2018年競馬予想記事

【ニュージーランドT2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回はニュージーランドトロフィー過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

出走メンバーをざっと見たところ、今回のニュージーランドトロフィーは一強。
これまでの実績などを考えると、ケイアイノーテックが抜けているように思えます。

対抗筆頭となりそうなカシアスも、やや間隔が空いてしまいました。
ファストアプローチも同様ですし、カツジも前走のレースを見る限りでは…。

一方のケイアイノーテックは、ローテーションも文句なし。
現状、この馬の馬券圏内は堅く、軸としては最適なのではないかと考えています。

というわけで、今回のニュージーランドトロフィー過去データ分析では、

過去データ的に、ケイアイノーテックは死角がないのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、ニュージーランドトロフィー過去データ分析に入っていきましょうか。

ニュージーランドトロフィー 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・斥量。最後には気になるデータを紹介していこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、ニュージーランドトロフィーの過去10年「人気別データ」となります。

このデータで目につくのは、11番人気以下の好走ではないでしょうか。
過去10年2勝というのは少なく見えるかもしれませんが、これは6~10馬人気と同等。
回収値に注目してみると、その好走率の高さが伺えると思います。

また、人気どころでは1,2番人気が中心となっているようです。
1,2番人気で過去10年6勝。人気どころの勝ち星は1,2番人気が稼いでくれています。
こちらもまた、回収値を見てみると、その好走具合がわかるはずです。

ニュージーランドトロフィーは、波乱の余地を秘めていると同時に、
上位人気の信頼度は高いレースと言えるのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データからでは、まず3.0~4.9倍でしょうか。
ここまでの複勝率は驚異的と言っていい数字で、回収値も優秀です。
3.0~4.9倍の辺りの馬は、軸として最適だといえるのではないでしょうか。

中荒れを狙うなら、15.0~19.9倍に重きを置くのもいいかもしれません。
その回収値の高さが示すように、この人気も高い確率で好走していきます。
1着2回、2着2回というのは、人気どころよりも多い数になっています。

俺は、大穴を狙うぜ!という方なら50.0~99.9倍です。
この人気で過去10年2勝というのは、なかなかありません。
単勝回収値も400オーバーなど、破格といっていいデータになっています。

枠順別データ

こちらは、ニュージーランドトロフィーの過去10年「枠順別データ」となります。

これは、内枠有利といっていいのではないでしょうか。
ニュージーランドトロフィーは、中山競馬場で行われる一戦。
中山競馬場といえば、内枠有利が代名詞として有名です。
このレースも、その例外ではないということでしょう。

しかし、注意が必要なのは最内枠(1枠)の扱いです。
ニュージーランドトロフィーは、3歳限定戦でもあるのです。
3歳というのは、まだまだキャリアも浅く、気性的に幼さを残している馬が多いです。
ですので、最内枠で馬群に揉まれてしまうのは良くないのです。

スポンサーリンク

脚質別データ

次に、ニュージーランドトロフィーの過去10年「脚質別データ」となります。

うーん、こちらは判断に難しいところですね…。

先行馬が有利ということは間違いなさそうですが、一概に前が有利というわけではなさそう。
先行馬の好走率の高さは、上の画像を見てもらえば一目瞭然ですが、逃げ馬が芳しくない。
過去10年で1度しか馬券になっていませんし、複勝率は8%しかありません。

先行馬が有利になるときというのは、もれなく逃げ馬も有利なものなのですが…。

このの謎を解き明かすために、今度は「上り3ハロン別データ」を見てみましょう。

上の画像を見た限り、好走が際立つのはそこそこの上りを使った馬ではないでしょうか。

~5位が過去10年4勝というのは、なかなか見られるデータではありません。
回収値でも、断トツの値を残しているというのも、一つのポイントです。

これは、ある程度の先行力とそこそこの上りが要求されるレースだということを示しているのではないでしょうか。

ですから、まったく上りが使えない逃げ馬は微妙な成績で、先行馬が良績を残していたわけですね。

性別別データ

続いて、ニュージーランドトロフィーの過去10年「性別別データ」となります。

過去10年では、牝馬のサンプル数が少なかったものの、
このデータを見る限りでは、牡馬と牝馬に差はないと思います。

牝馬は勝ちこそありませんでしたが、複勝率は同等ぐらい。
複勝回収値に至っては、牝馬の方が優秀ですからね。

牝馬だからといって、割り引く必要はないのかなと思います。

スポンサーリンク

所属別データ

そして、ニュージーランドトロフィーの過去10年「所属別データ」となります。

これは、圧倒的に栗東所属(関西)馬が有利なのではないでしょうか。
過去10年の勝ち数を始めとして、すべての数字において栗東が優勢を示しています。

ニュージーランドトロフィーは、関東で行われるレースですが、
輸送を苦にすることなく、西高東低の影響がここにも出ているのだと思います。

気になるデータ

最後に、過去10年で「気になったデータ」を紹介させてもらいます。

ニュージーランドトロフィーで、気になったのは「レース間隔」についてのデータです。

このレースで気になったのは、間隔を詰めて使ってきた馬の好走が目立つということです。
上の画像を見てもらえばわかりますが、中2,3週の馬の回収値には、目を引くものがあります。
中3週というローテーションで使ってきた馬が、過去10年6勝というのも特筆すべきことが思います。

ニュージーランドトロフィーでは、中2,3週の馬に要注目だと思います。

スポンサーリンク

ニュージーランドトロフィー 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・11番人気以下の好走。大穴なら50.0~99.9倍を辺りを狙うといい
・基本的に内枠有利。ただし1枠には要注意が必要
・ある程度の先行力とそこそこの上りを使える馬
・牡馬と牝馬に差はなく、所属は栗東がいい
・間隔を詰めて使ってきた馬、中2,3週の馬が好走している

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、5点に絞られてきます。

となると、現状で過去データ的に有利となるのは、
50.0~99.9倍のジリ脚タイプの関西馬。中2,3週だとなおよし。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績、先週は両日的中でした!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.