【秋華賞2023】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは、アギョウです!

今回は秋華賞の追い切り診断となります。

それでは早速リバティアイランドから見ていきましょう。

▼当ブログ実績▼

リバティアイランド

1週前にラスト3ハロン35.5秒という驚異的なタイムをマーク。併せ馬を全く相手にしない流石の動きを見せていました。最終追い切りも一杯に追われる併せ馬を尻目に、楽々と先着する動きが出来ています。

この馬は新馬戦の段階でラスト3ハロン36秒台前半を連発するなど、元々調教では良い動きを見せるタイプでしたが、一夏越した今回はこれまで以上の動きとなっています。

追い切りを見る限りは死角らしい死角はなさそうで、むしろこれまでよりパワーアップした走りに期待できるかもしれません。万全の仕上がりでしょう。

追い切り評価S

ハーパー

1週前、2週前と併せ馬をしてシッカリ先着。最終追い切りも終い重視で軽く流す程度でしたが、それでもラスト2ハロンを11.9-11.6秒という速いラップを刻む動きも出来ています。

この馬はクイーンカップや桜花賞の時なんかは併せ馬に遅れるなど、あまり調教では動かない印象もあった馬ですが、今回はしっかりと動けています。

こちらも休み明けですが仕上がり面の不安はなさそうで、いきなりから近走ぐらい走れていい仕上がりでしょう。ここでは状態面というよりも能力的にどうか、適性がどうかなどの方が重要になりそうです。

追い切り評価「A

マスクトディーヴァ

最終、1週前ともに目立った時計は出していませんが、この馬は前走もこんなものでした。1週前のCWでのタイムが微妙だからと言って割引する必要は全くありません。

むしろ中3週と間隔が詰まりますが、1週前にしっかり併せ馬。最終追い切りの坂路では終い最速と、前走とほぼ同じような調整過程を踏めている点は好感が持てます。

流石に前走から上積みまではなさそうですが、今回も前走ぐらいは問題なく走れそうな感じがします。しっかり好調キープと見ていいでしょう。

追い切り評価「A

エミュー

この馬もあまり調教では速い時計を出さない馬。あまり調教では動かないタイプですが、それでもこの馬で一番良かったフラワーカップの時は、馬なりで楽々と終い11秒台が出ていました。

それと比較すると今回は1週前に終い11秒台が出ましたが、強めに追ってのものでフラワーカップの時ほど楽な手応えではありませんでした。最終追い切りの坂路でもこれといって目立つ動きではなく、今回もフラワーカップの時ほど絶好の仕上がりにない可能性が高いです。

フラワーカップより少し下。前走と同じくらいの状態でどこまで頑張れるかでしょう。

追い切り評価「B

キタウイング

美浦所属馬ですがこの中間は栗東で調整を行いました。最終追い切りで少し速い全体時計を出すと坂路で終い13秒台。1週前もCWで強めに追って格下相手に併せ馬で遅れるなど、あまり調教では動けていません。

同じく栗東での調整だった桜花賞やチューリップ賞の時は坂路で大きく失速することはなかったですし、併せ馬に遅れるようなこともなかっただけに、これは少し気がかりです。

今回は本調子にない可能性が高く、桜花賞やチューリップ賞などと比べても下の仕上がりかなと見ています。

追い切り評価「B

グランベルナデット

1週前に南Wでまずまずの時計が出ましたが、これはかなり内側を通ってのものでした。前走や前々走などは同じような時計が、馬場の大外を通って出していただけに、今回は馬場の内側を通る形になったのは個人的に気になるところです。

最終追い切りも前走がラスト3ハロン36秒台前半。それに対して今回は37秒台後半となっており、前走や前々走ほど良いようには見えません。

間隔が詰まっての出走になるため仕方ないところもありますが、今回は前走以上ということはなさそうで、良くて前走同様まで。個人的には前走より下の状態である可能性が高いと見ています。

追い切り評価「B

コナコースト

2週前にCWの自己ベストを更新し、1週前にその自己ベストを更に塗り替える形になっていました。最終追い切りでは坂路の自己ベストを更新するなど、この中間は自己ベスト更新を連発しています。休み明けながら良い状態に仕上がっているのはもちろん、これは夏を休んでいる間の大きな成長にも期待してもいいでしょう。

前走オークスではいつも一杯、強めに追って速い時計を出しているこの馬が、馬なりのみの調整。この馬としては軽めの調教になるなど、エルフィンステークスからの使い詰めで流石に状態的に厳しい印象でしたが、一休みを入れた今回は良いリフレッシュになったのでしょう。以前のような活気が戻ってきています。

いきなりから能力全開の仕上がりなのはもちろん、今回は夏を休んでいる間の大きな成長にも期待できそうということで、ここは万全の仕上がりと言って間違いないでしょう。

追い切り評価S

コンクシェル

1週前にCWの自己ベストを3秒以上更新。この時は終いも11秒台でまとめるなど最低限の失速までに留めていました。

最終追い切りも楽に終い11秒台中盤が出ていますし、これは状態が良さそうです。中3週と間隔が詰まっての出走でデキ落ちどころか、前走以上があるかもと思わせるほどです。

