2018年競馬予想記事

【テレ玉杯オーバルスプリント2018】予想と追い切り診断【最終予想】

更新日:

今回はテレ玉杯オーバルスプリント予想となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

先週の3連休は中央競馬の3日間開催。今週は2日間のみの開催で一息…と思いきや最終日に地方交流重賞がありました。先週に続き今週も実質の3日間開催と言っていいでしょう。この連休の先には秋のG1が待っており、まだまだ競馬漬けの日々は続きそうですね。嬉しい反面、少し休ませてくれとも思いますが…。まあ何はともあれ皆さん一緒に頑張っていきましょう!さて、それではテレ玉杯オーバルスプリント予想に入っていきましょうか。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



テレ玉杯オーバルスプリント 枠順と傾向

こちらがテレ玉杯オーバルスプリントの枠順となります。

有力馬たちの配置は、

2枠2番 ノブワイルド
3枠3番 ドライヴナイト
5枠5番 ウインムート
7枠9番 ネロ
8枠12番 オウケンビリーヴ

という感じになりました。

有力馬たちは内と外。二つに分かれた感じでしょうか。
浦和1400メートルは内枠有利の傾向があるだけに、これはどうか。


(浦和1400メートルの枠順別データ。集計期間2017年1月1日~2018年1月1日)

しかし、まだ断定はできません。

各馬には、枠の得手不得手というものがあります。
この馬は内枠の方が、外枠の方がいいという、個別スキルのようなものですね。

内枠有利が通説ですが、人気馬たちは枠順的にどうなのでしょうか。

通説通り、内枠の方が良かったのでしょうか。
はたまた傾向とは別に、外枠が良かったのでしょうか。

この辺を人気馬を個別に見ていくことで、解き明かしていきたいと思います。

スポンサーリンク

テレ玉杯オーバルスプリント 有力馬診断(追い切り診断)

・ノブワイルド
地元で行われた前走を圧勝。地方馬相手には無類の強さを誇っていますが、中央馬相手ではどうか。前々走はキタサンミカヅキに完敗で、4走前のさきたま杯は7着と惨敗。地方交流重賞となるとやや足りない印象があります。ただこの馬はテンのスピードだけに関しては中央馬を上回るものがあり、さきたま杯でも果敢にハナを切ってみせました。内枠を引けたというのも好材料でこの枠順ならここでも先手を主張できるはず。ネロやウインムート、ドライヴナイト、前走で番手から競馬をしたオウケンビリーヴなどの同型の兼ね合いが鍵になりますが、追い切りから前走を使った上積みがありそうですし、前が止まらない展開にあれば馬券になる可能性はありそうです。

・ドライヴナイト
超高速とも言える馬場だった前走こそ大敗してしまいましたが、それまでは堅実な走りを見せていた。1400メートルにこだわって使われているというのも好印象で、距離適性に関しては一番でしょう。地方の馬場が合うのかというのが疑問ですが、前走の軽い馬場での凡走、馬体重520キロ台の馬格を考えれば、地方の重い砂は合いそうです。ここは引き続きの1400メートルで、前走からの巻き返しは必至なのではないかと見ています。枠順に関しては割とどちらでもいいとタイプですから、傾向的に有利な内枠はプラス材料かなと思います。調教は1本のみですが時計は悪くないですし外厩仕上げかなと思います。人気次第では積極的に狙ってみたい一頭ですね。

・ウインムート
ここに来てグッと力をつけてきた印象で、前走は着差こそ離れましたが強敵ぞろいの中で3着と粘り込みました。ただ不良馬場での実績や芝での好走があるように、どちらというと軽い馬場でこその馬。地方では佐賀で好走がありますが、その時は不良馬場でした。今回の浦和は良馬場での開催になりそうで重い地方砂+良馬場という条件を考えると今回はどうかなと思います。おそらく人気もかなり集めるはずですし、こちらに関してはあまり食指が進みませんね。前走であれだけ速い時計で走りましたし、反動も気になるところです。枠順はまずまずといったところ。追い切りも乗り込み量が豊富でしっかり動けている。ここでは実力上位は間違いないですが、馬場適正をどう取るかといったところ。

・ネロ
この馬の好走条件はハナ。これはほとんどの人がご存知だと思います。ここでも徹底的にハナが行きたいはずですが、内に速い馬が揃ったのは気になります。外から押して押して出て行ってもらいたいところですが、鞍上が戸崎騎手というのはどうでしょうか。無難な騎乗が目立つ騎手で、強引にハナを奪いに行くというイメージがあまり湧きません。地方の吉原騎手のような騎手があっていると思うのですが…。いつも素晴らしい調教を見せてくれるこの馬も、使い詰めの影響かあまり時計を出せていません使い詰め&7歳という年齢で上積みに期待するのも厳しいでしょうね。この馬もどこまで人気を集めるか次第といったところ。個人的には中心視するのはどうかと思います。

・オウケンビリーヴ
追い込み一手だったこの馬が前走で先行できたというのは大きな収穫。調教は前走ほどの抜群の動きではありませんが水準以上にあります。充実期を迎えたという感じで今ならこのメンバーでもチャンスがあると思います。逃げ先行馬が揃った組み合わせで本来の差し競馬に徹することができれば展開が向きそう。1400メートルという距離に関しては前々走で1600メートルをこなしていることが大丈夫のはず。この馬の不安材料としてはやはり地方の適正。近2走は地方でも好走していますが、父クロフネ母父サンデーサイレンスの血統からは軽いダートもしくは芝がベストだと思います。近2走は適正云々というよりも調子の良さと能力で押し切ったという感じでしょうか。相手関係がさらに強化されタフな流れになったときに血統背景の不安が出てしまわなければいいのですが…。枠順に関しては大外枠なら差しに徹するはずですし、むしろプラスに働くと思います。下手に最内枠を引いて先行さぜるを得ないという状況よりはよっぽどいいと思います。

以上が、テレ玉杯オーバルスプリントの有力馬たちの枠順見解と追い切り診断となります。

「この馬にとって、この枠順はどうなのか」

そのような考え方をすると、枠順からの有利不利というのが見えてきます。
今後もこの考えを忘れず、しっかりと枠順見解を行っていきたいと思います。

というわけで、テレ玉杯オーバルスプリントの枠順見解を終わらせてもらいます。
ここから先は、いよいよ最終予想へ入っていきたいと思います!

スポンサーリンク

テレ玉杯オーバルスプリント 最終予想

今回の予想では◎~★まで、すべての印を紹介させてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
◯オウケンビリーヴ
▲ウインムート
△ネロ
△ノブワイルド
★アンサンブルライフ

テレ玉杯オーバルスプリントの印馬解説と買い目は地方競馬メルマガで配信予定ですが、こちらの方でも公開しています。非会員の皆様はこちらのURLからどうぞ。買い方に一工夫入れています。

これを機に地方競馬メルマガ会員に、ご興味を持ってくださった方はコチラからどうぞ。

 

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.