2019年競馬予想記事

【皐月賞2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回は皐月賞予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



皐月賞 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回の皐月賞を見ていきますね。

枠順

まずは、皐月賞の枠順を見てきましょうか。

 1- 1アドマイヤマーズ
 1- 2サトノルークス
 2- 3ファンタジスト
 2- 4ダノンキングリー
 3- 5ランスオブプラーナ
 3- 6クラージュゲリエ
 4- 7ヴェロックス
 4- 8ニシノデイジー
 5- 9メイショウテンゲン
 5-10シュヴァルツリーゼ
 6-11ラストドラフト
 6-12サートゥルナーリア
 7-13ブレイキングドーン
 7-14ダディーズマインド
 7-15クリノガウディー
 8-16タガノディアマンテ
 8-17アドマイヤジャスタ
 8-18ナイママ

有力馬は1枠1番アドマイヤマーズ、2枠4番ダノンキングリー、6枠12番サートゥルナーリアといったところ。有力馬は内と外に綺麗に分かれるような形になりましたね。皐月賞は大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0- 7/ 7
2枠 1- 1- 0- 6/ 8
3枠 0- 1- 0- 7/ 8
4枠 1- 1- 1- 5/ 8
5枠 0- 0- 2- 6/ 8
6枠 1- 0- 1- 6/ 8
7枠 0- 1- 0- 9/10
8枠 1- 0- 0- 9/10

次の項では枠順データの他にも、皐月賞の過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

今回は中山競馬場の馬場改修後、過去4年間のデータから要注目のデータをいくつか参照していきます。

前走着差

前走着差 着別度数
負0.0 1- 1- 0- 3/ 5
負0.1~0.2 1- 0- 0-10/11
負0.3~0.5 0- 1- 1- 9/11
負0.6~0.9 0- 0- 0- 7/ 7
負1.0~1.9 0- 0- 0- 4/ 4

前走0.3秒以上負けてしまった馬というのは過去4年で勝ったことがありません。この皐月賞は牡馬クラシック戦線の大一番。前走で0.3秒以上負けてしまった馬が巻き返せるようはレースではありません。前走でも好勝負をしている馬からここでは選びましょう。

前走馬体重

前走馬体重 着別度数
440~459kg 0- 0- 0-10/10
460~479kg 1- 0- 1-16/18
480~499kg 2- 2- 2-16/22

前走馬体重459キロ以下の馬というのは過去4年で馬券になったことがありません。前走馬体重459キロ以下の馬というパワーとスタミナという点で、まったくダメですね。小柄な馬は中山の急坂で一気に失速してしまいます。ここでは最低でも前走馬体重460キロ以上が必要となります。

種牡馬

種牡馬 着別度数
ディープインパクト 2- 2- 1- 9/14
キングカメハメハ 1- 0- 0- 5/ 6
オルフェーヴル 1- 0- 0- 0/ 1

最後に種牡馬のデータ。こちらは過去4年の勝ち馬の種牡馬です。まずディープインパクトとオルフェーヴルはお馴染みのサンデー系。キングカメハメハは日本では実質キンカメ系。これらの種牡馬が上位独占する形になっています。皐月賞は一番スピードがある馬が勝つという格言はありますが、その格言の通りにここでは日本の芝適正が高いスピード系の種牡馬がいいのでしょうね。パワー、スタミナ、そしてスピード。これらを高いレベルで兼ね備えている馬でなければ、この皐月賞を勝つことはできません。そのうちのスピードが欠落していることの多い、父サンデー系、キンカメ系以外の馬は割引が必要でしょう。

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

アドマイヤマーズ【
栗東 坂路 重 4月10日(水)
53.4-38.9-25.8-12.9 終い強め
朝日杯フューチュリティステークスの時は一週前CWで一杯→最終坂路で一杯という、これ以上にない仕上げでした。それに対して、共同通信杯は馬なり→馬なりでの仕上げ。前走は間違いなく前哨戦仕上げでした。そして、今回はCW終い強め→坂路終い強めということで、いくらかお釣りを残した仕上げだと思います。この馬はノーザンファーム生産馬ということで、後述するサートゥルナーリアなどとの兼ね合いがあります。この馬の目標はここではなく、もう少し先でしょうね。ただ、仕上がりが悪いというわけではないので、共同通信杯以上、朝日杯フューチュリティステークス以下ぐらいのパフォーマンスを期待するべきではないでしょうか。

ダノンキングリー【
美浦 P 良 4月10日(水)
64.7-37.1-24.0-11.7 強め
素軽い動き。前走以上の気配を感じさせます。こちらは非ノーザンファームということで他馬に関係なく、しっかり仕上げてきているなという感じです。最終ポリトラックというのも、前走と前々走同様。ここにケチをつけることはしなくていいでしょう。ほぼ万全の仕上がりなだけに、あとはここでの力関係一つ。前走の瞬発力を見ると、皐月賞じゃなくてダービーで買いたいかなというのが、個人的な見解です。前走馬体重454キロというところを見ても、非力な感じが否めなく、勝ってこそいるものの中山適正には疑問が残ります。

サートゥルナーリア【
栗東 CW 重 4月10日(水)
70.0-54.5-40.3-11.8 馬なり
この馬に関しては言うことはないかなと思いますw 2歳の時から調教で素晴らしい動きを見せてくれる馬でしたが、ここに来て1段と成長した力強い動きが見られました。この時点の3歳馬としては、歴代でも最高峰クラスの完成度だと思います。ちょっとこれにケチをつけるのは無粋かなとさえ思いますねw ただ、馬なり中心の仕上げからわかるように、後々のことも考えた余裕のある仕上げなのだとは思います。圧倒的な1番人気ですし、余裕仕上げならできれば嫌いたいのがですが、冒頭でも言ったようにこの時期の3歳馬としては歴代でも最高クラスの完成度を誇っているだけに、これもそんな大きな問題にはならないと思いますがw

最終予想

印はYoutubeで公開しているので、良かったら見てください!

アギョウ
◎以外の印や買い目などは中央競馬プレミアムからどうぞ!

血統傾向についても、こちらで記事にしましたのでぜひご覧ください!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.