今回は自分の形にさえ持ち込めば、一気の巻き返しがあっても不思議無いでしょう。仕上がりとしては連勝時と遜色ないものがありそうです。

追い切り評価「A

ドゥーラ

1週前にCWで併せ馬に先着。最終追い切りも坂路で楽々終い最速でまとめる動きが出来ており悪くない仕上がりでしょう。今回もこの馬の能力は出せていい状態です。

ただこの馬で一番良かったオークスの時はCWでラスト3ハロン36秒台。坂路でも終い11秒台の動きが出来ていましたが、今回はオークスの時ほどは動けていません。

仕上がりとしても今回はオークスの時ほど絶好ではないかなという印象で、ここは前走と同じくらい。オークスよりは下。前走と同じくらいでどこまで勝負になるかでしょう。

追い切り評価「A

ドゥアイズ

1週前にCWの自己ベストを更新。終い失速する形でしたが動きとしては、そこまで悪くないものでした。最終追い切りは全体時計こそ遅めですが終い11.3秒。なかなか鋭い末脚を見せています。

これまで必ずしていた併せ馬を全くしていないのは気がかりですが、この馬も休み明けながら大方仕上がっているかなという印象です。ここに来てグッと良くなった感じまではありませんが、桜花賞ぐらいは走れていい状態かなと思います。

追い切り評価「A

ヒップホップソウル

最終、1週前と府中牝馬ステークスに出走予定のプレサージュリフトと併せ馬をして互角の動きを見せていました。3歳春頃は終い12秒台になることもありましたが、この中間は終い11秒台を連発。春とは違う動きとなっています。

ただこの馬は休み明けだった紫苑ステークスの時も、かなり調教で動いており、最終1週前ともに終い11秒台前半を連発する動きでした。今回は叩き2走目になりますが前走からの上積みまではないでしょう。

ここは春以上の状態。前走と同じくらいは走れそうな状態で好調キープといった感じでしょう。ここも前走ぐらい走ってどこまで通用するかです。

追い切り評価「A

マラキナイア

間隔が詰まっての出走になるということもあり、この中間は日曜日にCWで速い時計を1本だけ出す形となりました。最終、1週前ともに坂路で軽く流す程度になっています。

同じ中3週でも1勝クラスを勝った時なんかは1週前、週末、最終追い切りと坂路でしっかり時計を出していただけに、これは少し気がかりです。

休み明けだった前走が出走権利を取るためか、かなり入念な乗り込みを行っていただけに、今回は良くて前走同様まで。個人的には前走の方が良かったかなという感じさえあります。

追い切り評価「B

ミシシッピテソーロ

最終、1週前と古馬1勝クラスを相手に互角程度の動き。時計もしっかり出ており、今回も決して悪い動きではありませんでした。ただ前走が格上のウイングレイテストを相手に併せ馬で先着するなど、かなり良い動きだっただけに、それと比べてると少しどうかなという印象もあります。

大きな休みもなくコンスタントに使っているということもあり、ここに来ての大きな上積みはなさそうです。ここは良くて前走同様といったところでしょう。仕上がりとしては良くも悪くも安定している印象を受けます。

追い切り評価「B

モリアーナ

1週前に大きく前を先行する併せ馬を追いかけてシッカリ先着。最終追い切りは馬場の内側を通る形でしたが、それでも余裕のある手応えで終い11秒台を出すことが出来ていました。最終追い切りは馬場の最内を通ってのものなので過信は禁物ですが、それでも決して悪いという感じはしません。

個人的には休み明けだった前走もしっかり仕上がっていたと見ているだけに、そこから大きな上積みがあるようには見えませんが、デキ落ちという感じもしません。まさにしっかり好調キープ。前走ぐらいの状態をキープしているでしょう。

追い切り評価「A

ラヴェル

休み明けだった前走は速い全体時計だったとはいえ、終いに大きく失速しており、休み明けっぽいなという感じの仕上がりでしたが、一度使った今回は終いに失速することなく、最後まで加速する動きが出来ていました。これは叩き2走目の上積みがありそうです。

前走があくまで前哨戦の仕上げだった分、中3週と間隔が詰まっての出走でも良い動きが出来ているかなという印象もありますし、ここを目標にきっちり仕上がったと思います。今回はオークスぐらい走れてもいい状態でしょう。

追い切り評価「A

ソレイユヴィータ

前走は1週前に終い10秒台を出して併せ馬を大きく突き放す動きを見せるなど、ここへの出走権を狙ってかなり仕上げているなという印象がありましたが、その分今回は前走ほど目立った動きが出来ていません。

大敗こそしましたが仕上がりとしては前走がピークだったかなという感じがします。ここは良くて前走同様までで、状態的に前走以上は厳しいかなと思います。

追い切り評価「B

ピピオラ

この馬はモーリス産駒らしく調教でよく見せることが多い馬で、未勝利戦を勝った時なんかは、馬なりのままで終い11.2秒をマークし併せ馬を置き去りにする動きが出来ていました。

それが今回は最終、1週前ともに強めに追われるシーンがあり、最終追い切りに至ってはラスト1ハロンで失速するような形になっていました。CWで終い失速するのは3月16日以来。未勝利戦で大敗した時以来のことになります。

これは仕上がり的にどうかなという印象で、ここはとりあえず出るという感じになるのではないかと思います。

追い切り評価「B

フェステスバント

1週前に坂路で一杯に追ってなんとか併せ馬に食らいついていくという感じの動きでした。最終追い切りこそなんとか併せ馬に先着することが出来ていましたが、内を通ってなんとか交わしたという感じで、これもあまり目立った動きではありません。

北海道にいた頃は函館のウッドで併せ馬を置き去りにする動きが出来ていたことを考えると、今回の動きは少し物足りません。北海道での動きと比較すると、もしかしたら北海道での調整が合うタイプなのかもしれません。

北海道の近4走ほど良い状態にはないかなと見ていて、今回は5走前や6走前など、1勝クラスで大敗していた時と同じくらいの仕上がりになるかなと思います。

追い切り評価「B

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...