2018年競馬予想記事

【セントライト記念2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回はセントライト記念過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

さて、セントライト記念の過去データ分析ということなのですが、まずは今年のメンバーについて。早くからワグネリアンやエポカドーロなど世代有力馬たちが揃って、神戸新聞杯をステップとして使うというように言われていました。今年はメンバー手薄になるかなーと思っていたら思ったよりも骨っぽいメンバー構成になりましたね。その中でも注目はなんといってもレイエンダでしょう。言わずと知れたレイデオロの全弟。重賞にこそ出たことはありませんが条件戦を無敗で勝ち上がってきました。巷では幻のダービー馬ともいわれており、ついにそのベールを脱ぐときがやってきました。それを迎え打つのは皐月賞3着ジェネラーレウーノ、ダービー3着コズミックフォース、NHKマイル2着ギベオン。勝ち馬こそいませんがいずれも世代上位の能力を見せていた馬たちばかりです。他にも超良血タニノフランケルや先ほど名前の挙がった馬たちと接戦を演じたことのあるブレスティキングなど。気が付けば神戸新聞杯に負けず劣らずの好メンバーの一戦となりました。さてに例によってここも難解。レイエンダの取捨や皐月賞、ダービー、HNKマイル。それぞれの上位馬たちをどう順位付けするべきか。迷うところです。

なので、今回は過去データの観点から狙い馬を絞っていこうかなと思います。

人気馬たちは過去データ的にどうなのか。過去データから浮き上がってくる意外な穴馬はいないのか。このあたりを見つつ本命馬をある程度絞っていければなーと思います。というわけで長くなりましたがセントライト記念の過去データ分析です。

それでは、本題に入っていきましょうか。

セントライト記念 過去データ分析

過去10年間のデータを参照して、セントライト記念2018で1着の資格がある馬を導き出します。
今回は種牡馬・所属・前走クラス。大きく分けてこの3つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

種牡馬別データ

まずは、過去10年間の血統別データを見ていきましょうか。何やらピンク色に分類された種牡馬がセントライト記念を席巻していますねね。ステイゴールド、アグネスタキオンに、ディープインパクトなど。一見するとサンデー系に見えますが、よくよく見ると非サンデー系であるシンボリクリスエスもこれに含まれています。ピンク色はロイヤルチャージャー系(アドマイヤアルバ、エストスペリオル、ギベオン、グレイル、ジェネラーレウーノ、ダブルフラット、トラストケンシン、ブレスティキング)であることを表しています。セントライト記念はロイヤルチャージャー系の台頭が目立ち、逆に非ロイヤルチャージャー系(オウケンムーン、ケイティクレバー、コズミックフォース、ショウナンラーゼン、タニノフランケル、メイショウロセツ、レイエスプランドル、レイエンダ)は苦戦を強いられています。

消すデータ①非ロイヤルチャージャー系
消える人気馬:レイエンダ、コズミックフォース

所属別データ

続いて、過去10年間の所属別データを見ていきます。過去10年で栗東所属馬(アドマイヤアルバ、ギベオン、グレイル、ケイティクレバー、ショウナンラーゼン、タニノフランケル、ダブルフラット、メイショウロセツ、レイエスプランドル)が勝ったのは1度だけ。その一頭も言わずと知れたキタサンブラックのみです。池江、藤原、友道厩舎など有力どころの栗東厩舎でも勝ち馬を輩出することができていません。一週待てば神戸新聞杯があるにも関わらず、わざわざ遠征してくるような馬は、厩舎的にはあまり期待していない(トライアル挑戦へ望み薄だ)からではないでしょうか。逆に美浦所属(エストスペリオル、オウケンムーン、コズミックフォース、ジェネラーレウーノ、ゼーゲン、トラストケンシン、ブレスティキング、レイエンダ)は厩舎のエース級ばかりで遠征のないここを使ってくるわけです。

消すデータ②栗東所属馬
消える人気馬:ギベオン

前走クラス別データ

最後に、過去10年の前走クラス別データです。大まかな括りではありますが前走特別組(アドマイヤアルバ、オウケンムーン、ギベオン、グレイル、ケイティクレバー、コズミックフォース、ショウナンラーゼン、ジェネラーレウーノ、タニノフランケル、ダブルフラット、トラストケンシン、メイショウロセツ、レイエスプランドル、レイエンダ)が圧倒的な数字を残しています。前走平場組は過去10年で1勝(低調な顔ぶれだった2013年)のみで、それ以外はあっても3着という感じです。やはりレベルが低くなりやすい平場で勝ってきた馬は、ここでは相手関係が一気に強化されるここでは通用しないということでしょう。前走平場組(エストスペリオル、ゼーゲン、ブレスティキング)は軽視気味でもいいのではないでしょうか。

消すデータ③前走平場
消える人気馬:ブレスティキング

スポンサーリンク

セントライト記念 過去データ分析まとめ

ここまで紹介した消すデータ。これらに当てはまらなかった1着の資格がある馬はどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

中山では2-0-1-0と好成績を収めている。いかにも急坂得意のパワータイプという感じで中山巧者である可能性は高いと思います。前走こそ16着と不甲斐ない結果でしたが、あれは前々走の激走の疲れがあったはずですし、東京コースなら度外視して良さそう。中山に舞台が戻り、間隔が空いてリフレッシュした今回は巻き返しに期待できると思います。逃げたい馬が複数いるので展開的にどうかという疑問がありそうですが、前々走の走りを見る限りでは問題なしでしょう。むしろハイペース上等、消耗戦になればこの馬の十八番ともいっていいはずです。心配材料はソラを使うなど不真面目な馬なのでそこのどころだけがどうか。精神的な成長があればこのメンバーでも好勝負の逸材でしょう。

おすすめ馬以外に1着の資格がある馬
・トラストケンシン

週末には最終的な予想を公開するので、今回の記事が気に入っていただけたらブックマーク登録をお願いします。ツイッターをフォローしていただければ更新情報がすぐにキャッチできます。ツイッターは下のプロフィールからどうぞ!あとSNSで共有してくれると嬉しいです!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

【9月16日追記】セントライト記念の最終予想を公開しました。本命はこちらで公開しています。

【セントライト記念2018】予想と追い切り診断【最終予想】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.