2018年競馬予想記事

【マイラーズカップ2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回はマイラーズカップ過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

今回の出走メンバーを、ざっと見たところ。
マイラーズカップ2018は、エアスピネルの一強ムードが漂います。
実力、実績ともに、このメンバーでなら抜けているかなという印象です。

ただ、エアスピネルはどう考えても、ここは叩き。
先のHNkマイル、安田記念を見据えた仕上げなのは間違いないでしょう。

さて、実力は抜けていそうですが、これがどう影響するか。
エアスピネルは抜けた人気になりそうですし、どこまで重視したものか。
ここは、非常に悩みところなのではないでしょうか。

というわけで、今回のマイラーズカップ過去データ分析では、

今回の出走メンバーの中で、過去データ的に有利なのはどの馬なのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、マイラーズカップ過去データ分析に入っていきましょうか。

マイラーズカップ 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・斥量。最後には気になるデータを紹介していこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、マイラーズカップ過去10年人気別データとなります。

このデータで目につくのは、なんといっても3番人気の好走でしょう。
勝率を始めとした各種数値は、すべて1番人気をも凌駕していますからね。
過去10年で4勝というのは、脅威ともいっていい数字でしょう。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データからは、5.0~9.9倍でしょうか。
過去10年5勝というのは、この人気ではなかなかありません。
もちろん単勝回収値は、それぞれ100オーバーとなっています。

複勝率も高めですし、このくらいの人気が軸としては最適なのではないでしょうか。

枠順別データ

次に、マイラーズカップ過去10年枠順別データとなります。

うーん、これは難しいデータになっていますね…。
判断に迷うところですが、枠順による傾向はないのではないでしょうか。

大外枠(8枠)が、過去10年で5勝していますが、
2,3着については微妙。複勝率はそこまで秀でたものではありません。

かといって、内枠有利かと言われると微妙。
こちらの場合も、外枠とはあまり差のない感じですからね。

スポンサーリンク

脚質別データ

こちらは、マイラーズカップ過去10年脚質別データとなります。

これは開幕週らしく、逃げ先行馬が有利なのではないでしょうか。

勝率などはすべて、前に行った順に高水準となっていますからね。
これは、文句なしの傾向といっていいのではないでしょうか。

では、この裏付けを取るために「上り3ハロン別データ」を見ていきましょう。

やはり、速い上りを使えていない馬も好走していますね。
マイル戦にしても、上り~5位と6位~がこれだけ台頭するのは珍しいこと。
これは、開幕週の恩恵をしっかりと受けているといえるのではないでしょうか。

マイラーズカップでは、とにかく前に行ける馬に要注目です。

年齢別データ

続いて、マイラーズカップ過去10年年齢別データとなります。

出走数などのことを考えると、5歳が良い感じなのではないでしょうか。
複勝率28%というのは、他を10%ほど離していますからね。
回収値に注目してみても、100前後。これは5歳が有利でいいと思います。

牝馬サンプルが少ないので、こちらは参考程度に掲載しておきます。

スポンサーリンク

斥量別データ

そして、マイラーズカップ過去10年斥量別データとなります。

今回の出走メンバーは、56キロと57キロが中心。
ですが、これらにはあまり大きな差はないようです。
かなり数値が拮抗していて、誤差程度の違いしかありませんからね。

今回のマイラーズカップでは、あまり斥量を気にする必要はないのではないでしょうか。

斥量別データのほかに「所属別データ」も、ここで確認させてください。

過去10年では、栗東所属(関西)馬が有利といっていいでしょう。
馬券になったほとんどの馬が、関西馬だったわけですからね。
勝率などの数値についても、関西馬の方が高いですし、これは文句なしでしょう。

気になるデータ

最後に、過去10年気になったデータを紹介させてもらいます。

マイラーズカップで、気になったのは前走クラスについてのデータです。

このデータを見てみると、前走G1組が苦戦しているのがわかります。
逆に、好走しているのはG2組。そしてオープン特別組となります。

これは、この後に控えているHNkマイルカップとの兼ね合いなのでしょう。
前走でG1に出ているような馬は、ここを叩き台として使ってくることが多いのでしょう。
オープン特別組が好走しているというのは、ここをメイチに仕上げてきた馬が多いということ。

マイラーズカップでは、前走G1組を軽視。オープン特別組を中心視するべきではないでしょうか。

スポンサーリンク

マイラーズカップ 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・3番人気の好走。単勝オッズでは5.0~9.9倍が良い感じ
・枠順による傾向はあまり見られない
・とにかく前に行ける馬が有利
・5歳が有利
・斥量に差はなく、栗東所属馬が有利
・前走G1組を軽視。前走オープン特別組を中心視するべき

以上の、6点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、5点に絞られてきます。

となると、現状で過去データ的に有利となるのは、
5.0~9.9倍の5歳先行型の関西馬。前走はオープン特別。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
こちらは、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績があります!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~ , 2018 All Rights Reserved.