2018年競馬予想記事

【ヴィクトリアマイル2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回はヴィクトリアマイル過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

今、競馬界を席巻している強い4歳世代。
このヴィクトリアマイルも、強い4歳世代が多数出走してきます。

リスグラシュー、アエロリット、ミスパンテール。
勢いのあるこれら4頭が上位人気に推されると見ています。

人気薄にも桜花賞馬レーヌミノル、オークス馬ソウルスターリングと、
強い4歳世代の代表格が、このヴィクトリアマイルに勢ぞろいとなりました。

果たして、ここでも強い4歳世代の独壇場となるのか。
それともアドマイヤリードを始めとした、古株たちが意地を見せるのか。

このヴィクトリアマイルは、そこが大きな焦点になってくるのではないかと思います。

というわけで、今回のヴィクトリアマイル過去データ分析では、

今回の出走メンバーの中で、過去データ的に有利なのはどの馬なのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、ヴィクトリアマイル過去データ分析に入っていきましょうか。

ヴィクトリアマイル 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・所属。最後には気になるデータを紹介していこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、ヴィクトリアマイルの過去10年「人気別データ」となります。

このデータを見る限りでは、1番人気の信頼度が高いレースといえそうです。
過去10年で6連対。2年に1回は勝ち負けを演じているという計算になります。
これは他の重賞と比べて、高い水準となっています。

そのほかでは、11番人気以下の2着4回が気になりますね。
これは1~5番人気と同数。11番人気以下としては非常に高い好走率です。
複勝回収値が軽く100を超えているというのが、高い好走率の証拠。

ヴィクトリアマイルは1番人気と同時に、11番人気以下にも注目ですね。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は単勝オッズ別データの方を確認していきましょうか。

単勝オッズでは、10.0~19.9倍が良い感じでしょうか。
ここら辺は単勝回収値200オーバーと、破格の数値になっています。
勝率、複勝率なども、この人気としては高水準。文句なしの好走率となっています。

枠順別データ

次に、ヴィクトリアマイルの過去10年「枠順別データ」となります。

うーん、これを見る限りではどの枠順でも問題なく来ているのではないでしょうか。

3枠の過去10年4勝というのは気になりますが、内枠有利というわけではなさそう。
むしろ、中~外枠にかけても好走しており、内、外の有利不利はないと思います。

ヴィクトリアマイルでは、あまり枠順を気にする必要はないのかなという感じです。

スポンサーリンク

脚質別データ

続いて、ヴィクトリアマイルの過去10年「脚質別データ」となります。

これは、逃げ先行馬が有利とみていいのではないでしょうか。
勝率、複勝率ともに、前に行ける脚質から順番に良績を残しています。

競馬の基本通り、前に行ける馬から狙うのが得策なのではないでしょうか。

では、この裏付けを取るために「上り3ハロン別データ」を見ていきましょうか。

やはり、速い上りを使えていない馬も台頭していますね。

もちろん、速い上りを使った馬も好走しているのですが、
これは、上り至上主義の現代日本競馬においては普通のこと。
むしろ、上り最速馬が過去10年2勝というのは物足りないくらいです。

ヴィクトリアマイルでは、前に行ける馬を中心視するのがいいと思います。

スポンサーリンク

年齢別データ

そして、ヴィクトリアマイルの過去10年「年齢別データ」となります。

過去10年では、とにかく4歳の好走が目立ちますね
出走頭数が多いというのもありますが、馬券の中心は4歳馬です。
続いて5歳、6歳と若ければ若いほど、好走率が高まると言えるのではないでしょうか。

ヴィクトリアマイルでは、4歳を中心に5歳、6歳と見ていくのが良さそうです。

年齢別データのほかに「所属別データ」も、ここで確認させてください。

ヴィクトリアマイルは、東京競馬場で行われる一戦ですが、
過去10年では栗東所属(関西)馬が、馬券の中心になっているようです。

昔から競馬で言われている、西高東低。
その煽りをヴィクトリアマイルも、しっかり受けているようです。

気になるデータ

最後に、過去10年で「気になったデータ」を紹介させてもらいます。

ヴィクトリアマイルで気になったのは「リピート率の高さ」についてのデータです。

ストレイトガールの2連覇、ヴィルシーナの2連覇を始めとして、
ヴィクトリアマイルは、リピーターが多いように感じました。

ストレイトガールは出走した全3回、すべてで馬券に絡みました。
ヴィルシーナも同様で出走した全2回で2連勝。このレースには滅法の強さを発揮しました。

その他にもホエールキャプチャ。ウォッカやブエナビスタなど。
一度、馬券に絡んだ馬は、再度馬券に絡む確率が非常に高いように思えます。

今年も、昨年の勝ち馬と2着馬が出走してきますから、
このデータは、非常に有効なものになってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイル 過去データ分析まとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1番人気の信頼度が高い。単勝オッズでは10.0~19.9倍
・枠順的な傾向はあまりない。枠順は気にしなくても良さそう
・逃げ先行馬が有利。速い上りは要求されることはない
・若ければ若いだけ好走率が高まる。所属は栗東が良い感じ
・とにかくリピーターが目立つレース。リピーターには要注目

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、現状で過去データ的に有利となるのは、
10.0~19.9倍の若い逃げ先行馬。栗東所属でリピーターだとなおよし。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
こちらは、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績があります!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.