2019年競馬予想記事

【スプリングステークス2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回はスプリングステークス過去データ分析となります。

今週末は中山競馬場にてスプリングステークスが行われます。ついに春のクラシック一発目、桜花賞までもう一か月を切ったということで、春のクラシックへ向けての戦いも佳境へと入ってきました。昨年はこのレースをステップにしてエポカドーロが皐月賞が制するなど、近年はウインブライトやキタサンブラックなどの活躍を輩出する好レースとなります。さぁ今年はどの馬がスプリングステークスをステップにして、春のクラシックへ挑戦するのか。ファンタジスト、クリノガウディーなどの朝日杯フューチュリティステークス組が勝つのか。それともロジャーバローズやヒシイグアスなどの上がり馬が勝つのか。春のクラシックへの挑戦権をかけた一戦。今から非常に楽しみです!というわけでスプリングステークスの過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



スプリングステークス 過去データ・傾向

今回は中山競馬場の馬場改修後、過去4年間のデータから人気・枠順・脚質の基本データに加えて、前走クラス・前走着順・前走距離・所属データを見ていくことで今回のスプリングステークスで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

スプリングステークス 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 1- 1- 1- 1/ 4
2番人気 0- 1- 1- 2/ 4
3番人気 0- 1- 0- 3/ 4
4番人気 1- 0- 0- 3/ 4
5番人気 2- 1- 0- 1/ 4

1~5番人気で過去4年4勝。スプリングステークスは人気サイドで決まるレースと見ていいでしょう。この時期は、春のクラシックを見据えた有力馬が続々と出てくるので、どうしても素質重視の一戦になってしまいます。春のクラシックでも有力だと思われている馬たちが上位人気を形成し、順当に結果を出していくのです。ただ、人気サイドで決まるのですが、その中でも小波乱の余地がありそうです。2,3番人気は勝ったがなく、5番人気の過去4年2勝という感じですからね。このスプリングステークスでは素質+αのレースといった感じでしょうか。じゃあその+αとは何なのか。それは脚質データでお話しするので、お楽しみに!

枠順

枠番 着別度数
1枠 2- 0- 0- 2/ 4
2枠 0- 0- 0- 4/ 4
3枠 0- 0- 0- 4/ 4
4枠 0- 2- 0- 3/ 5
5枠 0- 1- 0- 5/ 6
6枠 1- 0- 2- 5/ 8
7枠 0- 1- 0- 7/ 8
8枠 1- 0- 2- 5/ 8

うーん、これは大きな枠順傾向はないと見るべきでしょうか。1枠が単勝回収率、複勝回収率ともに100%を超えているのですが、2,3枠は馬券絡みなし。4~8枠にかけても、ほぼフラットという感じなんですよね。内枠有利とも外枠有利とも言い難いです。スプリングステークスでは枠順云々というよりは、まず素質。その次に脚質データでお話しする+αの要素が重要になってくるのです。ここで多く語ることはできないので、それではお待ちかねの脚質データに入っていきましょうか。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 1- 0- 3/ 4
先行 1- 1- 3-10/15
中団 3- 2- 0- 9/14
後方 0- 0- 1-12/13
マクリ 0- 0- 0- 1/ 1

一見するとこれの何が+αの要素なの?と思われるかもしれませんが、脚質データをさらに細分化した4角位置のデータを見てもらえばわかりやすいかなと思います。それじゃあ4角位置のデータを見ていきましょうか。

4角位置 着別度数
7番手以内 4- 4- 3-23/34
10番手以内 4- 4- 4-30/42

こちらが4角位置のデータとなります。これを見てもらえば一目瞭然。過去4年の連対馬はすべて4角7番手以内の馬たちでした。これから分かるようにスプリングステークスは前有利のレースなのです。小回り中山での一戦になりますから、後方一気という馬はなかなか勝ち切ることができません。スプリングステークスに小波乱の余地があるのは、前走などで目立った末脚を見せていた馬が人気になるも差し届かないというパターンが多いからなのです。スプリングステークスでは先行力上位の素質馬から入るというのがセオリーとなるのです。

スプリングステークス 消去法データ

ここからは消去法データ。今回のスプリングステークスで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走クラス

前走クラス 着別度数
新馬 0- 0- 0- 2/ 2
未勝利 0- 0- 0- 3/ 3
500万下 3- 3- 1- 8/15
G3 0- 1- 1-14/16
G2 0- 0- 1- 2/ 3
G1 1- 0- 1- 3/ 5

前走新馬戦もしくは未勝利という馬(ニシノカツナリ、アンクルテイオーなど)は、過去4年で馬券になったことがありません。スプリングステークスは基本的に素質重視という話しはしましたが、この時期まで新馬戦や未勝利戦をうろうろしていたような馬は、素質的に微妙です。逆に前走500万条件組というのが好相性。前走重賞組よりも好走が目立つのは、春のクラシックへの挑戦権を獲得するために、前走500万条件組はメイチで来るからでしょうね。前走重賞組はある程度の実績がある馬が大半なので、ここを叩き台にして本番へという感じなのでしょう。ここでは前走500万条件組に要注目です。

