2019年競馬予想記事

【ラジオNIKKEI賞2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回はラジオNIKKEI賞予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ラジオNIKKEI賞 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回のラジオNIKKEI賞を見ていきますね。

枠順

まずは、ラジオNIKKEI賞の枠順を見てきましょうか。

 1- 1ギルマ
 1- 2マイネルサーパス
 2- 3ダディーズマインド
 2- 4ポルーニン
 3- 5ディキシーナイト
 3- 6ブレイブメジャー
 4- 7インテンスライト
 4- 8サヴォワールエメ
 5- 9ヒシイグアス
 5-10レッドアネモス
 6-11ヒルノダカール
 6-12ウインゼノビア
 7-13ゴータイミング
 7-14ブレイキングドーン
 8-15ランスオブプラーナ
 8-16アドマイヤスコール

有力馬は3枠5番ディキシーナイト、5枠9番ヒシイグアス、8枠15番ランスオブプラーナといったところ。有力馬は内、外、中と、綺麗に分かれるような形になりましたね。ラジオNIKKEI賞は大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 1- 0- 1-14/16
2枠 2- 3- 3- 8/16
3枠 1- 1- 2-12/16
4枠 0- 1- 0-16/17
5枠 1- 1- 1-15/18
6枠 1- 2- 0-15/18
7枠 1- 0- 0-17/18
8枠 2- 1- 2-13/18

次は枠順データの他にも、ラジオNIKKEI賞の過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

ラジオNIKKEI賞の過去データ分析は、こちらからどうぞ!

【ラジオNIKKEI賞2019】過去データ・傾向

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

ディキシーナイト【B
美浦 坂路 良 6月26日(水)
50.9-37.2-24.9-12.8 終い強め
最終、1週前と坂路で好時計をマーク。動き、時計ともに抜群と言って差し支えない感じだと思います。休み明けでも仕上がりは万全でしょう。ただ、これまではこの馬は南Wを中心とした調教をしてきた馬でした。前走も南Wを長めに追われて、なんとか距離をもたせたみたいな感じでした。父ダイワメジャーということ、坂路で50秒台をマークできるほどのスピードを見せていることから分かるように、本質的には1200~1600メートルに適距離がある馬だと思います。前走は南Wを長めに追って、1800メートルを我慢させたみたいなところがあると思っているだけに、今回のような坂路で時計を出す、短距離馬に施すようなスピード調教というのは、僕は裏目に出るのではないかと見ています。

ヒシイグアス【A
美浦 坂路 良 6月26日(水)
53.5-39.5-25.5-12.4 終い強め
今回は最終坂路→1週前南Wという調教パターン。これは前々走と同じパターンです。前走、新馬戦は最終南W→1週前南W、未勝利戦を勝った時は最終南W→1週前坂路と、今回と逆のパターンでした。今回のパターンでは1戦1勝ということですから、この調教パターンにケチをつける必要はないでしょう。仕上がりについては単純な時計比較では前走以上でしょう。同パターンだった2走前とは雲泥の差、今回の方が断然いいです。ここに来ての成長にも期待できるのではないかと思います。あとはここに入っての力関係だけなのではないかと見ています。調教からは減点材料というのは見当たりません。

ブレイキングドーン【A
栗東 CW 良 6月26日(水)
79.1-65.0-51.3-38.0-12.2 一杯
この馬はCWで長めに追われて好時計をマーク。CWの自己ベストを更新してきました。1週前にも馬なりで終い11秒台をマークしていたことから、仕上がりは申し分ないと思います。前走以上と思ってもらって大丈夫でしょう。ただ、この馬はレース後のコメントなどを見てもらえば分かるのですが、自らレースを辞めているようなところがあるみたいなんですよね。調教時計の通りに状態、能力ともに高い馬なのですが、この気性面が改善されない限り、いくら能力が高くて、状態が良くても、レースにはあまり直結しないと思います。福永騎手がこの馬だけではなく、同日に行われるCBC賞のレッドアンシェルを選んだのも、その辺でしょうね。ここもレースに行っての馬の気持ち次第ではないでしょうか。あんまりアテにはしづらい馬です。

最終予想

◎と〇をYoutubeにて紹介していますので良かったらぜひ!

アギョウ
◎以外の印や買い目などは、中央競馬プレミアムからどうぞ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.