2017年競馬予想記事

【有馬記念2017】過去データ分析と過去10年の傾向

更新日:

今回は有馬記念2017の過去データ分析記事となります。

有力馬診断一週間前追い切り診断ではキタサンブラックは絶対的な存在でないと結論づけました。
(理由は有力馬診断と一週間前追い切り診断記事で、さんざん言ってきましたので、ここでは割愛させてもらいます)

キタサンブラックが絶対的な存在でないならば、一体どの馬にチャンスが巡ってきそうなのか。
これまでの記事では、キタサンブラックの取捨に加えて、題材ごとにチャンスのありそうな馬も見つけてきました。
(有馬記念2017でキタサンブラックに逆転可能だとみている、各馬についてはそれぞれの記事で確認してください)

今回も、過去のデータ的にはキタサンブラックは鉄板クラスなのか。
鉄板でないのなら、過去データ的にはどの馬が台頭してきそうなのか。

この2点に重きをおいて、過去のデータを見ていこうと思います。

ここで長々と前置きをしていても仕方ないので、さっそく本題に入っていましょうか。

スポンサーリンク

 

有馬記念 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・年齢・枠順・脚質。大きく分けてこの4つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

まず、こちらが有馬記念の過去10年人気別データとなります。

特筆すべきは1番人気のデータですかね。
過去10年で1番人気が勝率50%をたたき出しています。
連帯率70%、複勝率80%ですから、これは驚異的な数字といってもいいかもしれません。
単勝回収値、複勝回収値が100越えというところにも、それが表れていると思います。

他で言いますと、1~4番人気の勝率の高さですかね。
過去10年で1~4番人気からの勝ち馬が8頭ですから、人気サイドでの決着が多いのではないでしょうか。

続いて、単勝オッズ別のデータを見ていきましょう。

これをみても、人気サイドの強さが表れているのではないでしょうか。

2.0~2.9倍で4勝、単複回収値も100越え。
1.5~1.9倍に関しましては、連帯率が100%ですからね。

あとに気になるのは、7.0~9.9倍のラインでしょうか。
ここも単複回収値が100を超えていますから、穴狙いならこのくらいのオッズになりますかね。

まあ、なんにせよ有馬記念はあまり荒れない
これは覚えておいたほうがいいでしょう。

 

年齢別データ

こちらは年齢別データとなります。

これを見てもらえばわかると思いますが、有馬記念は、
3,4,5歳での決着が圧倒的に多いことがわかりますよね。

3,4歳の好走が目立つのは、割とどのレースでもそうなのですが、
有馬記念の特筆すべき点は、3歳の成績が一番いいという点ではないでしょうか。

これはやはり斥量差2キロというのが大きいと思います。
この時期は条件戦やその他の重賞は1キロ差の中で、有馬記念は2キロですからね。
レース経験を積んで、古馬と遜色ないところまで来ている3歳にとって、これは非常に有利に働くはずです。

年齢別データに加えて、今回は牝馬の出走が多いということで、性別別データも見ていこうと思います。

これが性別別データとなります。
見たところ、あまり性別で有利不利はなさそうです。
牡馬だからいい、牝馬だから消しというのはしなくて良さそうですね。

スポンサーリンク

 

枠順別データ

こちらが枠順別データとなります。

うーん、あまり傾向らしいものは見えてこないですね。
2枠の成績がいいので、内枠有利かと思えば、1枠がイマイチ。
外枠があまり奮っていないように見えるので、外枠不利かと思えば、8枠の複勝回収値が100越え。

ですが、僕は内枠有利、外枠不利の傾向を予測しています。

1枠の成績を度外視すれば、2枠3枠4枠までは悪くない数字ですし、
8枠を除けば、5枠から外は良くない数字が並んでいますからね。
1枠と8枠は最内枠と大外枠ということで、特殊な結果を生んでいるのかもしれません。

なので、あまりハッキリとは言えませんが、ここでは内枠有利外枠不利という結論にさせてもらいます。

 

脚質別データ

最後に脚質別データです。

これはハッキリと傾向が出ていますね。

逃げ・先行馬有利

先行馬は単複回収値が100を超えているので、文句ないはずです。
ただ、逃げ馬の単複回収値は最低クラスの数値を示しているのに、何故と思われるでしょう。
逃げ馬は単複回収値こそ奮いませんが、勝率、連帯率、複勝率は先行馬に次いでのものです。
差し馬全盛の現代日本競馬で、逃げ馬がここまで高い数値を出すというのは、中々ありません。
これは逃げ馬も有利といっていいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

結論

ここまでのデータをまとめますと、

・あまり荒れないレースである
・3,4,5歳の好走が目立ち、特に3歳馬がいい
・内枠有利、外枠不利の傾向が見え隠れしている
・逃げ先行馬が有利

以上の、4点があげられるかと思います。

え、これならキタサンブラックが有利じゃん。
1番人気で5歳馬。前目にポジションがつけられる。
やっぱり、キタサンブラック買うわ。

と、思った方。
ちょっと待ってください

こちらのデータを見ていただけませんか。

これは上り3ハロン順位別のデータです。

見てもらえれば分かると思うのですが、上り3ハロン1位のデータが圧倒的にいい
単複回収値の値がどちらも500、300超えと絶句レベルの値です。

有馬記念というのは、速い上りが要求されるレースでもあるんです。

逃げ先行馬が有利と言いましたが、逃げ馬が勝ったのは一度だけ。
どちらかというと、逃げ馬が2,3着で粘りこむという感じなのかもしれません。
先行馬の5勝は、このデータと照らし合わせると、先行してかつ速い上りが使える馬

思い出してください。

去年のキタサンブラックは、好位にいたサトノダイヤモンドに刺されませんでしたか?
キタサンブラックは速い上りを繰り出すことができる馬ですか?

ということで、キタサンブラックはここでも絶対的な存在とは言えないのではないでしょうか。

キタサンブラックが絶対的な存在ではない。
ならば、過去のデータ的に狙えそうな馬というのは、どの馬になるのか。

この馬でしょう→人気ブログランキングにて公開中

前走は4番手からの上り2位。前々走は6番手からの上り3位。
これまでの戦績を見てみても、先行してかつ速い上りが使えるという条件にピッタリ当てはまります。
年齢も5歳と問題ないですし、人気的に見ても、過去データの範囲からは出ていません。
あとは内枠に入ることを祈るばかりで、内枠にさえ入れば、勝機は十分にあると思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2017年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.