2018年競馬予想記事

【京成杯オータムハンデ2018】予想と追い切り診断【最終予想】

更新日:

今回は京成杯オータムハンデ予想となります。

京成杯オータムハンデは夏のハンデ重賞の最終戦ということで難解も難解。夏を使ってきた馬にここが秋の始動戦の馬。ローテーションが実に様々で、これまでのハンデ重賞以上に難解を極めると思います。ここはロジクライが1番人気に推されそうですが、上り馬のミッキーグローリー、末脚確実なワントゥワン、ヒーズインラブが休み明けのフレッシュな状態で参戦ということで、どの馬にもチャンスがありそうです。正直どの馬にも目を移りしちゃいますよね。

しかし本命は一頭にしか打てませんから、ここも有力馬を細かく見ていくことで狙いを絞っていきます。

京成杯オータムハンデの枠順傾向、追い切りから見た各馬の状態面や勝負気配、これまでのレースの詳細など。後述している有力馬診断は予想のお役に立てるはず。いや立って見せます!今回も皆さんと大勝利といけるように予想しましたのでぜひ最後までお付き合いくださいませ。今回も最後には本命&穴推奨を紹介しています

というわけで、今回の記事では京成杯オータムハンデの追い切り診断
そして、記事の最後には最終予想を公開させてもらいます。

それでは、本題に入ってきましょうか。

京成杯オータムハンデ 枠順

こちらが京成杯オータムハンデの枠順となります。

有力馬たちの配置は、

2枠2番 ロジクライ
3枠5番 ロードクエスト
4枠7番 ヒーズインラブ
6枠10番 ミッキーグローリー
8枠14番 ワントゥワン

という感じになりました。

有力馬たちは内、外、中。綺麗に分かれた感じでしょうか。
京成杯オータムハンデは開幕週でも大きな枠順傾向がないだけに、これはどうか。


(京成杯オータムハンデの枠順別データ。集計期間は2008年~2017年)

こういう時は、各馬の枠の得手不得手を考えるべきです。
この馬は内枠の方が、外枠の方がいいという、個別スキルのようなものですね。

果たして、人気馬たちは枠順的にどうなのでしょうか。

内枠が良かったのでしょうか。それとも外枠でしょうか。
はたまた、これらとは別に中枠が良かったのでしょうか。

この辺を人気馬を個別に見ていくことで、解き明かしていきたいと思います。

スポンサーリンク

京成杯オータムハンデ 有力馬診断(追い切り診断)

・ロジクライ
前走は差し展開の中を唯一粘り込んでの2着。3走前の六甲Sでも素晴らしいパフォーマンスでした。前々走こそ逃げて自滅する形でしたが、能力が高いのは前走で証明したかなと。ここでも有力な一頭でしょう。追い切りも文句なしの動きでしたしね。ただ今回も逃げ先行馬が揃った組み合わせでペースが速くなりそう。前走のように2,3着に粘り込むことができても、頭で突き抜けるのはどうでしょうか。今回は斥量増にもなります。さらに土曜の中山はどちらかといえば外差し傾向の強い感じでしたし、逃げ先行馬には厳しい戦いになると思います。軸としての評価はありだと思いますが、頭で評価するのは微妙でしょう。

★一週前追い 8月30日(木)
栗東 坂路 50.7-36.7-23.9-12.2
★最終追い 9月5日(水)
栗東 坂路 51.1-37.5-25.0-12.7

・ロードクエスト
一昨年の勝ち馬ですが、その時ほどの勢いは感じられません。持ち前の末脚が年齢を重ねるごとに鳴りを潜めていっている印象。陣営も今回も先行策を示唆していますし、先行すると考えたほうが良さそうです。ロジクライの時も話しましたが、逃げ先行馬には厳しい流れになると思います。近走を結果を踏まえると斥量56.5キロというのも見込めれましたしね。人気薄なら面白い一頭ですが、人気になってまでは買いたいかと言われれば…。追い切りでも変わった様子はありませんし、個人的にはあまり評価できませんね。

