2019年競馬予想記事

【ユニコーンステークス2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回はユニコーンステークス予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ユニコーンステークス 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回のユニコーンステークスを見ていきますね。

枠順

まずは、ユニコーンステークスの枠順を見てきましょうか。

 1- 1ワイドファラオ
 2- 2イメル
 2- 3ヴァイトブリック
 3- 4エルモンストロ
 3- 5サトノギャロス
 4- 6デアフルーグ
 4- 7サディファレンス
 5- 8デュープロセス
 5- 9ロードグラディオ
 6-10ヴァニラアイス
 6-11ダンツキャッスル
 7-12オンザウェイ
 7-13ニューモニュメント
 8-14ノーヴァレンダ
 8-15アシャカトブ

有力馬は1枠1番ワイドファラオ、4枠6番デアフルーグ、5枠8番デュープロセスといったところ。有力馬は中~外にかけて集中するような形になりましたね。ユニコーンステークスは外枠有利と見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 0- 2- 1-16/19
2枠 1- 0- 2-17/20
3枠 0- 1- 2-17/20
4枠 2- 1- 0-17/20
5枠 1- 2- 0-17/20
6枠 4- 0- 1-15/20
7枠 2- 2- 2-14/20
8枠 0- 2- 3-15/20

次は枠順データの他にも、ユニコーンステークスの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

ユニコーンステークスの過去データ分析は、こちらからどうぞ!

【ユニコーンステークス2019】過去データ・傾向

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

ワイドファラオ【B
栗東 CW 良 6月12日(水)
84.7-67.6-52.1-38.1-12.1 終い強め
近走は1週前CW→最終坂路という調教パターンでしたが、今回はダート戦ということを考慮してか、1週前、最終ともにCWという調教パターンに切り替えてきました。この調教パターンは2着に敗れてしまった未勝利戦以来という感じになります。その時との比較では今の方が断然いいですね。というか、そもそも未勝利戦というのは2歳の頃の話しですから、この比較はあまり参考になりませんよねw 近走との比較では調教パターンが違うので甲乙つけがたいというのが本音ですが、主観的な意見としては近走でも1番の仕上がりではないかなと。これまでは長めにCWで追われると、終いに伸びあぐねるようなところがあって、併せ馬では遅れてばかりだったのですが、今回はしっかり先着。併せた相手が微妙だったとはいえ、これは一定の評価ができると思います。今回が初ダートとなりますが、砂を被らないスムーズな競馬ができれば、僕は十分にこなしてくれるのではないかと見ています。これまでの走りを見ていると、芝でのスタートセンスは抜群ですし、芝スタートとなる東京1600メートルならば、最内枠でもハナを切っているのではないかと思います。僕は初ダートで、初重賞というハードルの高い条件が揃いましたが、あっさりこなしてくれるのではないかと見ています。

デアフルーグ【C
美浦 南W 稍重 6月12日(水)
83.9-69.2-54.6-40.6-12.6 馬なり
調教パターンは1週前南W→最終南Wと前走と同じものですが、時計や動きが前走との比較では物足りないかなという感じがしてしまいます。同じローテーションで望んできたデュープロセスが終い強め、一杯などガシガシ追われて5本の調教。それに対してこの馬は馬なりで3本という感じの調教です。デュープロセスの追い切り診断に詳しいことを言おうと思っていますが、今回はやや余裕残しかなという感じの調教に見えました。僕は良くて前走同様。もしかしたら前走から下降線に入っているかもしれないとすら思ってしまいましたね。個人的に中山1800で破格のパフォーマンスを見せていた、この馬に東京1600はどうなの?とも思っていますし、前走の走りなどから能力の高いのは分かっていますが、正直ここではどうかなと見ています。僕はこの馬を中心視するならば、次ではないかというように考えています。スタートが不安定のこの馬に内目の枠順というのも微妙かなと思いますし、重・不良馬場になった時の時計対応というのも、この馬をできるかどうか不安なところがありますね。

デュープロセス【A
栗東 坂路 良 6月12日(水)
58.6-41.5-25.3-12.0 終い強め
こちらはデアフルーグとは対象的にガシガシ追われています。最終追い切りこそ輸送を考慮して、サラッと流す感じでしたが、1週前追い切りが前走とは段違いです。CWで長い距離を追われながら、終いも11秒台の時計でまとめる。この時期のダート馬としては非常に完成度が高いと思います。この馬はデビューから1400メートルばかりを使われていたことから分かるように、おそらく適正距離は1200~1600という感じの馬です。それに対して、デアフルーグはデビューから1800メートルを使われていたことから、適距離は1600~2000。もしかしたらもう少し長い距離かもしれないという馬です。デアフルーグはそんな馬ですから、当然、大目標は次のジャパンダートダービーでしょうね。だから、やや軽めの仕上げなのではないかと見ています。しかし、デュープロセスは1600メートルがギリギリという馬ですから、ジャパンダートダービー度外視で、ここを狙ってきている感じですね。それでなければ最終追い切り前日に、坂路で時計を出すなんてことはしてきません。デアフルーグとデュープロセスの比較では、圧倒的にデュープロセスの方がここへ向けての勝負気配は高いですね。

最終予想

◎と〇をYoutubeにて紹介していますので良かったらぜひ!

アギョウ
◎以外の印や買い目などは、中央競馬プレミアムからどうぞ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.