2019年競馬予想記事

【東海ステークス2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回は東海ステークス予想となります。

今週末は中京競馬場にて東海ステークスが行われます。前評判の段階での1番人気はインティ。圧勝に圧勝を重ね、あれよあれよ5連勝。ついに重賞でその姿を現しました。ここ最近が楽勝の連続で、未だに能力の底を見せていないところが魅力的ですよね。連勝中の勢い、そして未知の魅力があるということで1番人気の支持を集めました。この馬にとってはここも通過点に過ぎないのでしょうか。相手候補筆頭はチュウワウィザード。デビューから馬券圏外なし、無類の安定感が魅力的な馬です。強い4歳世代を代表する一頭でもあり、ここも世代のレベルの高さを見せつけるのか。その他にも重賞で好走を続けるアンジュデジールや強い4歳世代のスマハマなど。今年のダート界を占う非常に重要な一戦になるであろう東海ステークス。今から非常に楽しみな一戦です!というわけで東海ステークス予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



東海ステークス 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回の東海ステークスを見ていきますね。

枠順

まずは、東海ステークスの枠順を見てきましょうか。

 1- 1グレンツェント
 2- 2アスカノロマン
 3- 3チュウワウィザード
 4- 4インティ
 4- 5スマハマ
 5- 6アングライフェン
 5- 7アンジュデジール
 6- 8モルトベーネ
 6- 9シャイニービーム
 7-10コスモカナディアン
 7-11マイネルバサラ
 8-12メイショウスミトモ
 8-13カゼノコ

有力馬は3枠3番チュウワウィザード、4枠4番インティ、5枠7番アンジュデジールといったところ。有力馬は内~中にかけて集まるような形になりましたね。東海ステークスは1枠不利と見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0-10/10
2枠 0- 1- 2- 7/10
3枠 0- 1- 2- 8/11
4枠 3- 0- 0- 8/11
5枠 1- 1- 1- 9/12
6枠 0- 1- 0-11/12
7枠 1- 1- 1- 9/12
8枠 1- 1- 0-10/12

次の項では枠順データの他にも、東海ステークスの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ

今回の過去データ分析では、過去10年から要注目のデータをいくつか参照しておきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 4- 0- 2- 0/ 6
2番人気 0- 1- 0- 5/ 6
3番人気 0- 1- 1- 4/ 6
4番人気 2- 0- 0- 4/ 6
5番人気 0- 0- 0- 6/ 6

1~5番人気で過去6年6勝。特に1番人気は過去6年で馬券圏内を外したことがなく、複勝率100%だから驚異的ですよね。東海ステークスは人気サイドで決まるレースと見て間違いないでしょう。皆さんも体感的に分かっていると思いますが、ダートというのは堅い決着になりやすい傾向にあります。ダートは芝と違って、馬場傾向の影響というのはあまりないですし、何より単純な時計勝負になることが多いですからね。この東海ステークスも例に漏れないということでしょう。さらに中京ダート1800メートルというのは起伏に富んでいるコースで、日本一といってもいいほどスタミナが求められる舞台なのです。なのでより紛れが起きにくいというところもあるでしょう。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 1- 0- 4/ 6
先行 3- 3- 1-15/22
中団 2- 2- 4-26/34
後方 0- 0- 1-27/28

過去6年では逃げ先行が有利といっていいのではないでしょうか。ただこれは同舞台で行われるチャンピオンズカップでも同じような傾向があるのですが、中京ダート1800メートルというのはペースによって有利な脚質が大きく変わってくるのです。スローペースだったら極端に前残り。逆にハイペースなら差し決着という感じですね。近年の東海ステークスはスローペースだったので、逃げ先行が良績を残していますが、ハイペースになれば差しが決まるということを覚えておきましょう。

前走クラス

前走クラス 着別度数
1600万下 0- 0- 1- 5/ 6
OPEN特別 2- 2- 2-40/46
G3 0- 2- 0-10/12
G2 0- 0- 0- 0/ 0
G1 2- 1- 3-10/16