前走着順

前確定着順 着別度数
前走1着 3- 4- 1-16/24
前走2着 1- 0- 2- 4/ 7
前走3着 0- 0- 0- 1/ 1
前走4着 0- 0- 1- 3/ 4
前走5着 0- 0- 0- 1/ 1

前走3着以下…と行こうと思ったのですが、唯一、このレースを前走2着で勝った馬というのは昨年のステルヴィオです。このステルヴィオが前走で敗れてしまった馬というのは、先日の金鯱賞を制したダノンプレミアムです。僕はダノンプレミアムは名馬級の馬だと思っているので、ステルヴィオの前走2着というのは、実質の1着みたいなものだと思います。なので、ここは前走負けてしまった馬(クリノガウディ-、シークレットランなど)を消させてください。今年はダノンプレミアム級の馬は見当たりませんから、おそらく大丈夫だと思います。

前走距離

前走距離 着別度数
1400m 0- 0- 0- 1/ 1
1600m 1- 1- 1- 7/10
1800m 1- 1- 1-13/16
2000m 2- 2- 2-12/18

こちらも前走1400メートル以下…と思ったのですが、前走1600メートルで勝った馬というのは先程のステルヴィオのみ。このステルヴィオは朝日杯フューチュリティステークスからの直行でした。その他に前走1600メートルで馬券になった馬というのは、ほとんどが朝日杯フューチュリティステークス組です。なので、ここでは前走が朝日杯フューチュリティステークス以外で、前走1600メートル以下の馬(エメラルファイト、ディキシーナイトなど)というのを消させてください。前走マイルという馬はスタミナが足りず、最後に待っている中山の急坂で脚が止まってしまいます。ただ、前走で朝日杯フューチュリティステークスを走っていたような馬というのは素質上位。その素質の高さでこなしてしまうということなのでしょうね。今回はややこしい消去法が続きますが許してくださいw

所属

調教師 着別度数
(美)木村哲也 1- 0- 0- 1/ 2
(美)堀宣行 1- 0- 0- 2/ 3
(栗)清水久詞 1- 0- 0- 1/ 2
(美)畠山吉宏 1- 0- 0- 1/ 2

最後に所属データです。こちらもややこしいのでよく聞いてくださいw こちらは過去4年の勝ち馬の調教師一覧ですが、栗東が過去4年1勝と不振です。これは輸送の影響でしょうね。まだまだこの時期は気性的に幼い馬が多いですから、輸送というのは少なからずレース結果に影響を与えます。栗東所属で唯一勝ったのはあのキタサンブラック。実はこのキタサンブラックは栗東所属なのですが、デビュー戦が東京、続く500万条件も東京と、栗東所属馬にも関わらず、このスプリングステークスまで頻繁に関東遠征を行っていた馬でした。何が言いたいのかいうと、今回が初の関東遠征となる栗東所属馬(ロジャーバローズなど)はダメだということです。これまでに輸送経験がある馬なら大丈夫ですが、初の輸送というのはどうしてもマイナス材料になりますよね。そういう理由から、今回が初の関東遠征となる栗東所属馬は、過去4年で勝ったことがないのでしょう。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは1頭。ここは文句なしでこの馬です。この馬は前走こそ微妙なパフォーマンスでしたが、前々走の未勝利戦で見せたパフォーマンスが破格。息の入らない厳しい展開を自ら作り出し、終いも上がり最速で勝つという圧巻のものでした。僕はこれを見たときにクラシックでも十分に通用する器だと思いました。しかし前走は辛勝という感じで、期待外れだったのですが、おそらくこの馬は瞬発力勝負が不得意なのでしょうね。長くいい脚を使えるタイプなのだと思います。そう考えれば、前走の走りに納得がいきます。例年、スプリングステークスはレース上がり36秒台になることが大半。キタサンブラックが勝った年はレベルが高かったので、レース上がり34秒台になりましたが、基本的には上がりのかかる勝負になるのです。長くいい脚が使えるこの馬にはピッタリなレースだと思います。素質的にも新馬戦でラストドラフトとタイム差なしと考えれば、十分に足りるはず。前々で運べる脚質でもありますし、データ的にはこの馬しかないとまで言ってもいいかもしれません。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・なし

アギョウ
最終的な予想は中央競馬プレミアムで公開します。ご興味がある方はぜひ!

競馬で勝ったときに読んでください

ここを読んでいるという競馬で勝ったんですね? おめでとうございます!
それじゃあ、ぱっーといきましょうか! さぁAmazonで欲しかったものを買いましょう!
また「お前の予想を参考にして当たったぞ!」っていうかたは、ぜひTwitterなどで的中報告を頂けると幸いです。
さらに、よろしければ「アギョウ場外発売所」から、僕のファングッズを買っていただけると嬉しいです!
正直に言うと、大したものは売ってませんw なので、投げ銭感覚で利用してくださいねw
また、皆さんの有益な予想をしていけるように頑張りますので、どうかよろしくお願いします!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.