2019年競馬予想記事

【ヴィクトリアマイル2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回はヴィクトリアマイル過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ヴィクトリアマイル 過去データ分析

今回は過去10年間のデータから人気・枠順・脚質の基本データに加えて、前走人気・前走着順・キャリア・間隔・前走馬体重・種牡馬データを見ていくことで今回のヴィクトリアマイルで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

ヴィクトリアマイル 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 3- 3- 0- 4/ 10
2番人気 1- 0- 1- 8/ 10
3番人気 0- 1- 2- 7/ 10
4番人気 1- 0- 0- 9/ 10
5番人気 1- 0- 1- 8/ 10

1~5番人気で過去10年6勝。1番人気の複勝率60%は良いとして、2番人気の複勝率20%や3番人気の複勝率30%など、ハンデ戦でもなんでもない普通のG1にしては波乱の決着というのが目立ちます。ストレイトガール5番人気→ケイアイエレガント12番人気→ミナレット18番人気という決着で、G1史上最高配当である3連単2000万越えというのは、まだ記憶に新しいのではないでしょうか。ここまでは行かなくても、昨年も8番人気ジュールポレールが制するなど、とにかく波乱の決着が目立つレースです。なぜ、ヴィクトリアマイルが荒れる傾向にあるのかというのは、これからじっくり話していこうと思うので、ぜひ最後まで見てください。ここではとにかく荒れる傾向にあるよということでお願いします。

年齢

年齢 着別度数
4歳 5- 7- 3- 70/ 85
5歳 3- 2- 5- 47/ 57
6歳 1- 1- 2- 24/ 28
7歳 1- 0- 0- 6/ 7
8歳 0- 0- 0- 1/ 1

4歳馬が過去10年5勝、2着7回と圧倒的な数字を残しています。逆に7~8歳で馬券になったのは1頭のみ。これは別に普通のことですよねw 年齢が荒れる原因ではありません。牝馬というのは大体6歳を境にして繁殖に上がるもの。7歳以上になっても走っている馬というのは繁殖としての見込みがない馬か、使い詰めモードになっているソコソコの実績馬です。どっちにしても、高齢牝馬がいいということはなく、ここでは若くて順調に使われている馬がいいのです。ここでは若い馬を重視でいいでしょう。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 2- 4-14/20
2枠 1- 1- 2-16/20
3枠 3- 0- 1-16/20
4枠 0- 2- 0-18/20
5枠 0- 2- 1-17/20
6枠 3- 0- 0-17/20
7枠 2- 1- 1-24/28
8枠 1- 2- 1-26/30

これは大きな傾向はないと見ていいでしょう。例年、ヴィクトリアマイルはAコース→Bコースへと替わる、週に行われるので基本的には内枠有利となります。ただ、東京芝1600メートルというのは最初のコーナーまで550メートルと長め。枠順はさほど位置取りに影響してこないのです。騎手の判断次第でどうとでもなります。しかし、内の馬場が有利ということには変わりないので、ここでは内枠有利ではなく、インを通れそうな馬がいいということです。枠順や脚質、騎手など。ヴィクトリアマイルでは総合的に考えて、ポジションニングを予想する必要があるのです。ここら辺で予想が難しくなって、荒れる可能性が上がっているのでしょうね。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 0- 2- 7/ 10
先行 3- 4- 3- 26/ 36
中団 6- 4- 2- 65/ 77
後方 0- 2- 3- 50/ 55

2018年、2017年は稍重ということで前半3ハロンが35秒台と遅めでしたが、良馬場開催だった場合はもれなく前半3ハロン33秒台~34.5秒ぐらいと、牝馬のマイル重賞にしては早めのペースになっています。これは安田記念と同等ぐらい、年によっては安田記念以上のハイペースなんですよね。先日行われた阪神牝馬ステークスなど、牝馬限定のマイルというのは基本的に34秒台後半~35秒台のスローペースになることが基本。それにも関わらず、ここに来ていきなりハイペースになるわけです。スローからの瞬発力勝負で好走してきた馬たちが、ここに来ての苦戦。人気を背負って飛んでしまうというのが良くあるのことなのです。ここではこれまでの牝馬限定重賞では問われることのなかった、スピードの持続力を秘めているような馬を重視するべきなのです。これがヴィクトリアマイルが荒れる最大の原因でもあり、予想が難しい部分でもあるのです。

ヴィクトリアマイル 消去法データ

ここからは消去法データ。今回のヴィクトリアマイルで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走人気

前走人気 着別度数
前走1人気 1- 2- 1- 19/ 23
前走2人気 1- 0- 1- 14/ 16
前走3人気 2- 2- 1- 22/ 27
前走4人気 2- 1- 3- 17/ 23
前走5人気 2- 0- 0- 15/ 17
前走6~9人 0- 4- 0- 37/ 41
前走10人~ 0- 0- 4- 22/ 26

