2018年競馬予想記事

【アーリントンC2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回はアーリントンカップ過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

皐月賞の前日に行われる、アーリントンカップ。
皐月賞の出走には、漕ぎつけられなかった馬たちですが、
競馬界の明日を担いそうな、素質馬たちが揃ったのではないでしょうか。

タワーオブロンドン、インディチャンプ、ダノンスマッシュ。
これら三頭は素質からすると皐月賞に出ていても、なんらおかしくありません。
運やタイミング、距離適性など。憚らぬ事情でクラシック戦線を逃した馬たちばかりです。

皐月賞の前日ではありますが、早くも3歳馬たちの熱い戦いが見られるのではないでしょうか。

というわけで、今回のアーリントンカップ過去データ分析では、

今回の出走メンバーの中で、過去データ的に有利なのはどの馬なのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、アーリントンカップ過去データ分析に入っていきましょうか。

アーリントンカップ 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・所属。最後には気になるデータを紹介していこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、アーリントンカップ過去10年「人気別データ」となります。

人気上位5頭は、ほぼ横一線といった感じでしょうか。
それを逆説的に考えると、1番人気に信頼度は低いと言えそうです。

回収値に観点から見ると、1~3番人気の好走率は低め。
その代わりに、4番人気や5番人気がよく台頭しています。

アーリントンカップは、やや荒れる傾向にあるといえるでしょう。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データからは、7.0~19.9倍が良い感じです。
その中でも特にいいのが、15.0~19.9倍になりますかね。

過去10年2勝、勝率22%というのはこの人気にしては高め。
それは、単勝回収値400オーバーというのが示してくれています。

4~5番人気で15.0~19.9倍。この条件が揃えば激アツでしょう。

スポンサーリンク

枠順別データ

次に、アーリントンカップ過去10年「枠順別データ」となります。

うーん、これは判断に難しいところですね…。
どちらかといえば、外枠が有利なのではないでしょうか。

6~8枠で過去10年7勝。勝ち馬は外枠に集まっています。
アーリントンカップは若駒戦の一戦ですし、内枠で揉まれるのは良くないはず。
多少のロスはあっても、外枠からスムーズに行きたいところではないでしょうか。

脚質別データ

続いて、アーリントンカップ過去10年「脚質別データ」となります。

うーん、こちらもあまり差はない感じになっていますね…。
阪神1600メートルは、スローペースになりやすい舞台で有名。
それを考えると、後ろからの馬も届いている感じではないでしょうか。

とはいっても、ほぼ脚質的にはフラットといってもいい。
展開次第で、どうとでもなるといった感じでしょうか。

脚質だけで、アーリントンカップの傾向を探すのは難しいと思います。

では、今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょう。

上りに関しても、速い馬から遅い馬まで。
あまり偏りなく来ているかなという感じがしますね。

アーリントンカップでは、脚質的な傾向はなし。
展開次第でどうとでもなるレースと言えると結論づけます。

スポンサーリンク

所属別データ

そして、アーリントンカップ過去10年「所属別データ」となります。

過去10年では栗東と美浦。これらに差はないと思います。
美浦は出走数こそ少ないですが、その割にはよく馬券に絡んでいる。
輸送に関係なく、少数精鋭といっていいのではないでしょうか。

ですが、やはりアーリントンカップの主役は栗東所属馬。
馬券になる馬の大半は、栗東所属馬が占めております。

美浦と栗東。それぞれに差はなく優劣をつける必要はないと判断しました。

今回のレースではどの馬も定量。あまり役立たないでしょうが「斥量別データ」も掲載しておきます。

牝馬のサンプルは少なめですが、「性別別データ」も参考程度に載せておきます。

気になるデータ

最後に、過去10年気になったデータを紹介させてもらいます。

アーリントンカップで、気になったのは「前走距離」についてのデータです。

このレースで気になったのは、距離短縮組が苦戦をしているということです。
過去10年の勝ち馬のほとんどは、今回が距離延長となった馬たち(主に1400メートル)。
そして、前回の1600メートルで戦ってきた馬たちとなります。

今回も有力どころに、距離短縮馬が多数いますが、
このデータからは、危険な有力馬になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アーリントンカップ 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1番人気の信頼度が低い。オッズ的には7.0~19.9倍くらい
・外枠有利。若駒戦は内側で揉まれてしまうのは良くない
・脚質的な傾向はない。その時の展開次第で変わる
・所属別データに差はない。美浦と栗東は互角とみていい
・今回が距離短縮となる馬が苦戦している

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、現状で過去データ的に有利となるのは、
7.0~19.9倍で、今回が距離短縮ではない馬ではないでしょうか。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
こちらは、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績があります!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.