2017年競馬予想記事

【有馬記念2017】予想と穴馬診断

更新日:

今回は有馬記念2017の予想となります。

これまで有馬記念2017に関しては、4つの記事を書いてきました。

予想オッズと有力馬診断
一週間前追い切り診断
過去データ分析と過去10年の傾向
キタサンブラックの弱点を教えます

これらはすべて有力馬を中心としたもので、穴馬についてはそこまで触れてきませんでした。

そこで、今回は穴馬たちにスポットを当てた記事を書いていこうと思います。
もしかしたら、思わぬ穴馬が出てくるかもしれませんからね。

今回は前置きもそこそこにして、さっそく本題へと入っていこうかと思います。

スポンサーリンク

有馬記念2017 穴馬診断

今回の有馬記念2017で、穴馬とするのは予想オッズ5番人気以下の馬たちです。
5番人気以上の馬たちは、有力馬として有力馬診断をしているので、そちらをご覧ください。
というわけで、有馬記念2017の穴馬たちを見てきましょうか。

・レインボーライン
この馬の持ち味は、なんといってもスタミナ。
サトノダイヤモンドに続いての、菊花賞2着。
重馬場や不良馬場での好走実績が、それを示しています。
しかし、現在の天気予報では雨予報はありません。
つまり、有馬記念2017で好走するためには、スタミナが生きるようなタフな展開になることが必要でしょう。
ただ、メンバー構成的からスローペースになる可能性が高いとみているだけに、ここではどうか。

 

・ヤマカツエース
前走は大外枠なので度外視。前々走も不良馬場はこの馬に合わないので度外視できるはず。
そうなれば、ここで通用しそうな実績を残していますし、能力も足りそうです。
距離2500mがどうかという点がありますが、それは昨年の有馬記念での結果から大丈夫だと判断しました。
今回は良馬場でやれそうですし、あとは内枠さえ引ければ、ここで好走してもおかしくないと思います。

 

・シャケトラ
この馬は日経賞での競馬が秀逸でした。
走破タイム2分32秒8は有馬記念の勝ち時計並みですし、レインボーラインなどにも先着しています。
同舞台同条件で、それぐらいの競馬ができたのですから、ここで通用するのは間違いありません。
前走、前々走はヤマカツエース同様に度外視できる内容ですし、ここでの一変があってもおかしくありません。

 

・ルージュバック
前走の競馬を見ていると、ここでは厳しいのかなと思ってしまいます。
展開が向かなかったとはいえ、9着はいただけません。
この馬同様に展開が向かなかったミッキークイーンが3着だったわけですからね。
2走前のオールカマーもG2とは思えないほど、レベルの低い顔ぶれでしたし……。
鞍上が北村騎手に戻っても、このメンバーでの好走は難しいはずです。

 

・サクラアンプルール
前走は不良馬場だったので度外視できますが、それまでの戦績がイマイチです。
ただ、中山競馬場での成績は悪くなく、ネオリアリズムに0.1秒差にまで迫ったほど。
さらに内枠の引いたときの成績は良く、中山コースに内枠という条件が重なれば、ワンチャンスあるかもしれません。
パッと実績を見ただけでは、迷わず消しの一頭ですが、枠順を見てから取捨選択するべきだと思います。

 

・サウンズオブアース
ここ2走が大敗続き。しかも度外視できるような内容ではありません。
最近、この馬の競馬を見ていると、途中で競馬を辞めてしまっているように見えます。
さらに年をとってきて、ズブイ面を見せるなど、競争馬としては好感が持てません。
2015年には有馬記念で2着するほどの馬でしたが、やる気がなくてはどうしようもありません。
やる気を出してくれれば別ですが、能力うんぬん以前の問題だと思います。

 

・クイーンズリング
今年の成績を考えると、ここでは厳しいように思えます。
ただ、過去にはこのメンバーでも十分に通用するだけの決め手を見せていました。
スローからの瞬発力勝負になれば、いい勝負になるだけの末脚はあります。
近走成績がイマイチだからと軽視すると、痛い目を見るかもしれません。

 

・ブレスジャーニー
この馬はまだ底を見せていません。
過去にはスワーヴリチャードやダンビュライトを下すなど、世代トップクラスの実力を見せていました。
3歳になってからは、まだ2戦しかしていませんし、持っている本当の実力はまだ見えてきません。
今回は乗り替わりとなりますし、2歳時の強さが一気に戻ってくる可能性は十分にあります。
スワーヴリチャード以上のパフォーマンスを発揮できれば、ここでも好勝負となるでしょう。

 

・サトノクロニクル
世代上位の力の持ち主ですが、ここでは厳しいと思います。
これまで戦ってきた相手が微妙ですし、勝ってもギリギリというものが多すぎます。
競馬界屈指のメンツの中に入ってしまえば、そうはいかないでしょう。
課題である決め手不足が、今回のレースでは響いてしまうのではないでしょうか。

 

・カレンミロティック
枠順にもよりますが、この馬が逃げる可能性が高いと思います。
そうなれば、キタサンブラックをすぐ後ろにおいての競馬となる可能性が高く、
ゆったりとマイペースに逃げに持ち込むことはできないでしょうね。
能力的にもギリギリなのに、キタサンブラックにマークされるとなれば、勝機は希薄でしょう。

 

・トーセンビクトリー
牝馬限定のG3でも、能力的にはギリギリだとみています。
当然、G1の混合戦となれば、厳しいはず。
ここでの上位争いは難しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

以上が、有馬記念2017の穴馬診断でした。

これまで有力馬ばかりに焦点を当ててきましたが、こうして見てみると面白そうな穴馬がチラホラ。
キタサンブラックは絶対的ではないとみていますし、これは波乱の結果も十分にあり得るのではないでしょうか。

さて、ここまで穴馬たちをすべて見てきましたが、その中で最も期待値の高そうな馬はどの馬なのか。

僕はこの馬だと思います→人気ブログランキングにて公開中

これだけ人気がないのなら買いだと思います。
もちろんここで通用するだけの力はありますし、上位争いは十分に可能だとみています。
近走の凡走はすべて度外視できますし、それが理由で人気をこれだけ落としているのなら美味しいです。
欲を言えば、鞍上は田辺騎手でいってもらいたかったのですが、決まってしまったものは仕方ありません。
あとは内枠を引くことを祈るばかりで、引いてさえしまえばこっちのものです。

 

追記
最終予想を公開しました。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2017年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.