前走1600万条件だった馬というのは過去6年で連帯したことがありません。ダートというのは芝以上にクラス間の壁というのが厚く、1600万条件からいきなり重賞では厳しいです。前走G1組が高い勝率を誇っていることからも、ここでは高いレベルで戦ってきた馬というのを重視するべきでしょうね。前走1600万条件だった馬は割引が必要です。

調教・追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

チュウワウィザード【
栗東 坂路 良 1月17日(木)
53.1-38.5-24.9-12.4 一杯
近走と大差ない時計。時計だけ見れば好調キープかという感じに思えますが、前回とは調教の強さが違います。2走前は馬なり、今回は一杯。それでいて時計は同じくらい。デキとしては良くても平行線という感じではないでしょうか。前走や2走前以上を期待するのは難しく、平行線でどこまでやれるかといったところでしょう。前走で重賞級の能力があるところは見せましたから、あとは後方一辺倒の脚質ですから、展開が向くかどうかというところ。

インティ【
栗東 坂路 良 1月16日(水)
51.9-37.8-24.6-12.3 一杯
坂路の自己ベストをマーク。絶好といってもいい仕上がりではないでしょうか。時計や動きは申し分ありません。無理にケチをつけるとするなら、最終坂路追いというところですかね。近2走は最終コース追いというパターンで圧勝しているだけに、調教パターンが変わるというのは嫌ですね。まぁ3走前は最終坂路というパターンなんですがw もう一つ懸念材料を挙げるとすれば、最終追い切りで時計を出しすぎだということ。最終追い切りでこれだけ速い時計を出したことはありません。それだけに調教の疲労などが残ってないといいですけど…。まぁどちらも無理にケチをつけるとするならばの話しなので、ここでは素直に高評価にしておきます。

アンジュデジール【
栗東 坂路 良 1月16日(水)
53.2-38.0-25.2-13.1 終い強め
好調キープ。時計や動きなどを見ると近走通りという感じだと思います。大きなデキ落ちもありませんし、ここも近走通りの力はしっかり出してくれるはず。鞍上のポツンさえなければの話しですがw まぁあとはこちらも力関係、そして展開が鍵になってくると思います。ここでの好勝負というのも十分に考えれるでしょう。

以上、東海ステークスの追い切り診断でした。

一番よく見えた好調馬を追い切りからの推奨馬とさせてもらいます。

推奨馬はこちら→人気ブログランキング

最終予想

今回の予想では◎のみの、ご紹介とさせてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
個人的に僕はオッズが示すほど、簡単なレースではないと思います。インティは楽勝続きではありますが、陣営が弱気なコメント。武豊騎手も含め、まだまだ未完成なところがあるとコメントしています。おそらくこの馬は極端に揉まれ弱いのではないかと思います。楽勝続きだから弱点が露呈していませんが、一気に相手が強くなった上に、この枠順ではスタートをちょっと失敗しただけでアウトだと思います。少なくても単勝1倍台は怖すぎて、本命に出来ません。チュウワウィザードも後方脚質であること、テーオーエナジーに完敗していること、道悪に勝ち星が集中していること、デビューから外枠ばかりということが引っ掛かります。こちらも本命にはふさわしくありません。アンジュデジールについても陣営が「目標は次走」という言葉を残していることからメイチ度は低め。有力どころは不安材料が多すぎるんですよね。そこで本命に抜擢したのはこの馬。おそらくまったく人気にならないでしょうが、僕はとても面白いと思います。この馬は間違いなく冬馬。馬柱を見てみると冬場に良績が集中しています。その証拠に前走で一気に巻き返して見せました。さらにこの馬は実績の割にいつも人気がない印象で、この馬の実績を考えると、この評価というのは舐められていますね。オッズほど悪くない馬です。このメンバーなら展開が向きそうでもありますし、ここは思い切ってこの馬から入ってみようと思います。

その他の印馬や展開予想図、予想に使っている指数などは中央競馬プレミアムにて公開中です。こちらの中央競馬プレミアムでは、平場のオススメ予想や最終レースの予想も公開しているので下記のボタンからぜひご一読くださいませ。

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.