2018年競馬予想記事

【スプリンターズステークス2018】過去9年間のデータ・傾向

更新日:

今回はスプリンターズステークス過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

さあついにやってきた秋G1の開幕。今回のスプリンターズステークスを皮切りに秋華賞、菊花賞、天皇賞秋と怒涛のG1ラッシュです。さてその第1弾スプリンターズステークスということで、いつも通りまずは過去データ分析から入っていきます。スプリント界の王者レッドファルクスの3連覇がかかっていますが、近走の低迷ぶりを見ると年齢も年齢でピークが過ぎてしまった感があります。さらにそこにMデムーロ騎手の騎乗停止が重なってきて、これは3連覇に暗雲が立ち込めている感じ。新星スプリント王者の誕生も間近なのではないでしょうか。その筆頭がファインニードル。高松宮記念を圧巻のパフォーマンスで勝利したあと、前走のセントラルステークスでもレベルの違いを見せつけていました。実力や実績的にはレッドファルクスvsファインニードルという様相ですが、ナックビーナスやレッツゴードンキなどの牝馬スプリンターなども控えています。次のスプリント界を背負って立つのはどの馬なのか。今からとても楽しみな一戦です。どの馬を本命にするべきか迷ってしまいますよね。

なので、今回は過去データの観点から狙い馬を絞っていこうかなと思います。

人気馬たちは過去データ的にどうなのか。過去データから浮き上がってくる意外な穴馬はいないのか。このあたりを見つつ本命馬をある程度絞っていければなーと思います。スプリンターズステークスは2014年は新潟開催だったため、過去9年間のデータを参照していきますのでご注意ください。というわけでスプリンターズステークスの過去データ分析です。

それでは、本題に入っていきましょうか。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



スプリンターズステークス 過去データ分析

過去9年間のデータを参照して、今回のスプリンターズステークスで期待値が高いを導き出します。今回は前走騎手・前走人気・種牡馬・母父馬。大きく分けてこの4つのデータを見ていこうと思います。それでは、各データの考察に入っていきましょう。

前走騎手別データ


まずは、過去9年間の前走騎手別データから見ていきましょうか。このデータでは前走から同騎手の継続騎乗となった馬(セイウンコウセイ、タマモブリリアン、ダイメイプリンセス、ティーハーフ、ナックビーナス、ヒルノデイバロー、ファインニードル、ムーンクエイク、ラッキーバブルズ、レッツゴードンキ)が、スプリンターズステークスを独占状態。過去9年間の連帯馬はすべて継続騎乗の馬たちでした。1200メートルという行きつく暇のない距離ですから、一瞬の判断ミスが明暗を分けることが往々にしてあるのでしょう。馬の仕掛けどころなどを熟知している騎手でなければ難しいのだと思います。今回乗り替わりとなった馬(アレスバローズ、カイザーメランジェ、キャンベルジュニア、キングハート、スノードラゴン、ブラヴィッシモ、ラインスピリット、ラブカンプー、レッドファルクス、ワンスインナムーン)はあっても3着までというデータになっています。

消すデータ①今回乗り替わり
該当する人気馬:アレスバローズ、ラブカンプ-、レッドファルクス

前走人気別データ

次に、過去9年間の前走人気別データです。このデータでは前走5番人気以上だった馬(アドマイヤゴッド、アレスバローズ、カイザーメランジェ、キャンベルジュニア、キングハート、グレイトチャーター、スノードラゴン、タマモブリリアン、ティーハーフ、ヒルノデイバロー、ブラディッシモ、ラインスピリット、ラッキーバブルズ、レッドファルクス)は勝ちがありません。連対率、複勝率も低めで馬券になったのは過去9年間で3頭だけです。やはりG1という大舞台ですから前走でも4番人気以上に支持されたような馬たち(セイウンコウセイ、ダイメイプリンセス、ナックビーナス、ファインニードル、ムーンクエイク、ラブカンプ-、レッツゴードンキ)が順当に結果を残しているということでしょう。

