2018年競馬予想記事

【弥生賞2018】追い切り診断

更新日:

今回は弥生賞2018追い切り診断となります。

弥生賞2018上位拮抗

ダノンプレミアム、ワグネリアン、オブセッション。
世代最強の呼び声も高い、評判馬たちが揃いぶみ。
クラッシック戦線の、前哨戦なりそうなメンバーとなり、
これは、非常に難解なレースなると思っています。

そんな話しを過去データ分析などでしてきました。

なので、今回の追い切り診断では、

そんな上位拮抗ムードの中、抜けてきそうな好調の馬はどっちの馬なのか。
本当に上位拮抗なのか。追い切りから浮き上がってくる、意外な穴馬をいないのか。

この辺を中心に見ていきたいと思います。

というわけで、弥生賞2018追い切り診断に入っていきましょうか。

弥生賞2018 追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、
追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。

追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。

しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。

説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

弥生賞2018 有力5頭

ダノンプレミアム【
栗東 CW 良 2月28日(水)
85.0-68.2-52.7-38.2-11.6 馬なり
道中をリズムよく運び、直線ではいい伸びを見せていた。
馬なりで、これだけ走れるのだから、素質は間違いなく非凡。
これまでの実績は、嘘偽りないものでしょう。
やや間隔は空いたものの、しっかりと力は出せそう。
ただ、前走と比べてしまうと、ここは余裕残しだと思います。

ワグネリアン【
栗東 坂路 良 2月28日(水)
53.9-39.9-25.9-12.3 馬なり
手綱を抑えて、軽めの追い切りでした。
調教駆けするタイプなのではないので、
これくらいの追い切りでも大丈夫のはず。
動き自体も悪くない感じでしたしね。
ただ、ここがメイチということはなさそうです。

オブセッション【
美浦 南W 良 2月28日(水)
69.2-53.5-39.5-13.0 馬なり
直線で緩やかな伸びを見せて、併せ馬に先着。
あまり、目立った動きではありませんでしたが、
乗り込みが豊富で、仕上がっていると思います。
ここでも、しっかりと力は出せるでしょう。

ジャンダルム【
栗東 CW 良 2月28日(水)
69.7-52.9-38.8-11.5 馬なり
道中はゆったりとしたペースできて、
直線では、いい伸びを見せていた。
動きは、申し分ないものでした。
ここに向けて、しっかりと仕上がっていそうです。
あとは、力関係がどうかというだけのはず。

サンリヴァル【
83.0-66.1-50.6-37.1-11.8 馬なり
併せ馬たちを前方に置く形で追走。
直線に入った段階では、まだ差があったが、
ジリジリと距離を詰めて、最後には並んでいた。
そこまで、目立つ動きではなかったが、
この馬なりに、悪くなかったと思います。
前走と同じくらいの仕上がりなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

弥生賞2018 全頭

アサクサスポット【
美浦 南W 良 2月28日(水)
68.5-53.7-39.5-13.2 馬なり
あまり目立った動きで、悪く言ってしまえば平凡。
この馬なりに悪くない感じなのでしょうが、地味な印象です。
このメンバーでは、素質的にどうでしょうか。
前走からの上積みも、そこまでないように思えます。

トラストケンシン【
美浦 坂路 良 2月28日(水)
50.9-37.1-24.5-12.4 強め
動き自体は悪くないですが、幼さが随所に見られます。
まだまだ発展途上といった感じで、良化の余地がありそう。
ムチへの反応も、微妙なように映りました。

ヘヴィータンク【D】
栗東 CW 良 2月28日(水)
73.0-58.2-44.6-14.1 やや強め
スピード感が皆無。ムチへの反応もなし。
準備万端とは、程遠い仕上がりだと思います。
このメンバーでは、厳しいのは間違いないでしょう。
無事に走り切ってくれることを願うばかりです。

リビーリング【
美浦 南W 良 2月28日(水)
84.5-68.7-53.7-39.8-13.4
直線では、併せ馬と競る形に。
終いに鋭い伸びを見せ、先着していた。
この馬なりに、悪くない状態のはずだが、
前走からの大きな上積みに期待するのはどうか。

スポンサーリンク

弥生賞2018 追い切り診断まとめ

以上が、弥生賞2018追い切り診断でした。

今回の弥生賞上位拮抗だと見ていましたが、
追い切り的にも、上位拮抗ムードが漂ってきている感じがします。

ダノンプレミアムから、サンリヴァルまで。
素質、仕上がりを考慮すると、上位勢にあまり差はないはずで、
この中でなら、どの馬が勝ってもおかしくないはずです。
人気薄は、上位勢とはやや差があるように感じられました。

というわけで、弥生賞2018追い切り診断からは、

最も好仕上がりに見えた馬「推奨馬」とさせていただきます。
また、推奨馬と合わせて「危険な人気馬」というのも紹介しようと思います。
どちらも、人気ブログランキングの方で公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.