2019年競馬予想記事

【東海ステークス2019】過去データ・傾向

更新日:

今回は東海ステークス過去データ分析となります。

今週末は中京競馬場にて東海ステークスが行われます。昨年の最優秀ダートホースに選ばれたのは当時3歳だったルヴァンスレーヴ。このルヴァンスレーヴを筆頭として昨年は3歳勢がダート界を席巻しました。ここも明け4歳世代のスマハマやチュウワウィザードが参戦してきます。それを迎え撃つのはまだ底知れぬインティ。現在5連勝中、そしてそのいずれもが楽勝という末恐ろしい馬です。ここもその勢いと勝ちっぷりが評価され、昇給初戦ながら1番人気に推されそうです。これまで通りの走りができれば、ここでも十分に勝ち負けになるはず。明け4歳世代vsインティ。今年のダート路線を占う超注目の一戦、東海ステークス。今から非常に楽しみなレースです!というわけで東海ステークス過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



東海ステークス 過去データ・傾向

今回は舞台が中京1800メートルになってからの、過去6年間のデータから人気・枠順・脚質の基本データに加えて、年齢・性別・前走距離・前走クラス・前走着順のデータを見ていくことで今回の東海ステークスで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 4- 0- 2- 0/ 6
2番人気 0- 1- 0- 5/ 6
3番人気 0- 1- 1- 4/ 6
4番人気 2- 0- 0- 4/ 6
5番人気 0- 0- 0- 6/ 6

1~5番人気で過去6年6勝。特に1番人気は過去6年で馬券圏内を外したことがなく、複勝率100%だから驚異的ですよね。東海ステークスは人気サイドで決まるレースと見て間違いないでしょう。皆さんも体感的に分かっていると思いますが、ダートというのは堅い決着になりやすい傾向にあります。ダートは芝と違って、馬場傾向の影響というのはあまりないですし、何より単純な時計勝負になることが多いですからね。この東海ステークスも例に漏れないということでしょう。さらに中京ダート1800メートルというのは起伏に富んでいるコースで、日本一といってもいいほどスタミナが求められる舞台なのです。なのでより紛れが起きにくいというところもあるでしょう。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0-10/10
2枠 0- 1- 2- 7/10
3枠 0- 1- 2- 8/11
4枠 3- 0- 0- 8/11
5枠 1- 1- 1- 9/12
6枠 0- 1- 0-11/12
7枠 1- 1- 1- 9/12
8枠 1- 1- 0-10/12

うーんこれは大きな枠順傾向はないと見るべきでしょうか。2~8枠までの複勝率に大きな差はありませんからね。ただ1枠というのは過去6年で一頭も馬券になったことがありません。人気を下回る着順も多く、これは1枠が不利な傾向にあるのではないでしょうか。しかし同舞台で行われるチャンピオンズカップは1枠の好走というのが目立つんですよね。スタミナが問われるコースですから、コース的に1枠が駄目ということはないはずなんですけども…。これは推測ですが凍結防止剤や冬の砂というのが関係しているのかもしれません。とにかく東海ステークスは1枠不利の傾向にあるということです。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 1- 0- 4/ 6
先行 3- 3- 1-15/22
中団 2- 2- 4-26/34
後方 0- 0- 1-27/28

過去6年では逃げ先行が有利といっていいのではないでしょうか。ただこれは同舞台で行われるチャンピオンズカップでも同じような傾向があるのですが、中京ダート1800メートルというのはペースによって有利な脚質が大きく変わってくるのです。スローペースだったら極端に前残り。逆にハイペースなら差し決着という感じですね。近年の東海ステークスはスローペースだったので、逃げ先行が良績を残していますが、ハイペースになれば差しが決まるということを覚えておきましょう。

消去法データ

ここからは消去法データ。今回の東海ステークスで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

年齢

年齢 着別度数
4歳 1- 0- 1-10/12
5歳 3- 3- 3-10/19
6歳 1- 0- 2-24/27
7歳 1- 2- 0-18/21
8歳 0- 1- 0- 7/ 8

