2018年競馬予想記事

【中山牝馬ステークス2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回は中山牝馬ステークス過去データ分析となります。

今回の出走メンバーを、ざっと見たところ、
中山牝馬ステークス2018混戦なのではないでしょうか。

メンバー的に、抜けた実力の馬はいません。
ただでさえ、能力比較が難しいなと思える面子の上に、
中山牝馬ステークスは、ハンデ戦となります。
ローテーションも様々で、馬の調子もそれぞれでしょう。
今回の中山牝馬ステークスは、実に難解なレースだと見ています。

なので、今回の中山牝馬ステークス過去データ分析では、

そんな混戦ムードの中、過去データ的に有利な馬はどの馬なのか。
本当に混戦模様なのか。過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬をいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、中山牝馬ステークス過去データ分析に入っていきましょうか。

中山牝馬ステークス 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・斥量。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、中山牝馬ステークス過去10年人気別データとなります。

このデータで目につくのは、11番人気以下の好走だと思います。
勝ちこそないものの、過去10年で馬券圏内7回というのは、他のレースと比べて高水準です。
複勝回収値が100を超えているというのが、その証明でしょう。

また、6~10番人気の成績も良い感じになっていますから、
中山牝馬ステークス荒れるレースといっていいのかもしれませんね。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データでは、7.0~19.9倍辺りが良い感じですね。
ここまでの人気で過去10年8勝。単勝回収値も100超えとなっています。

先ほどは、11番人気以下の好走が目立つとありましたが、
軸にするなら、7.0~19.9倍の中穴がいいのではないでしょうか。

枠順別データ

こちらは、中山牝馬ステークス過去10年枠順別データとなります。

うーん、こちらは判断に難しいところですが、
内枠(4枠まで)が有利なのではないでしょうか。

勝率などの戦績には、特筆すべきことは見当たりませんが、
複勝回収値に目を向けると、100オーバーが多く見受けられますからね。

ただ、注意が必要なのは最内枠(1枠)の扱いです。
過去10年で勝ちなし。複勝率も最低値となっています。

中山競馬場といえば、インの有利が代名詞だと思うのですが、
それは騎手も知っていること。内を狙って、外枠各馬が殺到します。
結果、最内枠は窮屈な競馬を強いられ、力を発揮することができないのでしょう。

中山牝馬ステークスは、内枠有利傾向にあるレース。
ただ、最内枠には注意が必要。これはしっかりと覚えておいた方がいいはず。

スポンサーリンク

脚質別データ

次に、中山牝馬ステークス過去10年脚質別データとなります。

こちらも、判断に難しいところですね…。
あまり、極端な脚質的傾向はないと結論づけるべきでしょうか。

逃げ、先行、差し、追い込み。
どれも平均的に来ている感じで、その時のペース次第なのではないでしょうか。

中山牝馬ステークスに、脚質的傾向はなし。

これでは、あまりにもおざなりな分析結果なので、
今度は「上り3ハロン別データ」という観点から見ていきましょう。

これは見る限りでは、速い上りを使った馬の台頭が目立ちますね。
上り5位内の馬たちは、単複回収値がすべて100を超えています。
小回りの中山コースでは、これは高い水準になっていると思います。

ただ、上り1位が過去10年で1勝と、上りだけでは勝ちきれないもの事実です。

ですので、脚質別データからは、
ある程度の先行力と、そこそこの上りが使える馬

これを買うことが、中山牝馬ステークスの的中につながるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

年齢別データ

続いて、中山牝馬ステークス過去10年年齢別データとなります。

5~6歳の好走、4歳の苦戦というのが、このデータの傾向でしょう。

5~6歳については、過去10年で8勝。
複勝率も断トツとなっていますので、文句なしでしょう。

逆に、4歳馬は、過去10年で2勝。
最多出走数の割には、馬券圏内が少なめです。
回収値も、あまり振るいません。

4歳といえば、他のレースでは好走が目立つ傾向にありますから、
これは、有用なデータとなるのではないでしょうか。

年齢別データのほかに「所属別データ」の方も、ここで確認させてください。

所属別データについては、ほぼ互角といっていいデータになっています。
ただ、強いて優劣をつけるとするならば、美浦所属(関東)馬に軍配が挙がります。

若干ではありますが、美浦の方が良い数字になっていますからね。
ですが、そこまでの差はありませんから、あまり気にしなくてもいいと思います。

斥量別データ

最後に、中山牝馬ステークス過去10年斥量別データとなります。

このデータを見る限り、53キロと54キロがよく来ている印象です。
この二つの斥量で、過去10年8勝。単複回収値も安定して100超えになっています。

ただ、今回のレースは53、54キロの馬ばかり。
加えて、ほかの馬も好走の目立つ56キロが、大半です。

ですので、このデータは、あまり使えないのかなと思います。

スポンサーリンク

中山牝馬ステークス 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・11番人気以下の好走。オッズ的には7.0~19.9倍が熱い
・内枠有利。ただ、1枠の扱いには要注意。
・ある程度の先行力と、そこそこの上りが使える馬
・5~6歳の好走、4歳の苦戦。美浦がやや優勢
・53、54キロの台頭。ただ、あまり意味のないデータ

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
7.0~19.9倍の総合力のある5~6歳関東馬。
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

最後に、こちらの方で「次走の狙い目」という記事を公開しました。

こちらの「次走の狙い目」では、走破タイムや着順には表れない、
なんらかの不利があった馬たちをピックアップして、ご紹介させてもらいます。
また、個人的に気になった馬などについても、書かさせてもらおうかなと思います。

ご興味のある方は、こちらからどうぞ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.