2018年競馬予想記事

【札幌2歳ステークス2018】予想と追い切り診断【最終予想】

更新日:

今回は札幌2歳ステークス予想となります。

今年の札幌2歳ステークスは評判馬たちが集い、非常に難解なのではないでしょうか。Mデムーロ騎乗のクラージェゲリエに、岩田騎手が数多くのお手馬から選んだアフランシール、新馬戦をレコード勝ちしたウィクトーリアやコスモス賞を快勝したナイママ、函館スプリント2着のラブミーファインも目が離せません。どの馬が勝ってもおかしくないメンバーでどれに本命を打ってもいいとさえ思ってしまいます。僕も本命を選ぶのにはかなり迷いました。

しかし、有力馬たちを細かく見てみると意外にもかなり狙いは絞れてきます。

札幌2歳ステークスの枠順傾向、追い切りから見た各馬の状態面や勝負気配、これまでのレースの詳細など。後述している有力馬診断は予想のお役に立てるはず。いや立って見せます!今回も皆さんと大勝利といけるように予想しましたのでぜひ最後までお付き合いくださいませ。今回も最後には本命&穴推奨を紹介しています

というわけで、今回の記事では札幌2歳ステークスの追い切り診断
そして、記事の最後には最終予想を公開させてもらいます。

それでは、本題に入ってきましょうか。

札幌2歳ステークス 枠順

こちらが札幌2歳ステークスとなります。

有力馬たちの配置は、

1枠1番 クラージュゲリエ
4枠5番 アフランシール
6枠9番 ラブミーファイン
6枠10番 ウィクトーリア
8枠14番 ナイママ

という感じになりました。

有力馬たちは内、外、中と綺麗に分かれた感じでしょうか。
札幌2歳ステークスは外枠有利の傾向が強いだけに、これはどうでしょうか。


(札幌2歳ステークスの枠順別データ。集計期間は2008年~2017年)

しかし、まだ断定はできません。

各馬には、枠の得手不得手というものがあります。
この馬は内枠の方が、外枠の方がいいという、個別スキルのようなものですね。

外枠有利が通説ですが、人気馬たちは枠順的にどうなのでしょうか。

通説通り、外枠の方が良かったのでしょうか。
はたまた傾向とは別に、内枠が良かったのでしょうか。

この辺を人気馬を個別に見ていくことで、解き明かしていきたいと思います。

スポンサーリンク

札幌2歳ステークス 有力馬診断(追い切り診断)

・クラージュゲリエ
この馬の印象はまだまだ幼い。新馬戦では名手モレイラ騎手をもってしてもチグハグな競馬になってしまい、まだまだ競争馬としては未完成だなという感じでした。しかしそんな競馬でありながら勝ってしまうのですから素質はかなりのものです。追い切りも迫力満点で高い将来性を感じさせました。ただ今回は相手が一気に強化された上に、最内枠を引いてしまいました。気性的に難しいこの馬が最内枠というのは良くないはずで、前走のような状態では勝負にすらならないと思います。最内枠は過去10年で一度も馬券になったこともありませんしね。正直、前日の段階とはいえこの馬が一倍台に支持されているのが驚きです。今回はかなり危うい存在だと思うのですが…。

★一週前追い 8月22日(水)
札幌 芝 81.9-65.4-50.9-36.9-12.0
★最終追い 8月29日(水)
札幌 ダート 70.3-54.3-38.8-12.1

・アフランシール
新馬戦はラスト3ハロンを11.6-11.7-11.6でまとめた。いくらスローペースだったとはいえ加速ラップで勝ちきったというのは評価できます。追い切りでも引っかかるところを見せながらも直線では鋭い伸び。こちらも素質面は十分だと思います。ただ追い切りで引っかかるところを見せていたようにこちらもまだまだ未完成。レースに行ってどれだけ折り合えるか重要になってくると思います。そういう意味で岩田騎手の継続騎乗というのは心強いです。この馬も内目の枠に入ったというのはあまり良くないですが、持っている素質でどれだけ通用するかといったところだと思います。