消すデータ②前走5番人気以上
該当する人気馬:アレスバローズ、レッドファルクス

種牡馬別データ

続いて、過去9年間の種牡馬別データとなります。こちらを見ると何やら青色と黄色に分類された種牡馬たちの好走が目立ちますよね。青色はネイティブダンサー系、黄色は二アークティック系と呼ばれる種牡馬たちです。ネイティブダンサー系と二アークティック系のお父さんを持つ馬たち(カイザーメランジェ、キャンベルジュニア、セイウンコウセイ、ダイメイプリンセス、ティーハーフ、ムーンクエイク、ラインスピリット、レッツゴードンキ、レッドファルクス、ワンズインナムーン)をスプリンターズステークスでは重視するべきなのではないでしょうか。逆に日本主流であるピンク色のロイヤルチャージャー系、サクラバクシンオーを始めとした緑色に分類されるナスルーラ系のお父さんを持つ馬たち(アドマイヤゴッド、アレスバローズ、キングハート、グレイトチャーター、スノードラゴン、タマモブリリアン、ナックビーナス、ヒルノデイバロー、ブラヴィッシモ、ラッキーバブルズ、ラブカンプ-)はフジキセキ産駒であるストレイトガールの1番人気→1着のみと苦戦を強いられています。

消すデータ③父ロイヤルチャージャー系または父ナスルーラ系
該当する人気馬:アレスバローズ、ナックビーナス、ラブカンプ-

母父馬別データ

そして最後に過去9年間の母父馬別データです。こちらは種牡馬別データとは打って変わってロイヤルチャージャー系の活躍が目立ちますね。母父になっても相変わらずニアークティック系は結果を残しています。ここでは母父ロイヤルチャージャー系、二アークティックの馬(アドマイヤゴッド、カイザーメランジェ、キャンベルジュニア、グレイトチャーター、スノードラゴン、タマモブリリアン、ダイメイプリンセス、ティーハーフ、ナックビーナス、ブラヴィッシモ、レッツゴードンキ、レッドファルクス)たちに要注目です。種牡馬として猛威を振るっていたネイティヴダンサー系ですが母父としては微妙なデータ。そしてナスルーラ系は母父トニービンが勝ち負けを演じていますが、これはあの名牝カレンチャンが残したもの。同じトニービンでもアルティマトゥーレが1番人気→5着だったわけですからナスルーラ系がいうわけではなさそうです。よって母父ネイティヴダンサー系もしくは母父ナスルーラ系の馬たち(アレスバローズ、キングハート、セイウンコウセイ、ヒルノデイバロー、ファインニードル、ムーンクエイク、ラインスピリット、ラブカンプ-、ワンスインナムーン)は軽視でもいいのではないでしょうか。

消すデータ④母父ネイティヴダンサー系または母父ナスルーラ系
該当する人気馬:アレスバローズ、セイウンコウセイ、ファインニードル、ラブカンプ-

スポンサーリンク

スプリンターズステークス 過去データ分析まとめ

ここまで紹介した消すデータ。これらに当てはまらなかった期待値の高い馬はどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

前走こそ不甲斐ない結果に終わってしまいましたが、前走は展開の不利があった。直線に入ってからも進路を確保するのに手間取り仕掛けが遅れていました。あれでは負けてしまうのも当然です。前走は度外視できる内容だったと思います。それまでは1200メートルで常に善戦を続けてきた馬ですし、ここでの巻き返しは必至なのではないでしょうか。データ的にも非の打ち所がありませんし、あとは得意の内枠を引ければ勝ち負けのチャンスまであると思います。

おすすめ馬以外に期待値の高い馬
・ダイメイプリンセス

週末には最終的な予想を公開するので、今回の記事が気に入っていただけたらブックマーク登録をお願いします。ツイッターをフォローしていただければ更新情報がすぐにキャッチできます。ツイッターは下のプロフィールからどうぞ!あとSNSで共有してくれると嬉しいです!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

シリウスステークスの過去データ分析も行っておりますので、まだ見てないよって方は是非!
【9月29日追記】スプリンターズステークスの最終予想を公開しました。本命はこちらで紹介しています!

【スプリンターズステークス2018】予想と追い切り診断【最終予想】

【シリウスステークス2018】過去10年間のデータ・傾向

≪PR≫隙間時間で!血統を勉強するなら競馬ゲームアプリ

ダービーインパクトは騎手・馬・レース場全て実名であるのはもちろん、フル3Dグラフィックのレースシーンは熱狂もの!アプリ内で実際の競馬と合わせたレース予想イベントや、『先行』や『逃げ』などの脚質に合わせたレース予想が学べるのがおすすめポイント!血統の奥深さを楽しみながら、自分だけの最強馬でG1・地方レース・海外レースを制しましょう。さらに今なら新人オーナーログインプレゼントを実施中。有名騎手や有名馬が手に入ります!

詳細は下記のリンクからどうぞ。

ダービーインパクト

ダービーインパクト
開発元:Ateam Inc.
無料
posted withアプリーチ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.