2017年競馬予想記事

【カペラステークス2017】予想と枠順見解【最終予想】

更新日:

今回はカペラステークス2017の予想記事となっております。

みなさん、土曜競馬はいかがでしたでしょうか。
個人的には中日新聞杯が悶絶ものの結果となってしまい、言葉にならない気持ちで一杯です。

1着メートルダール
2着ミッキーロケット
3着ロードヴァンドール無印
4着ショウナンバッハ(ハナ差)
6着マウントロブソン危険な人気馬

ハナ差。あとハナ差で万馬券が的中だっただけにこの結果には悶絶しました。
結果的には馬連のみの的中で、本線にしていた三連複は不適中。少々のプラス収支でした。
いやーあと少しで大勝ちだっただけに、プラス収支とはいえ、なんとも言えませんね。

いつまでも悔やんでいても仕方ないので、カペラステークスの予想に入っていきますね。
予想に入る前に、有力馬診断や過去分析データ、追い切り診断を見ていない方は、目を通されることを推奨します。
最終予想でなぜこの馬にしたのか、その根拠がより伝わりやすいと思いますので。

有力馬診断→こちら

過去データ分析→こちら

追い切り診断→こちら

上のリンクはすべてこのブログ内の別記事に飛びますので、ご安心ください。

さて、それでは本題へと入っていきましょうか。

スポンサーリンク

 

枠順確定後の有力馬見解

2枠4番 ニットウスバル
4枠8番 ブルドックボス
6枠12番 キクノストーム
7枠13番 サイタスリーレッド
7枠14番 ブルミラコロ

この5頭が上位人気に押されそうな有力馬たちになります。

綺麗に内と外に有力馬たちが別れましたね。
過去データ分析では枠順による有利不利はないと判断しました。
しかし、ここまでくっきりと分かれるとどうか。

では、有力馬たちを個別にみていきましょうか。

ニットウスバル
内枠に入りましたが、差し馬のこの馬にとって内枠は微妙。
ダート短距離戦ですから、内が空くとも考えずづらく、イン差しは難しいとみている。
そうなると外に出さなければならないわけだが、それでは大きなロスになる。
個人的には一か八かのイン差しを試みるとみていて、内が空けば突き抜ける可能性もあるが、信頼はおけない。

ブルドックボス
一番のライバルとなるであろう、サイタスリーレッドより内枠に入ったのはプラス。
スタートよく飛び出して行けば、好位のインを確保できるだろう。
あとはそこでしっかり脚を溜めることさえできれば、自ずと結果はついてくるはず。

キクノストーム
イン突きが得意な横山典弘騎手だっただけに内枠が欲しかった。
この枠に入ってしまっては、大外一気に賭けざるを得なく、ロスの大きい競馬になってしまいそう。
そこまで抜けた実力があるわけではないので、大外一気では厳しいはず。

サイタスリーレッド
ダートに変わって快進撃を続けてきたこの馬だが、それはいずれも馬番一桁。
ここまで極端な外枠経験がなく、そこがどうかという不安が残る。
ブルドックボスやほかの先行馬たちよりも外枠に入ったのもマイナスで、この枠ではどうか。

ブルミラコロ
ここまで破竹の勢いで勝ち上がってきたこの馬もあまり外枠での成績が良くない。
馬番二桁の時に勝ったのは未勝利戦の一勝のみで、その他の三回はいずれも負けている。
やはりこの馬も内枠のほうが良かったはずで、外枠がプラスに働くとは思えない。

以上が、有力馬たちの枠順見解となります。

どの有力馬たちもあまりいい枠に入ったとは言い難いといっていいでしょう。
となると、その中で唯一まともな枠に入ったブルドックボスが枠順からの推奨馬ということになりますね。

有力馬たち以外にはショコラブランもいい枠に入ったと思います。
この枠でなら、好位でしっかり脚を溜められそうですし、ロスのない競馬ができると思います。

さて、枠順見解が終わりました。
それでは最終予想へと移っていきましょうか。

 

カペラステークス2017 最終予想

今回の最終予想では◎、〇、▲、△、★、そして危険な人気馬の6頭を紹介させてもらいます。

◎ブルドックボス
この馬が崩れるビジョンというのが見えない。
実力はこの中では上位だと思っているし、追い切りも悪くなかった。
枠も手頃なところに入りましたし、前々に行ける脚も魅力的。
ここでも、これまで見せてくれていたダート1200mの安定感を発揮してくれるはず。
もちろん頭まであるとみていて、この馬が突き抜けても、なんら不思議はない。
このメンバーで条件が整ったあれば、ここは不動の軸だろう。

〇サイタスリーレッド
◎の牙城を崩すとすれば、この馬だろう。
ダートに変わってからの安定感は凄まじく7戦5勝。馬券圏内を外したのは1度だけ。
外枠は内枠よりも最初の芝部分が長いので、その利を生かしてハナを取り切れれば、チャンスはあるだろう。
しかし、個人的には◎に劣る能力だとみていて、ここでは対抗までの評価とした。

▲ニットウスバル
流れさえ向けば、この馬にも大いにチャンスがある。
しかし、展開さえ向けば、前さえ空けばというタラレバがどうしても絡んでくる。
絶対の信頼は置くことはできず、負傷交代となった鞍上もどうか。
不安要素は拭えないもののチャンスはあるとみているので、ここでは単穴の評価とした。

△ショコラブラン
前走を除けば、ここ最近の安定感には評価ができる。
さらにその前走も出遅れという明確な敗因があり、スタート五分なら話しは違ったはず。
今回は好枠を引いたということもあり、ここではいい勝負になるのではないだろうか。
ただ、追い切りで見せていた走る気のなさは気になるところ。当日に見せることがなければいいが。

★ブルミラコロ
この馬もダートでの安定感は凄まじく15戦して馬券を外したのは2度だけ。
しかし、◎と〇よりも外枠に入ったのはマイナスのはずで、道中は外々を回らされる展開になりそう。
メンバーのレベルも前走よりは格段に上がっているし、ここではどうかとも思う。
けれども、鞍上の秋山騎手がラテュロスの騎乗を蹴って、こちらに乗るというのは期待の表れだろう。
外を回らされる展開になったとしても、流れにさえ乗れれば、上位争いはあるはず。

危険→キクノストーム
一昨年のこのレースの覇者ではあるが、あの時とはメンバーのレベルが全然違う。
年齢的な衰えもあるだろうし、そもそもここでは実力が足りないとみている。
さらに今回は外枠。この枠では差しであるこの馬は、大外一気を強いられるだろう。
このメンバーレベルでの大外一気はどう考えても届かないとみている。
一昨年のレース覇者ということで人気しているが、ここではどう考えても消しだろう。

 

まとめ

以上で、カペラステークス2017の予想とさせてもらいます。

今回のレースは自信があると言っていたのですが、◎については変わりません。
しかし、ヒモの評価が追い切りと枠順を見て、大きく変わってしまいました。
正直、ヒモの評価に自信があるか言われれば、微妙です。あれだけ自信があると豪語していただけにスミマセン。

ただし、◎につきましては絶対の自信があります。
個人的にはこの◎だけを買っておけば間違いないと思っております。

とまあ、この辺でカペラステークス2017の予想を締めさせてもらおうかと思います。

みなさん、日曜の競馬も頑張っていきましょう。ありがとうございました。

 

あ、パドック気配はツイッターで呟いているから、そっちもよろしくね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2017年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.