2018年競馬予想記事 地方競馬予想

【東京大賞典2018】予想と過去データ分析

投稿日:

今回は東京大賞典予想となります。

大井競馬場にてダートの総決算「東京大賞典」が行われます。今年のダート界は強い3歳世代の登場により勢力図が一変。ルヴァンスレーヴを始めとして、オメガパフュームやチュウワウィザード、コパノキッキングなど、これまで一線級で戦ってきた古馬たちを蹴散らして、ダート重賞を総なめして見せました。ここは大将格であるルヴァンスレーヴこそ出走回避してきましたが、代わりにオメガパフュームが挑戦します。対する古馬勢はこれまでダート界を引っ張ってきたゴールドドリームに、地方交流重賞の鬼ケイティブレイブ。こちらは3歳勢を迎え撃つべく準備万端です。さあこれらの馬が一体どんなレースを見せてくれるのか。今から非常に楽しみです!というわけで東京大賞典予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



東京大賞典 予想

枠順の確認→過去データ分析→有力馬診断→そして最終予想という流れで、今回の東京大賞典を見ていきますね。

枠順

まずは、東京大賞典の枠順を見ていきましょうか。

 1- 1マイネルリボーン
 1- 2ケイティブレイブ
 2- 3スーパーステション
 2- 4モジアナフレイバー
 3- 5オメガパフューム
 3- 6エイコーン
 4- 7サウンドトゥルー
 4- 8ヤマミダンス
 5- 9フレアリングダイヤ
 5-10リーゼントロック
 6-11クリソライト
 6-12ワークアンドラブ
 7-13ゴールドドリーム
 7-14コスモプラシデス
 8-15グルームアイランド
 8-16アポロケンタッキー

有力どころは2枠3番ケイティブレイブ、3枠5番オメガパフューム、7枠13番ゴールドドリームなど。有力馬は内と外に綺麗に分かれるような形になりましたね。東京大賞典は外枠有利な傾向が出ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 過去10年枠番成績(1着-2着-3着)
1枠 0‐1‐0
2枠 0‐1‐1
3枠 1‐0‐2
4枠 1‐4‐0
5枠 1‐1‐0
6枠 1‐1‐3
7枠 2‐0‐2
8枠 4‐2‐2

次の項では枠順データを他にも、東京大賞典の細かい過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ

今回の過去データ分析では、過去10年間のデータから要注目のデータをいくつか参照していきます。

所属

まずは、地方交流戦ということで所属データから確認していきましょう。

所属 1着-2着-3着
中央 10‐9‐9
地方 0‐1‐1

中央勢が圧倒的。過去10年で地方馬が勝ったことがありません。東京大賞典は地方交流重賞らしい堅いレースと言っていいでしょう。2,3着のヒモについても地方勢が台頭する可能性は低く、中央勢の戦いになることが大多数です。馬券の中心は中央勢で決まりといってもいいでしょう。

馬体重

馬体重 1着-2着-3着
499キロ以下 1‐1‐3
500キロ以下 9‐9‐7

これも顕著な傾向が出ています。馬体重499キロ以下で馬券になったのは、過去10年で5頭しかいません。さらに連対したのは2頭だけという有様です。中央のダートと違って、大井のダートはある程度のパワーが要求されます。中央のダートをスピードだけで押し切ってきたような小柄な馬は割引が必要なのではないでしょうか。ここでは馬体重500キロ以上の馬を重視しましょう。

前走レース

前走レース 1着-2着-3着
JCダート 4‐5‐5
チャンピオ 4‐4‐3
JBCクラ 1‐1‐0
浦和記念 1‐0‐1
ぺテルギウス 0‐0‐1

ジャパンカップダートというのは今でいうチャンピオンズカップ。それを考えると前走チャンピオンズカップ組というのが圧倒的ですよね。日本のダートで最もハイレベルなメンバーが集うチャンピオンズカップを戦ってきた馬というのは、やはり強いですよね。前走JBCクラシックの馬や浦和記念など、順調に使えていない馬というのは、間隔が空いた影響か好走率は低めになっています。

有力馬診断

ここからは上位人気に支持されそうな馬たちについて、細かく見ていこうかなと思います。

・ケイティブレイブ
前走こそ大敗しましたが、今年の活躍は目覚ましいものがあります。ここでも当然力上位の存在でしょう。福永騎手は前走の大敗を「西日が~」という訳の分からない理由を口にしていますが(決してディスってわけではないw)、あのレース展開ではこの馬が上位に食い込むのは難しいに決まっています。典型的なスローからの瞬発力勝負となり、この馬が最も苦手とするパターンです。さらにこの馬の馬柱を見てみると急坂のあるコースも、あまり得意ではないんですよね。さらにさらに明らかに太目残りだったわけですから、これはもう好走しろという方が無理なもの。負けて当然のレースだったと思います。今回は大井ということで平坦コース。スーパーステションが引っ張る展開ならスローはまずない。厳しい流れではありますが、ベストな展開だと思います。あとはある程度絞れてくれれば巻き返し必至なのではないでしょうか。

・オメガパフューム
この馬に対する印象を真面目。どんな条件になっても常に頑張ってくれるので、ここでも大崩れはないと思います。ただこの馬で気になるのはジャパンダートダービーの内容です。ルヴァンスレーヴに負けてしまったのは問題ありませんが、グレートタイムやクリスタルシルバーと接戦だったというのは微妙ですね。その後の中央での活躍を考えれば、ここは内容的に物足りません。余裕を持っての2着でなければならないレースだと思います。2着凡走の考えれる理由としては地方適正ですよね。強いからなんとか2着は確保したものの、ベストは間違いなく中央の軽いダートだと思います。さらにいつも頑張ってくれる馬だけに、使い詰めの反動というのがそろそろ来てもおかしくないはず。

・ゴールドドリーム
まぁ、この馬の強さは言うまでもないかなと思います。ルヴァンスレーヴとともにこれからのダート界を引っ張っていく存在でしょう。ここも単純な能力比較では断然の存在だと思います。ただこの馬で気になるのは、やはり距離適性。前々走の帝王賞でこなしているじゃないか!と言われればそれまですが、この時はかなり恵まれたレースだったと思います。ペースが流れて、展開が向いた上に、直線ではインを突くことができており、これ以上にない最高のレースだったんですよね。それにも関わらず、展開的に厳しかったケイティブレイブと0.1秒差では物足りません。やはりこの馬のベストはマイルぐらいで、本質的に2000メートルは長いと思います。今回は枠順も枠順で、インを突くという競馬も難しいはず。データ的に考えても順調に使えていないというのはマイナス材料ですし…。オッズとの兼ね合い次第といったところでしょうか。

最終予想

これまでを総合して、東京大賞典の◎~▲を紹介させてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
◯ゴールドドリーム
Youtubeにて公開中【←穴馬】

東京大賞典の★や△などの印、買い目は地方競馬メルマガで配信予定ですが、こちらの方でも公開しています。非会員の皆様はこちらのURLからどうぞ。買い方に一工夫入れています。

アギョウ
最後までお付き合いいただきありがとうございました。ツイッターのフォローもお待ちしています!ツイッター→https://twitter.com/agyo_keiba

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事, 地方競馬予想
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.