2018年競馬予想記事

【ステイヤーズステークス2018】過去データ・消去法データ

投稿日:

今回はステイヤーズステークス過去データ分析となります。

今週末は中山競馬場にてステイヤーズステークスが行われます。現代ではめっきり少なくなった生粋のステイヤーを決める戦い。それがステイヤーズステークスです。同じ長距離重賞として天皇賞春や菊花賞がありますが、先日の菊花賞を見てもらえばわかるように、近年は生粋のステイヤーというのがまったく見られなくなりました。どの馬も中距離からの惰性で長距離を使っているような馬ばかり。この2レースは距離はお飾りにしか過ぎません。しかしこのステイヤーズステークスは違います。このレースの4連覇がかかるアルバート。この馬は現代では稀有な生粋のステイヤーです。またダイヤモンドステークス2着の実績があるリッジマン、オジュウチョウサンの全弟コウキチョウサンなどが揃い、本当の長距離戦を見せてくれるはずです。さて本当の長距離戦を制するのはどの馬なのか。今から非常に楽しみですね。というわけでステイヤーズステークス過去データ分析です。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ステイヤーズステークス 過去データ

過去10年間のデータから、今回は人気・馬齢・枠順・脚質の基本データに加えて、前走距離・前走場所・前走着順のデータを見ていくことで今回のステイヤーズステークスで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 5- 1- 1- 3/ 10
2番人気 0- 2- 3- 5/ 10
3番人気 1- 1- 2- 6/ 10
4番人気 1- 3- 1- 5/ 10
5番人気 1- 0- 0- 9/ 10

1番人気が過去10年5勝。1番人気に活躍というのが際立っています。2~4番人気も複勝率50%程度をマークしており、人気サイドの決着が目立つレースといって良さそうです。ステイヤーズステークスは3600メートルという長距離戦ですから、展開による紛れというのが少なく、どの馬もしっかり実力を出し切ります。そうなれば能力上位の馬というのが必然的に上位を占めてしまいますよね。

馬齢

年齢 着別度数
3歳 2- 2- 0- 6/ 10
4歳 1- 2- 4- 17/ 24
5歳 3- 1- 1- 29/ 34
6歳 2- 2- 1- 30/ 35
7歳 0- 1- 1- 15/ 17
8歳 1- 1- 1- 9/ 12

3600メートルという特殊な距離でも基本は変わらず。3~5歳をピークにして、あとは徐々に成績下降の傾向が出ています。何やら長距離戦は、高齢馬でも大丈夫という謎の風潮もあるようですが、そんなのはまやかし。高齢馬の方が厳しい結果になりやすいというのは、データがしっかりと示しています。

枠順

枠番 着別度数
1枠 2- 0- 2-10/14
2枠 1- 2- 1-13/17
3枠 2- 0- 0-15/17
4枠 1- 1- 2-15/19
5枠 2- 3- 1-13/19
6枠 0- 1- 1-17/19
7枠 0- 2- 3-15/20
8枠 2- 1- 0-17/20

1~3枠が過去10年5勝、6~8枠が過去10年2勝ということを考えると、内枠有利ということでいいと思います。3600メートルという長い距離を走るわけですから、少しでもロスの少ない内枠が有利のは必然といえば必然です。特に1枠は過去10年で単勝回収率、複勝回収率がともに100%を超えています。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 2- 0- 12/ 14
先行 6- 5- 0- 19/ 30
中団 4- 3- 6- 39/ 52
後方 0- 0- 3- 44/ 47
マクリ 0- 0- 1- 0/ 1

先行、中団からの馬で過去10年10勝と、勝ち馬のすべてを占めています。逃げや後方からのような極端な競馬をした馬というのは勝ちきれていない印象で、あっても2,3着というレースが続いています。ステイヤーズステークスは馬群の中で、足を溜めることができるような馬。つまり折り合いがすんなりつくようなタイプがいいということです。

消去法データ

ここからは消去法データ。今回のステイヤーズステークスで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走距離

前走距離 着別度数
1600m 0- 0- 0- 1/ 1
1700m 0- 0- 0- 0/ 0
1800m 0- 0- 1- 5/ 6
1900m 0- 0- 0- 1/ 1
2000m 0- 4- 2- 21/ 27
2100m 0- 0- 0- 2/ 2
2200m 0- 0- 0- 9/ 9

前走2200メートル以下を使った馬(メドウラーク、マイネルミラノなど)というのは過去10年で勝ちがありません。やはり1500メートル以上もの距離延長というのは、普通に考えて厳しいですよね。今年も該当馬が多数いるので、これは意外にも侮れないデータとなりそうです。

前走場所

前走場所 着別度数
札幌 0- 0- 0- 5/ 5
函館 0- 0- 0- 4/ 4
福島 0- 0- 0- 6/ 6
新潟 0- 0- 0- 4/ 4
東京 7- 4- 7- 62/ 80
中山 0- 0- 0- 4/ 4
中京 0- 0- 0- 0/ 0
京都 3- 6- 3- 29/ 41
阪神 0- 0- 0- 1/ 1
小倉 0- 0- 0- 0/ 0

前走東京もしくは京都だった馬が過去10年10勝。逆に考えると前走東京もしくは京都ではなかった馬(アルター、リッジマンなど)というのは不振に陥っています。これは前走が東京、京都でなかった馬というのは基本的に休み明け。3600メートルもの距離をこなすのは休み明けでは厳しということでしょうね。ここは順調に使われてきている馬を重視するべきだと思います。

前走着順

前確定着順 着別度数
前走1着 1- 0- 1- 3/ 5
前走2着 0- 0- 1- 0/ 1
前走3着 0- 2- 0- 3/ 5
前走4着 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 0- 1- 0- 0/ 1
前走6~9着 0- 0- 0- 6/ 6
前走10着~ 0- 0- 0- 8/ 8

集計範囲:前走1600万条件

前走1600万条件で負けた馬(コウキチョウサン、マサハヤダイヤ、ララエクラテールなど)は過去10年で勝ったことがありません。いくらステイヤーズステークスが3600メートルという特殊な舞台だからといって、1600万条件で負けているようでは能力的に厳しいです。ここではオープンクラス入りしている馬を、素直に買いましょう。

まとめ

ここまで紹介した基本データと消去法データ。これらを総合してデータ的に最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

データを見る限り、今年もこの馬の好走率が最も高いと思います。中山3600メートルへの適正はもちろん文句なし。この馬のこれまでの実績がすべてを語っています。前走、前々走と見る限り、年齢的な衰えもそこまでなさそうですし、昨年と同様のパフォーマンスに期待できると思います。ローテーションもほぼ同じですしね。鞍上も前々走の競馬を見る限りでは、鞍上バッチリでしょう。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・アドマイヤエイカン、トウシンモンステラ、モンドインテロ、ヴォージュ

アギョウ
最終的な見解は週末に公開予定です。ツイッターのフォローもお待ちしています!ツイッター→https://twitter.com/agyo_keiba

チャンピオンズカップの過去データ分析も行っておきます。まだ見てないよって方はぜひ!

【チャンピオンズカップ2018】過去データ・消去法データ

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.