2018年競馬予想記事

【桜花賞2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回は桜花賞過去データ分析となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

3歳女王の決定戦、第一戦となる桜花賞。

3歳女王といえば、オークス馬。
オークスを勝ったものが、3歳女王。

昨年も、桜花賞を勝ったのはレーヌミノルでしたが、
昨年の3歳女王といえば、オークス馬のソウルスターリングですからね。

こんな風潮があるように、何かと軽視されがちな桜花賞。

しかし馬券購入者としては、桜花賞とて軽視することはできません。
春のビッグレース、ここもなんとしても的中させたいところですよね。

というわけで、今回の桜花賞過去データ分析では、

今回の出走メンバーの中で、過去データ的に有利なのはどの馬なのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

それでは、桜花賞過去データ分析に入っていきましょうか。

桜花賞 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・所属。最後には気になるデータを紹介していこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、桜花賞過去10年人気別データとなります。

人気上位三頭は、ほぼ横一線の成績となっています。
これを逆に考えれば、1番人気の信頼度が低いということではないでしょうか。

勝ち数こそ1番人気が最多ですが、複勝率は2番人気に負けています。
さらに、単複回収値が低いということからも、1番人気の信頼度というのが図れます。

これは桜花賞の後には、オークスが控えているということが影響しているのでしょう。
ここをメイチ。オークスもメイチというのは、期間的になかなか難しいですからね。
オークスを見据えている1番人気の馬は、ここでは凡走する可能性が高いのではないでしょうか。

1番人気の信頼度が低いというのは、おそらくこういった背景があるのだと思います。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データからは、4.0~4.9倍でしょう。
延べ4頭の出走がありましたが、そのうち3頭は馬券圏内。
複勝率75%というのは素晴らしい。回収値も堂々の100超えです。

また、1.0~1.4倍に要注目でしょう。
先程はオークス云々といっていましたが、これだけの支持を受ける馬であれば関係ないようです。
メイチなど関係なく、実力だけで他馬をなぎ倒してしまうのでしょう。

ただ、1.5~1.9倍程度では、実力だけでどうにかなるということはないようなので、ここは注意が必要なのかなと思います。

スポンサーリンク

枠順別データ

こちらは、桜花賞過去10年枠順別データとなります。

これは、内枠不利ということで間違いないのではないでしょうか。

まだまだキャリアの浅い3歳馬。それも牝馬となれば揉まれるのがいいという馬は少ないはず。
初のフルゲート18頭立てという馬も多いはずで、内枠で窮屈な競馬を強いられるのは良くないのでしょう。

少々のネタバレにはなりますが、阪神1600メートルというのは差し決着の多い舞台ですし、
スムーズな競馬で末脚にかけることができる、外枠の好走が目立ってくるのだと思います。

脚質別データ

次に、桜花賞過去10年脚質データとなります。

枠順別データでフライングしてしまいましたが、差し追い込み有利でいいと思います。

これには阪神1600メートルという舞台が大きく関係しています。
スタートからコーナーまでの距離が長めで、ゆったりとしたペースになりやすい。
最後の直線も約474メートルと長く、さらにゴール前には急坂が待ち構えています。

究極の末脚比べ、スローからの瞬発力勝負になることが多いコースなのです。

では、この裏付けを取るために「上り3ハロン別データ」を見ていきましょう。

やはり、速い上りを使った馬が好走していますね。

過去10年の勝ち馬は、すべて上り5位以内の馬でした。
単勝回収値も100超えですし、文句なしのデータなのではないでしょうか。

桜花賞とにかく速い上りを使える馬

脚質別データからは、こんな馬が有利になると判断しました。

スポンサーリンク

所属別データ

続いて、桜花賞過去10年所属別データとなります。

桜花賞は、阪神競馬場で行われる一戦。
輸送のことを考えると、栗東所属(関西)馬が有利となるのでしょう。

勝率、連帯率など、すべての数値が関西馬の好走を示しています。

桜花賞は、関西馬を中心視するべきなのではないでしょうか。

気になるデータ

最後に、過去10年気になったデータを紹介させてもらいます。

桜花賞で、気になったのは馬体重についてのデータです。

上の画像を見てもらえばわかるのですが、馬体重が減った馬の好走が目立ちます。
-19~-4キロが単勝回収値100オーバー。単純な増減だけを見ても、減った場合に単勝回収値が100を超えてきます。

これは、人気別データで話したオークスとの兼ね合いに繋がってくるのだと思います。

輸送失敗などを除けば、馬体重が減っているというのは、メイチ度が高い証拠。
ここに向けて、しっかりと仕上げてきたという、一つの指標になるのではないでしょうか。

前走と比べて、馬体重を減らしてきた馬には要注目です。

スポンサーリンク

桜花賞 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1番人気の信頼度が低い。オッズ的には4.0~4.9倍
・内枠不利。1~3枠は割引が必要か
・とにかく速い上りを使える、差し追い込み馬
・輸送のことなどを考えると、栗東所属(関西)馬が有利
・馬体重が減っている馬には要注目。メイチ度が高い証拠

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順、馬体重が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、3点に絞られてきます。

となると、現状で過去データ的に有利となるのは、
4.0~4.9倍で速い上りを使える差し追い込み馬。所属は栗東。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

この度「アギョウの競馬予想ブログ 中央競馬プレミアム」というブログを開設しました。
こちらでは、「土、日のおすすめ予想」「最終レース予想」などを、お届けしております。

最終レースは「馬単23980円、ワイド4420円」などの実績、先週は両日的中でした!

その他にも「次走の狙い目」や「重賞予想の解説」などのコンテンツを公開しております。

ご興味のある方は、こちらからお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.