まずは鉄板ネタといってもいい年齢データから。8歳の馬(アスカノロマン、メイショウスミトモなど)というのは過去6年で勝ったことがありません。これまで何度か話しているように中京ダート1800メートルというのはタフな舞台。競争馬としてはピークアウトの高齢馬に、この舞台は厳しいのでしょうね。ダートでも8歳には割引が必要だと思います。

性別

性別 着別度数
牡・セン 6- 6- 6-69/87
0- 0- 0- 3/ 3

牝馬(アンジュデジール、サルサディオーネ)というのは過去6年で馬券絡みしたことがありません。これもタフな舞台設定が大きく関係しているでしょう。牝馬にとってこれだけスタミナやパワーが問われる舞台というのは酷ですよね。ここでは牡馬を重視するべきではないでしょうか。

前走距離

前走距離 着別度数
同距離 3- 5- 6-48/62
今回延長 0- 0- 0- 5/ 5
今回短縮 3- 1- 0-19/23

今回距離延長となった馬(スマハマ、グレンツェント、モルトベーネ)は過去6年で馬券絡みしたことがありません。再三の繰り返しにはなりますが、これも舞台設定が関係しているのでしょう。前走同距離もしくは今回短縮となった馬を狙うのが、東海ステークス的中の近道だと思います。

前走クラス

前走クラス 着別度数
1600万下 0- 0- 1- 5/ 6
OPEN特別 2- 2- 2-40/46
G3 0- 2- 0-10/12
G2 0- 0- 0- 0/ 0
G1 2- 1- 3-10/16

前走1600万条件だった馬(インティ)というのは過去6年で連帯したことがありません。ダートというのは芝以上にクラス間の壁というのが厚く、1600万条件からいきなり重賞では厳しいです。前走G1組が高い勝率を誇っていることからも、ここでは高いレベルで戦ってきた馬というのを重視するべきでしょうね。前走1600万条件だった馬は割引が必要です。

前走着順

前確定着順 着別度数
前走1着 1- 0- 0- 3/ 4
前走2着 1- 0- 1- 2/ 4
前走3着 0- 0- 0- 2/ 2
前走4着 0- 1- 1- 2/ 4
前走5着 0- 0- 0- 2/ 2
前走6~9着 0- 0- 0- 9/ 9
前走10着~ 0- 1- 0-20/21

集計範囲:前走オープン特別

先程の前走クラスデータと被るようなところはありますが、前走オープン特別で3着以下だった馬(クインズサターン、コスモカナディアンなど)というのは過去6年で勝ったことがありません。オープン特別で勝ち負けに加われないような馬が、いきなりここで勝ち負けに演じるというのは普通に考えて無理ですよね。能力的なことを考えると、ここではオープン特別で勝ち負けできる以上の能力が必要なのでしょう。

まとめ

ここまで紹介した基本データと消去法データ。これらを総合してデータ的に最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは2頭。当初はミツバを推奨させてもらっていたのですが、ミツバは川崎記念に向かうということで、こちらの馬に変更させてもらいました。データ推奨馬は実績の割にいつも人気にならないこの馬です。まず、この馬を語る上で欠かせないのが3走前。これは強い内容だったと思います。このレースはかなりのハイペースになり、前に行った馬が総潰れになるような展開でした。そんな中で前に行って人気以上に頑張ったのだから大したものです。その後、圧勝続きのテーオーエナジーと0.2秒差といえば強さが分かりやすいと思います。2走前は太目残りで話しにならず、度外視できる内容でした。前走はきっちり絞ってきたことでアッサリ巻き返して見せましたからね。この馬はそもそも能力の割にいつも低評価すぎるんです。近5走はいつも人気以上の着順を確保していますからね。3走前の内容を考えると、ここでも通用するだけの能力はあるはず。大穴で狙うならこの馬でしょう。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・チュウワウィザード

アギョウ
最後までお付き合いいただきありがとうございました。ツイッターのフォローもお待ちしています!ツイッター→https://twitter.com/agyo_keiba

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.