前走6番人気以下だった馬(クロコスミア、アマルフィコーストなど)は過去10年で勝ったことがありません。いくらヴィクトリアマイルが荒れる重賞だからといって、前走で6番人気以下になってしまうような馬では勝ち切ることができません。ここでは前走でもしっかり上位人気に支持されていたような馬から、本命候補を探すべきではないでしょうか。

前走着順

前確定着順 着別度数
前走1着 0- 0- 2- 3/ 5
前走2着 0- 0- 0- 1/ 1
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0
前走4着 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 1- 0- 0- 0/ 1
前走6~9着 0- 0- 0- 2/ 2
前走10着~ 0- 1- 0- 4/ 5

集計範囲:前走中山牝馬ステークス

前走中山牝馬ステークスで6着以下という馬(ノームコアなど)は過去10年で勝ったことがありません。ヴィクトリアマイルの前哨戦として最も名高いのは阪神牝馬ステークスですが、そちらで大敗という形ならば、過去にも巻き返してきた例がありますが、中山牝馬ステークスの大敗から巻き返してきた馬はいません。やはりレースレベルを考えると、中山牝馬ステークスで大敗しているようでは…というところがあるのでしょうね。

キャリア

過去10年の勝ち馬はいずれもクラスに関係なくマイル以下での勝利がありました。なんだそんなことか思われる方もいるかもしれませんが、今年は意外とマイル以下で1回も勝ったことがない馬(カンタービレ、フロンテアクイーンなど)というのが出てきているんですよね。中距離のゆっくりとしたペースから瞬発力勝負ばかりをしてきた馬より、ここでは短距離でスピードの持続力を磨いてきた馬。中距離志向の馬より、短距離志向の馬が活躍するレースなので、これは意外と侮れない傾向となりますので、よく覚えておいてください。

間隔

間隔 着別度数
2週 0- 0- 0- 2/ 2
3週 0- 2- 2- 37/ 41
4週 1- 0- 1- 6/ 8
5~ 9週 9- 7- 7- 91/114
10~25週 0- 1- 0- 10/ 11
半年以上 0- 0- 0- 2/ 2

まず、中3週以下という馬(サウンドキアラ、デンコウアンジュなど)は過去10年で勝ったことがありません。牝馬というのは間隔を詰めて使うとカリカリしたり、気性的に難しいところを見せる傾向にあるので、間隔を詰めて使うと好走率が下がる傾向にあります。このヴィクトリアマイルも例外ではないということでしょう。逆に中10週以上の馬というのは過去10年で勝ったことがなく、こちらは昨年のアエロリットを始めとするように、ここは安田記念への叩き台ぐらいにしか思ってない馬たちです。ヴィクトリアマイルをメイチで臨んできた馬に、ここを安田記念への叩き台と考えている馬が勝つのは至難の業です。中10週以上の馬(アエロリット、ソウルスターリングなど)も割引が必要なのではないでしょうか。

前走馬体重

前走馬体重 着別度数
460~479kg 5- 1- 0- 45/ 51
480~499kg 1- 1- 4- 17/ 23
500~519kg 0- 0- 1- 12/ 13
520~539kg 0- 2- 0- 3/ 5
540~ 0- 0- 0- 2/ 2

前走馬体重500キロ以上という馬(ラッキーライラック、レッツゴードンキなど)は過去10年で勝ったことがありません。キャリアのデータのところで言ったように、ここはスピードの持続力が求められるレース。前走馬体重500キロ以上ともなると、持続力というよりもパワーの比重が大きくなってしまいます。過去10年のデータを見てもらえばわかりますが、ここでは460~479キロぐらいのスラっとした体系の馬がよく来ています。ここでは大型牝馬というのは勝ったことがないということを覚えておいてください。

種牡馬

前走上り 着別度数
3F 1位 0- 1- 1- 3/ 5
3F 2位 0- 0- 0- 2/ 2
3F 3位 0- 0- 2- 3/ 5
3F ~5位 0- 0- 0- 2/ 2
3F 6位~ 3- 1- 1- 7/12

集計範囲:ディープインパクト産駒

過去10年で勝ったことがあるディープインパクト産駒というのは、前走で上り6位~だった馬たちでした。ディープインパクト産駒といえば、非凡な瞬発力をイメージするかもしれませんが、ここで勝っているディープ産駒というのは、俗に言われるB級ディープと呼ばれる馬たち。ジュールポレール、ヴィルシーナはどちらも先行していかに粘り込めるかというタイプ。ここで勝つことができるディープ産駒というのは、キレキレの瞬発力タイプではなく、先行してスピードを持続させることが得意なB級ディープと呼ばれている馬たちです。ディープインパクト産駒を狙うならば、先行粘り込みタイプの馬を狙いましょう。前走で上り5位以内をマークしたディープ産駒(プリモシーン、レッドオルガなど)は割引です。

まとめ

推奨馬はYoutubeで公開中です。良かったら見てください!

血統傾向についても、こちらで記事にしましたのでぜひご覧ください!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.