出して併せ馬にも先着するなど、しっかりした調教をこなしていました。それが今回は1週前追い切りは軽く流す程度。土曜日にCWで速い時計を出したぐらいで、最終追い切りも坂路で終い重点のものになっています。前走はやっていたCWでの併せ馬をこの中間は全くやっていません。

前走より上の状態ということはなさそうで、あくまで叩き台という感じの仕上げです。このくらいの仕上がりでも強いからという理由だけで好走してしまうかもしれませんが、3強の中で崩れるとすればこの馬になりそうだなと見ています。

追い切り評価「B

トロヴァトーレ

最終追い切りで南W79.5秒の好時計をマーク。自己ベストを更新しました。1週前追い切りでは楽々併せ馬に先着するなど、この馬なりに良い状態になっています。

今回の最終追い切りは併せ馬の真後ろに入れて、直線で脚を伸ばすという実践的な調教もこなしていますし、しっかり仕上げてきたなという印象です。

欲を言えば、最終追い切りの併せ馬は追い抜いて欲しかったところですが、今回も前走ぐらいは走れそうです。

追い切り評価「A

ダノンエアズロック

1週前に南W3ハロン35秒台。終い11.1秒という非常に速い時計を出しています。最終追い切りも楽な手応えで1週前と変わらない全体時計を出すなど、この中間も非常に速い時計を連発しています。

前走はそこまで速い時計を出さず1週前追い切りなんかは終い12秒台になるなど、かなり余裕のある作りだなという印象もありましたが、今回はしっかり仕上げてきました。これは前走より走れそうな状態です。

今回は初めての中山。右回りでのレースになりますが調教では右回りでも全く問題なく動けていた上に、乗り替わりとなるキング騎手も3週連続の騎乗をするなど準備万端といった感じです。

追い切り評価S

アドミラルシップ

最終追い切りで併せ馬をしましたがアッサリ遅れていました。手応えとしても外を走っていた併せ馬の方が良かったなという印象で、今回の動きは目立たないものでした。併せ馬で遅れるのはデビューしてから初めてのことになりますし、これはどうでしょうか。

ここは良くて前走同様まで。個人的には近走の中でも微妙な仕上がりではないかと見ています。

追い切り評価「B

エコロレイズ

1週前追い切りの併せ馬で3歳未勝利馬に遅れていました。最終追い切りもしくは1週前追い切りで併せ馬に遅れるというのは、新馬戦以来のことになります。この馬も近走ほど良い状態にはなさそうです。

未勝利馬や障害オープン馬に互角程度の動きしか出来ていないことを考えると、このメンバーで素質的にどうかという感じもします。

追い切り評価「B

コスモキュランダ

最終追い切りで南Wの自己ベスト更新。馬場の内側を通ったとはいえ楽な手応えで回ってくることが出来ていました。直線に入って軽く追われると良い末脚を見せています。

頭の高い走りをするなど少々幼い印象もありますが、今回はデビューしてから一番走れそうな状態です。

追い切り評価「A

シュバルツクーゲル

最終1週前ともにポリトラックで地味な時計になっていました。この馬は脚元に少し不安があるということで、前走や前々走もポリトラックや坂路を使った軽め調教でした。調整過程自体はいつもこんなものです。

ただ今回の最終追い切りは休み明けのせいか、遅い時計に我慢できず少し頭を上げるシーンもありました。気性的に一度ガス抜きが必要な状態かなという印象で、ここを使ってもっと良くなりそうな感じがします。

追い切り評価「B

シリウスコルト

1週前に古馬オープンクラス相手に互角の動き。最終追い切りも時計以上にスピード感のある動きが出来ていました。休み明けだった前走も併せ馬を置き去りにするなど仕上がっていたと見ているだけに、大きな上積みまではありませんが、今回もしっかり好調キープです。

調教の動きを見ると、かなりスピードがあるなと思わせる動きをするだけに、同じ舞台でも開催後半の馬場だった前走よりも開催前半で少しでもスピードが出やすい馬場に変わるのもプラスでしょう。

追い切り評価「A

ニシノフィアンス

1週前にシンリョクカ相手に併せ馬で先着。最終追い切りも一杯に追われる併せ馬を尻目に、余裕のある手応えで回ってくることが出来ています。南W3ハロン36秒台を連発するなど、時計としても申し分ありません。

今回は中6週で追い切り7本。1週間に水曜日、金曜日、日曜日。そして最終追い切りと、この中間はかなり熱心に乗り込んでいるのも好印象で、皐月賞への権利を狙ってしっかり仕上げてきています。ここへ向けて万全の仕上がりでしょう。

追い切り評価S

ファビュラススター

最終追い切りの南Wで終い11.1秒。鋭い末脚を見せていました。1週前も併せ馬に置き去りにするなど、調教での動きは目立っています。この馬は前走も併せ馬を0.5秒前後突き放すなど、元々調教では素晴らしい動きをする馬ですが、今回も相変わらずといった感じです。状態は好調キープでしょう。

ただ、今回の最終追い切りでは向こう正面で折り合いに難しいところを見せており、前を走っていた併せ馬を勝手に抜こうとするシーンがありました。この馬は調教で非凡な動きをするように、素質はこのメンバーでも劣らないものがありそうですが、まだまだ荒削りな印象です。

完成度に関しては低めで、ここは持っているポテンシャルの高さでどこまでやれるかでしょう。

追い切り評価「A

レッドテリオス

1週前に併せ馬をしましたが劣勢の手応えでした。最終追い切りも軽く流す程度のものになっており、これはどうでしょうか。前走から大きな上積みはなさそうです。良くて前走同様までの状態でしょう。

個人的には前走の方が良かったかなという印象で、デビュー2戦目の上積みよりも、間隔が詰まってのデキ落ちである可能性が高いです。

追い切り評価「B

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...