★一週前追い 8月30日(木)
美浦 南W 43.8-12.2
★最終追い 9月5日(水)
美浦 南W 55.5-39.9-12.7

・ヒーズインラブ
安田記念では通用しませんでしたが、G3のこのメンバーなら力上位。2走前のダービー卿はG3にしては好メンバーが揃った一戦でしたね。その中で勝ちきったのですから、この馬も力上位でしょう。ただ今回は休み明け。調教ではまだまだといった感じの仕上げ。ここは叩きかなと。ハービンジャー産駒はあまり休み明けが得意ではありませんしね。この馬も例によって斥量56.5キロで重め。いい末脚を持っており展開ピッタリだと思いますが、ここで重視するのはどうでしょうか。

★一週前追い 8月29日(水)
栗東 坂路 53.2-38.6-24.7-12.3
★最終追い 9月5日(水)
栗東 CW 81.5-65.3-50.9-37.7-12.6

・ミッキーグローリー
唯一の上り馬。ここにも出走してくるゴールドサーベラスを物差しにするとここでも促通用の器でしょう。ただ今回はルメール騎手+綺麗な馬柱のせいで過剰人気必至。正直、2番人気はやりすぎかなと思います。斥量55キロも見込まれましたしね。調教でもそこまで変わった様子はありませんでしたし、前走同様の好調キープといったところ。おそらく条件戦ほどいいポジションは取れないでしょうから、ここでは末脚勝負。そういう意味で外枠は良いと思うのですけどね…。ここから入るのも十分にありだと思いますが、馬券妙味を考えると微妙でしょう。

★一週前追い 8月29日(水)
美浦 坂路 51.2-37.7-24.9-12.7
★最終追い 9月5日(水)
美浦 坂路 51.8-37.9-25.1-12.8

・ワントゥワン
デビューから上り3位以内を外したことがない。いつも堅実な末脚が使える馬です。ハイペースを予想していますからここでも有力な一頭だと思うのですが、やはり気がかりは鞍上。この馬は乗り難しい馬で使える脚が短い。仕掛けどころが何より重要になってくるのですが、テン乗りの日本人騎手ではあまり結果が出ていない。Mデムーロ騎手から戸崎騎手というのはマイナスでしょうね。調教は引き続き、好調という感じ。夏3戦目でも大きなデキ落ちは見られませんでした。大外枠も末脚を生かすには悪くないはず。乗り替わりをどう評価するかによって取捨が別れそうです。

★一週前追い 8月30日(木)
栗東 坂路 53.5-38.8-24.7-12.1
★最終追い 9月5日(水)
栗東 DP 64.9-51.0-37.6-11.6

以上が、京成杯オータムハンデの有力馬たちの枠順見解と追い切り診断となります。

「この馬にとって、この枠順はどうなのか」

そのような考え方をすると、枠順からの有利不利というのが見えてきます。
今後もこの考えを忘れず、しっかりと枠順見解を行っていきたいと思います。

というわけで、京成杯オータムハンデの枠順見解を終わらせてもらいます。
ここから先は、いよいよ最終予想へ入っていきたいと思います!

スポンサーリンク

京成杯オータムハンデ 最終予想

最終予想の公開前に、僕の予想理論についてお話しさせてください。

ここまで枠順や調教がどうだという話しをしてきましたが、僕は「馬キャラ理論」という独自の理論を重視した予想します。もちろん枠順や調教についても考慮していますが、最も重視するのは馬キャラです。馬キャラとはなんぞや馬キャラ理論とはなんぞやという方は、僕の最終予想を見る前にぜひ馬キャラ理論について目を通していただけると幸いです。下記の記事にてまとめてあります。馬キャラ理論を使った予想実績なども公開しています。

馬キャラ理論とは

というわけで、京成杯オータムハンデの印付き予想を公開させてもらいます!

京成杯オータムハンデ 印付き予想

今回の予想では◎と穴推奨を紹介させてもらおうと思います。

人気ブログランキングにて公開中

穴推奨→ストーミーシー

その他の印馬、印馬解説、買い目につきましては、
中央競馬プレミアムにて、公開とさせてもらいます。

また、僕の生み出した「馬キャラ理論」を使った予想をこちらで公開中。
昨日は紫苑Sは◎マウレア▲ノームコア△ランドネで、三連複をGETでした!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.