★一週前追い 8月22日(水)
札幌 芝 53.7-38.8-12.4
★最終追い 8月29日(水)
札幌 芝 51.6-36.8-11.9

・ラブミーファイン
この馬はとにかく競馬センスがいい。1800メートルから1200メートルへの距離短縮で対応してみせたのは恐れ入りました。再度の1800メートルになりますがそのセンスの良さでここも難なくこなしてくれるのではないでしょうか。さらにこの馬の強みとしては新馬戦で稍重の馬場を経験しているということ。札幌も最終週ということで例年通りなら馬場がかなり傷んでいるはず。時計がかかるような馬場になってくるはずで、時計のかかったレースでの勝利というのはアドバンテージになるでしょう。6枠9番の外枠も引けたということで、これなら馬場の良いところも通れそうです。追い切りを見る限りでは前走からデキ落ちもそこまでなさそうですし、1200メートルからの臨戦が嫌われるようならば面白いかもしれません。

★一週前追い 8月22日(水)
函館 W 58.5-41.9-12.6
★最終追い 8月29日(水)
札幌 ダート 72.0-56.0-41.6-13.1

・ウィクトーリア
前走の勝ちっぷりから当日は一番人気になってきそうですが、前走をどこまで信用していいのか。展開はスローペースにも関わらず縦長の隊列ということで勝ってくださいと言わんばかりのものでした。それもこれを最内枠からロスなく出て行っているわけですからかなり楽なものだったはずです。結果的にはレコード決着ということでしたが、これも過大評価はできない。今回はあまり時計を問われることはないはずですからね。馬場が痛んできているので時計は掛かるはずです。この馬を仮にスピードタイプと過程すると、今回のレースで問われそうなのはパワーです。時計適正的にどうでしょうか。外枠を引けたというのは好材料ですが絶対の信頼を置くことはできないと見ています。ちなみに追い切りは上々といった感じ。

★一週前追い 8月22日(水)
札幌 ダート 70.5-54.8-40.1-12.2
★最終追い 8月29日(水)
札幌 芝 67.7-51.6-37.2-12.7

・ナイママ
前走の競馬は高い評価がおける。同じ舞台で同じく時計が掛かっており、外枠からの競馬だったなど今回と重なる部分が多い。1分50秒2という走破タイムも札幌2歳ステークスで十分に足りるはず。門別勢はハッピーグリンを始めとして非常にレベルが高く、昨年もダブルシャープとファストアプローチが2,3着しているわけですから侮っていけません。調教過程を見ても前走以上に攻めたものになっていますし、ここにかける勝負気配はかなり高いと見ています。他の有力馬たちと違って門別勢は是が非でもここで賞金加算したいはずですからね。大外枠というのも悪くないはずで、この枠順なら前走のような競馬ができるはずです。

★一週前追い 8月26日(日)
門別 61.4-49.9-37.5-13.3
★最終追い 8月29日(水)
門別 40.9-12.9

以上が、札幌2歳ステークスの有力馬たちの枠順見解と追い切り診断となります。

「この馬にとって、この枠順はどうなのか」

そのような考え方をすると、枠順からの有利不利というのが見えてきます。
今後もこの考えを忘れず、しっかりと枠順見解を行っていきたいと思います。

というわけで、札幌2歳ステークスの枠順見解を終わらせてもらいます。
ここから先は、いよいよ最終予想へ入っていきたいと思います!

スポンサーリンク

札幌2歳ステークス 最終予想

最終予想の公開前に、僕の予想理論についてお話しさせてください。

ここまで枠順や調教がどうだという話しをしてきましたが、僕は「馬キャラ理論」という独自の理論を重視した予想します。もちろん枠順や調教についても考慮していますが、最も重視するのは馬キャラです。馬キャラとはなんぞや馬キャラ理論とはなんぞやという方は、僕の最終予想を見る前にぜひ馬キャラ理論について目を通していただけると幸いです。下記の記事にてまとめてあります。馬キャラ理論を使った予想実績なども公開しています。

馬キャラ理論とは

というわけで、札幌2歳ステークスの印付き予想を公開させてもらいます!

札幌2歳ステークス 印付き予想

今回の予想では◎と穴推奨を紹介させてもらおうと思います。

人気ブログランキングにて公開中

穴推奨→ニシノデイジー

その他の印馬、印馬解説、買い目につきましては、
中央競馬プレミアムにて、公開とさせてもらいます。

また、僕の生み出した「馬キャラ理論」を使った予想をこちらで公開中。
先週は新潟2歳S◎ケイデンスコール&穴推奨スティルネスで単勝とワイドをGETでした!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.